※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シガーレビュー(レビュアー:S)

ディプロマティコス No.2
1本2100円。156㎜。喫煙時間60分。

  • トップ
浅めのナッティーなロースト感、浸潤高い土の豊かなアロマ、ナッツの甘さが強く、後味はサッパリしている。
しっかり舌に落ちて広がる珈琲様のコク。
非常にライト&クリーミーで喫味は取っつきやすい。

  • トップ・ボトム
紫煙には、豊満な土の、わずかに酸味の効いた心地良い風合いが漂って香り高い。
喫味の中にも若干の柑橘系統の渋甘みがゆっくりと現れ、舌先には静かに余韻を残していく。
口腔内膜には、軽やかな小ぶりの果実の甘酸っぱさを、ライトに感じられる。

  • プレ・ミドル
灰はしっかりとブレずに屹立して、パッと折れる良質さ。
少しずつ喫味にボディが響いて来て、甘さの中にもヒリヒリとしたスパイシーを感じるようになる。
だが喫味の印象はそれでも穏やかでマイルド。
後味に嫌なものは残らずに、アーシーな苦味、ややウッディネスな木皮の渋味と、果実皮のニュアンスが生きる。
強燃焼すると苦味のアタックをやや強めに感じる。

  • ミドル~ミドル・ボトム。
この辺りから、パルタガスに似たような刺激的なボディに変じる。
土系統よりも樹木系統よりの喫味になり、はっきりとしたブラックな苦味のアピールがあり、ボディが舌にがつんと響く。
強く吸って口で揉むと、木肌を煮出したようなジューシーな旨味もやって来る。
やや刺激を減じて重たさを考慮したパルタガス、といった印象の喫感。

  • プレ・ラスト
(僕からすれば)後味の余韻がすこし優しい(というより弱い)パルタガスです、これは。
この辺りから舌にはずっとスパイシーな痺れが残る。
喫味は濃いロースト感、喉奥に届くような重たくやや太い苦味と渋味(これが何ともパルタガスっぽい)、余韻に若い果実の甘酸っぱさと、湿土のしっとりとしたニュアンス。
この「余韻」がパルタガスならもっと強く濃密に訪れるはず。

  • ラスト
レザー感のある苦味がグッと増す。ボディはフルに近い。
頬にじわりと沁み入る濃い苦味、ビターというより完全にダークで、並~強喫味がお好みの方用の葉巻かな。
香りは喫味に呼応して、強かに大樹の肌を感じるようなアロマを広げている。
やや香ばしいコクも舌に染みる。

  • ラスト・ボトム
ただでさえ濃く深い苦味に増して木皮の渋味が強まる。
どっしりとしたボディが口腔全体に共鳴する。
フルボディ。
ここまで来るともうほぼパルタガスのプロフィールだが、「喫味の余韻にはある程度のレザー様の酸味感がある」点と、「ライトで高い木の香りが続く」点でやや異なっている。
また、ラストからゆっくりコク響く土の旨味は、ロメオのラストに似通っている。

全体を通してみれば、序盤はよくあるキューバンのマイルドさ→中盤からはパルタガス→ラストにかけてそれにロメオの旨味、ちょこっといいとこ取りした印象で面白い。

非常に面白く一本いただけた^_^
残り3.5㎝を残して終了する。