るりま


こんなもの!
別名 rurima nursery
観月咲良
通称 RRM姉貴
中原麻衣
るりまさん
るりま女史
るーたん
MTK姉貴
企画作品 つれないわねありす
指輪☆
出演作品 つれないわねありす(博麗霊夢、霧雨魔理沙)
クッソー☆☆☆(博麗霊夢)
クソクリ(博麗霊夢)
クッソー☆QVC(るりま)
サークルポロン(るりま)
夢の東方タッグ編(チルノ、魂魄妖夢、射命丸文、因幡てゐ、霊烏路空)
缶蹴り☆(八雲藍、橙)
るりま地蔵(天の声)
かぼちゃ☆(博麗霊夢)
ゴボウ☆☆(博麗霊夢)
ばせばらら(りん)
アマガミ☆(博麗霊夢)
キャベツ☆(雲居一輪)
yosimiduka作品
告白☆(博麗霊夢)
ひな祭り☆(射命丸文)
表裏頭脳(山貝瞳)
ステルスおまんこ(ミエーヌ)
先に電話を切ってはいけない(戒め)(アルバイトの女)
指輪☆(アウローラ、語り)
使用MMDモデル 円条式霊夢
怒首領パッチ式RRM姉貴

概要

クッソー☆☆☆(2015年8月15日)、クソクリ(2015年12月10日)で霊夢を演じた声優。
クッソー☆QVC(2016年1月30日)ではるりまを演じており声優そのものがキャラとして扱われてしまっている。

クッソー☆シリーズを代表的する人気キャラであり、彼女の登場がクッソー☆シリーズの扱いを決定付ける大きな機転となった。
クッソー☆☆☆(2015年8月15日)に登場した当初はそのなんとも言えない独特のイントネーションから注目を集め、さらに最後の嘆く演技は突然迫真になるというギャップで大きな印象を残した。
このイントネーションは本人曰く各地方に引っ越しを繰り返していたため、それぞれの方言が混ざりできたものということだ。
その為自分でも何がどこの地方の訛りなのか把握できていないらしい。
それだけでもネタにされ出していたが、その後さらにサークルポロンの隠語ロイドに声優として参加していたことが発覚(2015年秋頃)すると、そのシュールな隠語の連発がウケて大きな話題となった。
特に発掘された「淫語だけだよ♪」で示唆された童貞ちんぽこ先生はその語呂の良さもあって新たなクッキー☆キャラとして受け入れられるぐらい話題となった。
それ以降RRM姉貴と言えば隠語と言うぐらいのネタとなり出番も爆発的に増やしていった。
その後クソクリ(2015年12月10日)、クッソー☆QVC(2016年1月30日)にも出演していったことで人気はさらに拍車がかかり、クッソー☆シリーズの人気も上げていくこととなった。
この時のRRM姉貴の勢いは凄まじく、UDK姉貴KNN姉貴の再来とも評された。

クッソー☆☆☆以降、様々な人物が企画したボイスドラマに何度も出演していった。
しかし、さすがに自分がネタキャラ扱いされるのに耐えかねたのか、2017年2月9日、Twitterで以下のような条件を自分が所属するサークルに課したという旨の声明を公表する。
  • 18禁の台詞の禁止
  • 「こんなもの」、「にんじんしりしり」などの台詞の禁止
  • クッキー☆に関係する台詞の禁止
他にも自分を姉貴などと呼ぶことをやめるようにという旨の発言もしている。おそらくTwitterなどで馴れ馴れしく接してくる人物に向けたものだろう。
るりまの期待も虚しく、これらの声明 (「おことば」と呼ばれることがある) もネタにされ、RRM姉貴を意図的に「るりまさん」、「るりま女史」と呼ぶようになった。また、RRM姉貴がMADに登場するたびに「お覚悟を。」とコメントされるようになった。
現在も同人声優としては精力的に活動しているが、2018年にはクッキー☆とは別件の理由で今後の東方ボイドラに参加するつもりがないと発言。
また阿刀田阿子とは関係を絶った、クッキー☆から受けた風評被害を警察に訴えた(2018年1月11日)など危うい発言を短期間に繰り返し、クッキー☆界隈との断絶は決定的になっている。
2018年7月29日にTwitterのアカウントを自主削除し消息を絶った。
この当時(2018年6月頃~2018年9月頃)はクッキー☆関連の声優や投稿者、目立った者が理不尽に凍結されるDMCA虚偽通告の騒ぎが起こっていた時期でありその煽りを食らったものと思われる。
しかし2018年8月23日に観月咲良という別名義で声活動をしていたことが発覚し晒し上げにあう。このアカウントはすぐに鍵アカウントになり、旧アカウントを告知用として復活させた。
2019年1月3日にはニコニコ動画に投稿した動画をすべて削除した。幸いクッキー☆民に需要がありそうな動画は事前に退避したものがいるが、魔導物語やポケモンの声あてなどの音源は失われてしまった。
現在は活動の場をユーチューブとツイッターに移し、同人声優を起用して漫画をもとにした声劇を量産している。

