るりま


こんなもの!
通称 RRM姉貴
るりまさん
るりま女史
るーたん
出演作品 クッソー☆☆☆(博麗霊夢)
クッソー☆FINAL(博麗霊夢)
クッソー☆QVC(るりま)
缶蹴り☆(八雲藍、橙)
かぼちゃ☆(博麗霊夢)
アマガミ☆(博麗霊夢)
キャベツ☆(雲居一輪)
告白☆(博麗霊夢)
ひな祭り☆(射命丸文)
使用MMDモデル 円条式霊夢

概要

クッソー☆☆☆クッソー☆FINALで霊夢を演じた声優。
クッソー☆QVCではるりまを演じており声優そのものがキャラとして扱われてしまっている。

クッソー☆シリーズを代表的する人気キャラであり、彼女の登場がクッソー☆シリーズの扱いを決定付ける大きな機転となった。
クッソー☆☆☆に登場した当初はそのなんとも言えない独特のイントネーションから注目を集め、さらに最後の嘆く演技は突然迫真になるというギャップで大きな印象を残した。
このイントネーションは本人曰く各地方に引っ越しを繰り返していたため、それぞれの方言が混ざりできたものということだ。
その為自分でも何がどこの地方の訛りなのか把握できていないらしい。
それだけでもネタにされ出していたが、その後さらにサークルポロンの隠語ロイドに声優として参加していたことが発覚すると、そのシュールな隠語の連発がウケて大きな話題となった。
特にその隠語ロイドで示唆された童貞ちんぽこ先生はその語呂の良さもあって新たなクッキー☆キャラとして受け入れられるぐらい話題となった。
それ以降RRM姉貴と言えば隠語と言うぐらいのネタとなり出番も爆発的に増やしていった。
その後クッソー☆FINAL、クッソー☆QVCにも出演していったことで人気はさらに拍車がかかり、クッソー☆シリーズの人気も上げていくこととなった。

クッソー☆☆☆以降、阿刀田阿子を様々な人物が企画したボイスドラマに何度か出演していった。
しかし、さすがに自分がネタキャラ扱いされるのに耐えかねたのか、2017年2月9日、Twitterで以下のような条件を自分が所属するサークルに課したという旨の声明を公表する。
  • 18禁の台詞の禁止
  • 「こんなもの」、「にんじんしりしり」などの台詞の禁止
  • クッキー☆に関係する台詞の禁止
他にも自分を姉貴などと呼ぶことをやめるようにという旨の発言もしている。おそらくTwitterなどで馴れ馴れしく接してくる人物に向けたものだろう。
るりまの期待も虚しく、これらの声明 (「おことば」と呼ばれることがある) もネタにされ、RRM姉貴を意図的に「るりまさん」、「るりま女史」と呼ぶようになった。
+ クッソー☆☆☆での活躍

+ クッソー☆FINALでの活躍

+ クッソー☆QVCでの活躍

ニコニコでの扱い

クッソー☆シリーズを代表的するキャラで非常に出番が多い。彼女の登場はKNN姉貴の登場に匹敵するとされると言われることすらある。
登場する場合は隠語ロイドの影響で常に隠語ばかりを喋っている事が多い。そしてよく突然キレだして泣き出すのがお約束となっている。
またクッソー☆☆☆でしていたエプロンを付けている姿がよく見られる。
その他従軍RRMシリーズと称してALCのように重火器を使う姿が見られる。

本スレでの扱い

Twitterが監視対象となっている。
毎日簡単な挨拶しか呟いていないシュールな状態で話題となった。

実況での扱い


主な持ちネタ

こんなもの・・・!
クッソー☆☆☆での台詞。妙に訛った口調から突如一転しての涙ながらの迫真の演技が話題になった。クッソー☆QVCでも同じような台詞がある。
にんじんしりしり
クッソー☆QVCにてサラダおろしで作ることができる料理として紹介したもの。元ネタはQVC福島。
おことば
所属しているサークルにクッキー☆を連想させるような台詞を言わせないなどの条件を求めたことをTwitterで表明した際の発言のこと。本スレやニコニコ動画などでネタにされる。
お覚悟を。
「おことば」の中の発言の一つ。特徴的な言い回しだが刀剣乱舞のキャラである 一期一振 の代表的なセリフに「お覚悟!」というものがあるため、そこからきた言葉と思われる。
もうサービス期間は終了しても良いでしょう?
「おことば」の中の発言の一つ。

添付ファイル