クッソー☆☆☆

概要

正式名称は「霊夢と魔理沙のチョコレート★ハート」(2015年8月15日)。
阿刀田阿子クッソー☆☆に続いて発表した作品であるため「クッソー☆☆☆」と呼ばれる。作者からの呼称は「チョコ★」。
タイトルから「チョコ☆」、「チョコレート☆」または「チョコレート★」などとも呼ばれるが、タイトル由来の名称はよくブレるので、本編で"チョコ"と言えば大体この作品を指していると思って差し支えない。
また、クッソー☆とは別の派生と考える人もいるため「旧3期」とも呼ばれている。

今作はかなり前から制作を発表しており、声優だけでなく絵師も募集していた。その為この作品だけ多くの絵柄が見られる。その為投稿前から注目を集めていた。
多くのイラストが活用されており、完全に紙芝居動画となっているが、カス☆同様ボイスドラマと銘打っている。
タイトルからもわかる通りクッキー☆を非常に意識した作品となっており、多くのオマージュが見られる。バレンタインだったり、夜空から開始していたりと、基本的にクッキー☆のネタを逆にして取り込んでいる。
逆のネタを取り入れるというコンセプトの都合か、最終的にバッドエンドになるというクッキー☆全体で見ても珍しいストーリーで話題となった。

またこの作品に登場したRRM姉貴NYN姉貴は後に人気キャラとして評価されていき、クッソー☆シリーズの代表的なキャラとなった。
これによってそれまで独自の人気キャラがいなかったため、売失作品やカス☆に比べいまいち出番に恵まれなかったクッソー☆シリーズが一気に出番を増やしていくこととなった。

そのクッキー☆を強く意識した脚本と人気の勢いから、反感を持つ人も多く「養殖クッキー☆」の代表格として挙げられてしまう事も度々見られる。

阿刀田阿子のTwitterによれば、企画にあたって「劇団エレファントイービル」という団体を立ち上げ、様々の事情に詳しい人を招いて制作したとのこと。
イラストで参加した人の中には普段からクッキー☆ネタを描いてきた人もいるが、絵師と劇団エレファントイービルにつながりはないらしい。
「劇団エレファントイービル」という名前は蓮奈理緒のマイリスト「エンファント・イーブル」をもじったものである。(情報源:12)

この作品から募集の段階でクッキー☆絡みのリスクの説明を明記しているが、出演者のほとんどはクッキー☆が何なのか理解してない者ばかりで唯一理解しているRRM姉貴は注意事項を読まずに飛ばして出演している。
+登場キャラクター
+関係者
クレジットで名前の上がった順に紹介
+大まかなストーリー

ニコニコでの扱い

RRM姉貴や超早口おばさんといった強烈なインパクトを誇るキャラから投稿されて間も無くMADに登場するようになった。後期はNYN姉貴が飛躍し、一時期はニコニコでの中心的な存在を担っていた。
それによってその他のクッソーシリーズの評価も上がっていくこととなった。
それまでのクッソー☆の汎用性を大きく向上させた作品と言える。

本スレでの扱い

RRM姉貴やAKIRA姉貴といった声優が注目され、ツイッターなどで交流するようになっていった。
これによってその後のクソクリが人気になっていく礎を築いたと言える。

実況での扱い