※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シガーレビュー(レビュアー:S)

RUDIES オリジナルシガー ペティコロナ。
お譲り品。
喫煙時間60分。


  • トップ
浅いウッディ&ローストの香ばしさに、やや樹木土とレザータッチの酸味が口腔へ響く1stドロー。
甘やかなドライプルーン、ミルクチョコレートのような仄かでするっと舌先前を過ぎるようなニュアンスがある。

ニュアンスは感じ取られる順列で、
①浅薄なウッディ&ローストの香ばしさと淡やかなコク
②ウッディネスな高めの酸味(長く口腔に残る)
③滑らかでair感のあるレザーフロー
④僅かに山椒と白胡椒のスパイス
⑤穏やかに香るシナモンのような木のアロマ
⑥葡萄皮、dry−pruneの甘酸っぱさ
⑦やや渋味を伴う樹木皮脂、その僅かな酸味
⑧余韻にややナッティとblizzard−flowerの静かなアロマ
…口径の影響を受けて喫味はやや舌先にぴりっと強めに当たる。
ウッディネスフルを主体として、若干のスパイス感を舌の奥に感じさせながら、淡いleatherやシダー的な渋味、焙煎系の浅い苦味がしっかり口腔に舞う。
甘さのバランスはやや弱めに感じる。

  • トップ・ボトム
ややスパイス感強まる。
白胡椒よりは山椒のようにピリリと喉奥を刺激する辛さ。
また、ウッディな渋味が同系統の甘味やコクを上回ってくるため、喫味に強みが出る。

  • プレ・ミドル
ここで樹木土の華やかなアーシー寄りの風味が幽かに現れてくる。
ずーんと低く軽く響くような森林の土っぽさと、それに伴う酸味のステータスが強まった印象。
甘いシダーの風味も強まってくるので、喫味としてはトップからは存外に別物になる。
ウッディ系統と辛味を伴うスパイス感がゆっくりと抑えられて、代わりに、モンテのNo.3をやや薄めたようなアーシーなニュアンスと、レザー&シダーの仄かで繊細な甘味が喫味を構成しているように思う。

  • ミドル〜ミドル・ボトム
ニュアンスを感じ取られる順列に追うと、
①まず、樹木土の(つまりウッディさは残りながらも若干アーシー寄りに感じられる)低い渋味と空気感を孕む伸びやかな酸味
②ややウッディのコク
③低いアーシーな甘さ
④ここでもう一度長く続く樹幹の濃い酸味
⑤レザー&シダーの高い渋味がすっきりと響く
⑥余韻に落ち葉の馥郁な聞香
…ウッディネス&スパイシーを主体として仄かな甘やかさが醸成されたトップと比較すると、ミドルは、感覚的に樹木土よりの若干の軽やかなアーシーとレザー&シダーでadultyに纏められた喫味になっていると感じる。

喫味自体は渋味苦味がしっかりしている分だけ「重たさ」はあるが、ニュアンスのステータスがそこまで強くない(苦味渋味のニュアンスがこの葉巻の中でやや強めに出ているに過ぎない)ので、同時に「軽さ」「軽装感」を感じられる。
なので、ある程度なミドル以降のビターさを受け入れられる方であれば、問題なく喫味に浸れるブレンドの大人な(お酒と楽しめる、という意味で)性質を持ったシガーだと思う。

  • プレ・ラスト
レザーの重ための苦味、穀物の発酵感あるAstringency(渋味を効かせた苦味)、トップで感じられたウッディネスフルなロースト感。
やや後味に口腔に残る喫味のニュアンス群が乱れる。
ニュアンスが層になって明らかになってゆくというより、「行ったり来たり」する感覚がある。

  • ラスト
ニュアンスを追ってゆくと、
①まずレザー&シダーの香ばしさ
②特にレザーの(仄かにウッドが立つ)渋味と苦味のcontrast
③口腔内膜へ沁み入るがっつりしたウッディなAstringency
④ここでほのかに感じる葡萄皮の甘味
⑤もう一度、レザー調度の重いニュアンス
⑥香り高いタバコ葉のアロマ
⑦樹木土焚火の膨満な渋味と酸味
⑧余韻に、若干のDry−soil(乾燥土)とエスプレッソの風味
…ラストの喫味はAstringencyをベースにしてミドルからの喫味ニュアンスがより強まるものの、やはりボディはmedium程度で真にガツンと来るものではなく、むしろウッディネスな酸味や、Astringencyをベースにしているからこそ際立つ甘味のニュアンスのお陰で、一定の軽さを担保しているブレンドに思う。

  • ラスト・ボトム
かなり深く前のめりになって喫味を嗜んでしまった感があるけれど、およその(少なくともこの手元にある一本の)ブレンド・プロフィールについては堪能できたかな、と思う。


総括すると、喫味はlight−medium〜medium。
簡潔に総じれば「ウッディネスを主体として、レザー&シダーのAstringencyが効いた、酒と合わせるにぴったりな一本」。

具体的に言えば、

①トップではウッディ&ペッパーが効きながらもdryなほの甘さを感じられる。
喫感もまだ軽く、すっきりと酸味も含んだ味わい。
②ミドルではレザー、また若干ではあるがアーシーなニュアンスの顕現と強まりがあるため、トップとの変遷によって「強くなった」印象を受けるが、ビター(というにはやや渋いが)な味わい。
③ウッディが再燃し、Astringencyが喫味の主体となって満々とadultでFermentative(準発酵的な)ニュアンス群がはっきりと感じ取れる味わい。
強く重たいが、あくまで軽さが残るのは酸味やステータスに依るもの。

…という感じで、個人的にはこの一本をミルク珈琲などで渋味苦味をカバーしながら嗜むか、或いは、甘やかなカクテルや清涼感のあるliqueurと合わせたいと思う喫味だった。


満足、残り3㎝で終える。