なでこ

知らなーい
通称 NDK姉貴
RMA姉貴
核我那覇くん(空役時)
UTH(空役時)
RMA(ルーミア役時)
MUR妹(ルーミア役時)
池沼妹(ルーミア役時)
ロボルーミア(ルーミア役時)
なでにゃん
出演作品 クッキー☆(霊烏路空、ルーミア)
使用MMDモデル アールビットK式空
青ポット式空

概要

クッキー☆でルーミアと霊烏路空を演じた声優。どちらもNDK姉貴の演じたキャラで有名だが、この記事ではよりNDK姉貴を象徴することが多い空を中心に扱っていく。ルーミアについてはRMAの記事参照。

HZNに召集されてクッキー☆に声優及び絵師として参加した。元々は絵師としてだけ参加する予定だったが、当日までRU姉貴が音信不通だったため急遽NDK姉貴が霊夢役の代理を託された。が、当日にRU姉貴が姿を見せたため、当時まだ担当声優が曖昧だった霊烏路空とルーミアを任された。
UDK姉貴、RU姉貴の棒読みにも勝るとも劣らないかなりの棒読みで、絵もクッキー☆で特に下手だと指摘されている。
しかし、本人はそれも気にしておらず、逆に笑い飛ばしてしまうほどのスッキリした性格の持ち主。ホモからの風評被害に対しても好意的に接していた。

中学時代はグレていたようだが、高校生の頃には更正しておりRU姉貴とUDK姉貴からもいい人と評されている。ただし自他ともに認めるほど頭は悪い模様。活動時はチルノのアイコンを使い、演じたキャラがいずれもお馬鹿キャラである辺り、そこでも意識していたのかもしれない。

2016年9月に復活、復活の経歴や当時の裏話をブログに綴ったほか、キャスや読んでほしい台詞のリクエストなどを行った。


+クッキー☆での活躍
最初に登場するキャラであり、その後も度々登場していたが実際に台詞のある活躍をしたのは物語の終盤。
クッキーを渡そうと飛んでいた魔理沙に激突してしまい、クッキーを割ってしまう。


ニコニコでの扱い

昔からMADではチョイ役として安定した人気があった。近年はメインの話も作られており、人気は意外と根強い。
その風貌と台詞の少なさからマスコットのような扱いを受けることが多い。
淫夢の平野店長と一緒にいる姿がよく見られる。

本スレでの扱い

その棒読みからロボルーミアと呼ばれバカにされてたが、そんなことも気にしない態度で人気が上がった。
HZNを出会い厨と呼び、ブロックした旨のツイートから急速に人気が高まり、早くから本スレと友好的に接する、当時の重要人物の1人であった。
しかし、騒動が収まると暇をもて余した本スレが今度はNDK姉貴を叩くようになってしまう。昔グレていたことを指摘され人間の屑だと攻撃されたことで失踪してしまう。
本スレ民の間でもこの出来事は理不尽だとする者も多く、これ以降本スレは変わってしまったと評する人もいる。
失踪以降は再び女神と呼ばれることすらあるぐらい評価は上がったが、今のところ音沙汰はない。

実況での扱い

キャラソンも他の出演作もないにも関わらず、話題に上がることは少なくない。
特に壁に穴を開けた画像が人気。

静画での扱い

普通の絵も描かれる一方で、NDK姉貴を主人公とした『ゲッターNDK』という漫画が連載されており、人気が高い。

主な持ちネタ

知らなーい(ヘッタクソな絵)
劇中での台詞から。そのシーンはNDK姉貴自身の絵でもあり()内はそこから。
このシーンではコメントされる他、よく何か聞かれてはこう答えるというのがお約束になっている。
核我那覇くん
霊烏路空がアイマスのキャラ我那覇響に似ているためこう呼ばれるようになった。
我那覇響はかつてGNHくんという呼称で淫夢側から特別視されていたキャラで、それにちなんだもの。
なでこ宇宙へ
いつの間にか使われるようになった謎の単語。「(名前)(場所)へ」という形で様々な改変がなされている。
元ネタは『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!マサルさん』に出てきた魔球「スーパーバイオレンスマグナムボール3号〜とし子、宇宙へ!〜 」から。
か゛わ゛い゛い゛な゛ぁ゛な゛で゛こ゛ち゛ゃ゛ん
淫夢のキャラ、キモオタ平野の台詞「か゛わ゛い゛い゛な゛ぁ゛た゛い゛ち゛く゛ん゛」の改変。
ナゼかごり押しされ今ではNDK姉貴が登場する度にコメントされるほどの定番ネタに。
ゴミ袋、靴下、包帯etc
NDK姉貴の絵のUTHの右足にまとわりついている白い物体。
霊烏路空の「融合の足」を表したものであるが、そう捉えられることは無い。
壁穴
グレていた中学生時代に、キックで貫通させたNDK姉貴の家の壁、およびその穴を写した画像。

添付ファイル