クッキー☆☆一期

概要

正式名称は『【東方project】クリスマス企画!【ボイスドラマ】』。2011年12月23日投稿。
魔理沙を演じたMZ姉貴UDK姉貴を思わせるということで本スレに紹介されて風評被害にあった作品。旧クリとも呼ばれる。クッキー☆を継ぐものということでクッキー☆☆と呼ばれる。
しかし、二期のブレイクを受けて二期の方がクッキー☆☆と呼ばれることが多くなり名称が安定しなくなってしまった。
その後三期が投稿されたときTIS姉貴がクッキー☆☆三期というタグをロックしたことでTIS姉貴の作品の総称をクッキー☆☆とし、それぞれ一期、二期、三期と呼ぶことが定着した。
作品は音声のみで構成された所謂ボイスドラマの形式をとり、声優は企画者であるTIS姉貴とMZ姉貴に加え、こえ部で召集した素人声優で作られる。作品はこえ部とニコニコ動画に同時公開された。
ちなみにこえ部に投稿したのはTIS姉貴でニコニコ動画に投稿したのはMZ姉貴である。
本スレの風評被害を受けて早急に自主削除するもすぐに代理公開されてしまう。始めはあまりの質の低さにドン引きされたが、ニコニコ生放送でのMZ姉貴の対応や、
TIS姉貴、BNKRG姉貴とのやり取りの面白さから、かなりの盛り上がりを見せ、以降クッキー☆☆二期クッキー☆☆三期へと話題が続いていくこととなった。
当初本スレ以外の話題性には乏しかったが、クッキー☆☆二期が評価されると、こちらの方にも注目が集まるようになっていき、投稿から2年後にルナルナ兄貴のMMD版の製作発表をきっかけに再評価され、一気に出番を増やした。
+ 登場キャラクター
+ 大まかなストーリー

ニコニコでの扱い

長い間あまり話題にされていなかったが、MMD版が登場すると一気に話題作となった。MZ姉貴やBNKRG姉貴を中心に様々なキャラがMADに登場するようになる。
MZ姉貴はそれまでMIRNが主体だったが、これ以降UDKの役が使われることが多い多くなった。

本スレでの扱い

発見以降初代クッキー☆をも上回る勢いで人気を集めており、特にMZ姉貴、TIS姉貴、BNKRG姉貴はその後の話題の中心となっている。
逆にそれ以外のクッキー☆☆一期声優はそこまで話題には上がっていない。

実況での扱い

実況しやすく評判も悪くないが、今では実況する頻度は非常に低い。実況の箸休めとして実況されることが多い。