あり

通称 底辺ボカロPの末裔の弟子
別名 牧野有
企画作品 あり☆
出演作品 一発やらせろ☆(博麗霊夢、霧雨魔理沙)
参加作品 花祭☆(PV制作)

概要

2015年1月頃~活動するMAD作者 user/61454
あり☆(2017年9月24日)と(2018年7月22日)の企画者。
一発やらせろ☆(2019年1月21日)では声優もしている。

元々はクッキー☆キャラソン動画の投稿者として知られていた(2015年頃)。
当時キャラソン動画で高い評価を得ていたかずちと仲良くなり、かずちの弟子と言われれるようになる。この際ついた二つ名が「底辺ボカロPの末裔の弟子」である。
当時ASTK姉貴に陶酔していたのだが、当の本人からはクッキー☆のことを良く思われておらず、あり兄貴の活動を受けて活動も控えるようになってしまった。
それを受けてあり兄貴の方もキャラソン動画の投稿は控えるようになってしまった。

2016年のHSIブームの火付け役としても知られる。
2015年12月頃、当時ニコニコMAD界隈において全くの空気キャラであったHSI姉貴で、BB素材動画を作り、シリーズもの(マジカス☆)の主役にし、キャラソン動画を作るなどして動画数を増やしつつ、それらの動画を含んだ月間HSI姉貴ランキングを作っていた。
ドマイナーな空気キャラなので全体の動画数は少なくランキング内がほとんどあり兄貴本人の動画で占められているのに、一位は別の誰かに取られるという珍事を2016年1月号・2月号でやってのける。
そこから「HSI動画を作ってあり兄貴の一位を阻止しよう」という流れが起こり、それまで7本(1月)6本(2月)だった動画数は3月には54本の動画が上がりブームを巻き起こした(第一次HSIブーム)。
4月には失速するも自己矛盾の投稿した「メタル化HSIGB+使用例」(2016年5月21日)と大量の音声素材・パーツわけ素材や輪夢の投稿した「チマタデウワサノ」(2016年8月20日)ようこそが投稿した「この辺にぃ、ランキング1位取れないブームの火付け役、いるらしいっすよ」(2016年8月30日)、かねてよりネスラグが投稿していたジャンゴ☆シリーズ(2016年1月3日~2017年1月4日)などのあと押しもあって9月ごろには本格的なブームになっていた(第二次HSIブーム)。
10月のクッキー☆ランキング」では20個中17個がHSI動画という内容で「10月の月間HSI姉貴ランキング」とほぼ変わらないラインナップとなり、後に「HSI抜きのクッキー☆ランキング」が作られた。
それくらい、元々空気キャラだったとは思えないほどその当時のクッキー☆を象徴するキャラクターと化していた。空前の○○ブームも参照

「HSIブーム」だけではなく「マイナーキャラを流行らせるブーム」を作った者ともいえる。
2016年12月号であり兄貴の月間HSIランキングは終了するが「BB素材動画の乱造とランキング動画」というゴリ押しから本物のブームを作ったことで、他の投稿者も推しのキャラクターでランキング動画を作り始めた(2016年夏ごろ~)。
その全てが流行ったわけではないが、NYN姉貴JOKER姉貴SZ姉貴はランキング動画以降に流行が来ている。

ニコニコでの扱い

HSIブームの火付け役なのにHSIランキングで一位をとれないことからすべり芸人のような扱いを受けている。彼の動画にはよく罵倒コメントが流れていた。HSIブームが収束した後(2017年以降)はそこまででもない。

本スレでの扱い

実況での扱い


主な持ちネタ

いらすとや
あり兄貴がよくMAD内で使うフリーイラスト素材。よくあり兄貴を表すために使われるありのイラストもこのいらすとや内にある蟻のイラストである。
古明地こいしアバター
あり兄貴を表すために使われる二つ目のアバター。
Twitterやニコニコのユーザーサムネでこいしのイラストを使っていたため蟻のイラスト以外でもアバターとして認知されている。
SUSHI兄貴制作の「【しくぢり先輩~俺みたいに汚くなるな!!!!】:FINAL」(2018年8月13日)において帽子に蟻の顔を付けたこいしとして描写されており、本人も気に入ってかここに出ていたこいしをサムネにしていたため蟻付きのこいしとしても描かれることがある。
添付ファイル