☆の記憶

概要

正式名称は「星の記憶」(2007年12月29日)。
略称は「☆の記憶」の他に「ホッシー☆」とも呼ばれる。
2007年冬のコミックマーケット73(2007年12月29日~31日)にてSOUND HOLICが販売した東方二次創作アニメーション。
総再生時間50分に及ぶアニメーション作品であり、当時としては珍しく、声もプロの声優が多く起用されている。
その為、発表時は大手サークルの作品であることも手伝って大きな反響を呼んだが、いざ視聴すると、安定しない作画、雑なシナリオ、テンポの悪いストーリー展開など悪い部分が目立ち、評価は散々であった。
特に翌年頒布された夢想夏郷☆と比較されることが多い。
この作品を期に、それまで人気のあった東方の月に関する二次創作は、その後登場した東方儚月抄の影響もあり、鳴りを潜めてしまう程であった。
現在はSOUND HOLICからもほとんど黒歴史同然の扱いを受けている。
そうした手間や期待度に対する質の悪さ、評判、長さ、影響力から、クッキー☆の祖先のような作品とも言えるだろう。
そういった問題作であったためか、上記の動画が投稿された辺りから、次第にクッキー☆でも話題にされるようになっていった。
しかしそのあまりに酷い出来から、ホモからもドン引きされており、実況ですら話題にすることは多くない。

後に秘封活動記録という似たような題材の作品が制作され、高い評価を得ており、尚更この動画の質の悪さを際立たせてしまっている。
+登場キャラクター
+大まかなストーリー

ニコニコでの扱い

そのあんまりな内容にドン引きされ、話題にすることは少なくMADにもならない。
2017年8月~2018年2月にかけてBB素材や音声切抜き素材が投稿されたがそれきりである。

しかし2018年10月15日に合作の告知動画が投稿され、2018年12月31日に合作本編が投稿される。


参加者のラインナップを見る限りCTV☆(2018年9月23日~)に張り付いている者が多く、また、作品の内容もマイナークッキー☆本編のネタ(レ☆まじなな☆)が垣間見れる。
CTV☆の影響がニコニコに侵食している事例としてみることができる。

本スレでの扱い

実況での扱い

実況対象ではあるが実況頻度は多くなく人気も低い。

CTV☆での扱い

作品自体の人気があるわけではないが。登場人物の1人、ルナ・マリウスは人気が高い。マリウスのエモートや音声エモートは度々使われている。