※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シガーレビュー(レビュアー:S)

イロチ・ロバイナ エルモソ
127㎜。お譲り品。喫煙時間55分。

  • トップ
ロースト感の強いコクのある1stドロー。
ややナッティーな甘さはロバイナ系を髣髴とさせるが、それとは違う。
ニュアンスで言えば、もっとずっと濃厚で、ナッツを焦がしたようなコクと甘みを感じる点で、ベガスロバイナのただすっきりたるんと甘い感覚とは大きく異なる。
かなりコクを濃厚に感じ取ることができる点では、今まで経験した葉巻では別格と思う。

  • トップ・ボトム
喫味のニュアンスは決して多層的ではないものの、主体となるローストナッティ&アーシーがしっかりとしていて、全く不足感を感じない。
ただ、濃厚ゆえに今後のミドル~ラストにかけて、ステータスがどのように変遷してゆくのかは注目したいところ。大抵の非ハバノスにおいて、トップでこうして輝くシガーはミドルから雑味を醸し出して来ることが多い、と個人的な経験からは感じるので。
ただ、この辺りまではドミニカンにも感じない、また、ニカラグアチックなややシダーウッド、重たいシナモン、熟れた果実のアロマは感じるものの(濃いコクを満々と感じられるロースト感がある点で)ちょっとそれとも異なる喫味に、面白さを感じ取れる。

  • プレ・ミドル
ニュアンスを並べると、

①ローストナッティな濃厚でライトなコクある苦味
②同じくライトで鮮烈な印象を持つ珈琲豆の酸味と、ほのかな甘さ
③ややシルキーな湿土のしっかりとした滋味
④余韻に実にアロマティックな南国花肉の高い華やかさ

この程度だろうか。
他の葉巻に例えるなら、アヴォ シンクロニカラグアをもう少し濃くして上品にフルーティなアロマを加えたような感じ。
或いは、ハバノスで言えば、サン・クリストバル・デ・ラ・ハバナ ラ・フエルサにロースト感を足したようなもの。
ただ、たゆたう紫煙が孕む花のアロマは時折ロメオをも凌ぐように美しく香る点で、ハバノスにも勝る優秀さがニュアンスの個々にはあるように思える。

  • ミドル
やや木の酸味が強くなって来る。これが雑味に転じないことを祈る。
喫味はニュアンスをややシルキーに変えてゆくものの殆ど劣りはない。
灰は白く、しっかりと置くことができる。
っていうか、まだナッティなロースト感とコクが深く広く続いていることは本当にすごいと思う。
そのニュアンスが強いだけに、樹木様の酸味や遠くに見える滋味と相まってトータルバランスが素晴らしく良い。
(これで価格が1300円くらいなら良いんだけどなぁ笑)

  • ミドル・ボトム
ややウッディ&アーシーな酸味が勝ってくる。
つまり、ニカラグア産シガーでありがちな、「ちょっと酸い」喫味になりかけている、ということだ。
是非挽回をお願いしたいところだけど、トップ〜ミドルまでの喫味ニュアンスはやはり秀逸である。
ここから味わい風合いが崩れても、まぁ文句はない。ちょっと残念味が帯びてきたこの辺りのニュアンスを順にまとめると、

①ウッディ&アーシーな湿度の高い酸味(例えばキンテロや、或いはニカラグアシガー特有の喫味ニュアンスである。ハバノスがどうかは本来この喫味ニュアンスが強くなってくるかどうかで判定できる)
②ナッティの(ロースト感はない)軽薄なほの甘さを湛えたアロマ
③もう一度、次はウッディネス、シダーチップ、樹木の木肌の渋味と酸味のバランス
④若干の沃土の渋味
⑤余韻に、舌の先にほのかに残るエアリーなシナモンウッド、小ぶりな花の花びらのエッセンス

  • プレ・ラスト
完全に(個人的には)ハバノスから遠く・ニカラグアに近い風合いを感覚として受け取る。
このシガーがニカラグア産かどうかはまだ調べていないが、まず下記の点で、ハバノスには感じない+ニカラグアに感じやすい点を列挙してみる。

①ウッディネスななかにエアリーな酸味が入り込み、喫味の先頭を占め始めた点
②トップのニュアンスがミドルで途端に消えて、ニュアンスのスムースな変遷が途切れた点
③口腔に残る喫味の「余韻の主体」が極めてサワーに富み、木筒を咥えて空気を吸うような喫味感覚を感じ取った点
④ミドルで強燃焼すると、旨味ではなくウッディネスな酸味の高まりだけしか感じられない点(ニカラグアシガーはミドルで決して旨味を引き出すことができないため)

以上4点を理由に、僕はこのシガーをニカラグアシガー「らしい」と感じる。

  • ラスト~ラスト・ボトム
この辺りからは一直線である、正しくウッディネス&エアリーなニュアンスの増強が長く続く。
なるほど、トップ~トップ・ボトムまでは見事である。
ただ、このラストにかけて感じられる喫味の変遷はまだまだ改善の余地がありそうなものだ。
或いは、この喫味が努力の限界なのであれば、国内定価は1500円未満に抑えていただきたい。
そうでないと、ハバノスにさえ手が届いてしまうからだ。

ニュアンスの具合をしっかりと感じ取れた、これでこのシガーとニカラグアが全く関係なければ恥ずかしいことこの上ない。
精進します(笑)

残り3.5㎝で終了する。