クッキー☆界隈入り以前の活動歴としては、2001年から二次創作小説を執筆しており、2006年12月ごろに魔導物語系サークルが作った同人ゲームで声の初舞台を踏む。
2008年1月にニコニコ動画に上陸してからは、「歌ってみた」を上げる傍ら東方Project本編のセリフを1人で演じる動画を投稿し続けていた。
特筆すべき活動として、他人の漫画をもとに「つれないわねありす」という声劇を制作し、ボイドラ企画者としての経歴を持っていることがあげられる。
また栗宮のえると仲が良く、2013年にのえるが風評被害を受け、ぼやいていた相手として話題になった。
その際自身の出演作である缶蹴り☆にて同様の風評被害を受けていたことをのえるに打ち明けていた。
2014年にはいしころ☆、次いでバレンタイン☆に応募。当時は古風なしゃべり方からお嬢様姉貴などと呼ばれていた。

SPA姉貴は妹。
+クッソー☆☆☆での活躍
密かに恋心を寄せていたSZ姉貴に手作りのチョコレートをプレゼントしようとするが、ICG姉貴との仲睦まじい様を見せつけられ、発作的にチョコレートをテーブル(卓袱台?)に叩きつけて涙にくれる。

+クソクリでの活躍
もう一人の霊夢として登場。寝言でクッソー☆☆☆に出演したことを嘆く。

+クッソー☆QVCでの活躍
サラダおろしの使い方を実演し、「るりまでオナろう」とセットで販売しようとするが、突如豹変しサラダおろしを叩き壊す。

+サークルポロンでの活躍

ニコニコでの扱い

クッソー☆シリーズを代表するキャラ。彼女の登場はKNN姉貴の登場に匹敵するとされると言われることすらある。
登場する場合は隠語ロイドの影響で常に隠語ばかりを喋っている事が多い。そしてよく突然キレだして泣き出すのがお約束となっている。そこから原作での失恋した描写もあって、ヤンデレや猟奇的な描写に繋がることも多い。
またクッソー☆☆☆でしていたエプロンを付けている姿がよく見られる。
初期には従軍RRMシリーズの影響でALCのように重火器を使う姿も見られたが、その後サラダ下しや包丁や刀といった武器が主流となっていきあまり見られなくなってしまった。
単体でも十分下品な存在であることから彼女だけで一転攻勢要因として活用されることも多い。
2017年ごろからはクッソー☆☆☆の主役をNYN姉貴に譲り、クッソー☆版RIM一家こと糞RIM一家の長女として扱われている。

本スレでの扱い

Twitterが監視対象となっている。
毎日簡単な挨拶しか呟いていないシュールな状態で話題となった。

実況での扱い


主な持ちネタ

こんなもの!
クッソー☆☆☆での台詞。妙に訛った口調から突如一転しての涙ながらの迫真の演技が話題になった。クッソー☆QVCでも同じような台詞がある。
ンヒィ!(残留思念)
こんなもの!のシーンの際のパリーンという効果音。破壊音としてよく使われるがRRM姉貴の叫び声が少し入ってしまっている為このようにコメントされる。
チョコニココア
クッソー☆☆☆での台詞。
チョコにココアを…という何気ない台詞の一部だが、前述の通りRRM姉貴はアクセントがおかしく、この部分がかなり特異に響いている。
中原麻衣
その迫真の慟哭演技が、ひぐらしのなく頃にの竜宮レナ、および担当声優の中原麻衣を彷彿とさせたことから。
るりまでオナろう
サークルポロンから発売されたRRM姉貴の「淫語おしゃべりソフト」。現在は発売停止になっている。
広義ではるりまの「淫語だけだよ♪」2種とまとめて、サークルポロンのRRM姉貴の作品の総称として使われる。
RRM姉貴の地位を主役級にまで押し上げた最大の立役者であり、サークルポロン自体もクッキー☆として取り込まれるきっかけとなった。
また「淫語だけだよ♪童貞先生」の一部分は怪文書としてネタになり、クッキー☆声優に読ませたり、朗読動画をアップロードしたりといった形で使われる。
にんじんしりしり
クッソー☆QVCにてサラダおろしで作ることができる料理として紹介したもの。元ネタはQVC福島。
QVC関連のネタはとにかく大量の赤字コメントで埋め尽くされるのが鉄板ネタであり、このネタも例外でない。
童貞ちんぽこ先生
サークルポロンでの台詞。その下品かつ快活な響きが受け、よく引用されるようになる。
へし切長谷部
刀剣乱舞の登場刀剣。RRM姉貴が好きなキャラということで、童貞ちんぽこ先生と同一視されたり眷属扱いされたりする。
へし切長谷部からの連想なのか、得物として描かれる。下記の「お覚悟を」との複合でシグルイ風の女武者絵も定着した。
ジョイマン
サークルポロンでの台詞「1人でオナニーかわいそう、ちんぽこかわいそう」がお笑いコンビのジョイマンのネタを彷彿とさせたことから、該当台詞にこうコメントされる。
おまんこ中出しOKだし
サークルポロンでの台詞。
「~し」と韻を踏ませるように、会話時に用いられる。
Technicolor
Madeonによる楽曲。1900が投稿した上記動画よりニコニコ動画の転載が出張被害、また楽曲そのものが風評被害に遭う。
おことば
お気持ち表明とも。所属しているサークルにクッキー☆を連想させるような台詞を言わせないなどの条件を求めたことをTwitterで表明した際の発言のこと。RRM姉貴への同情以前にその突っ込みどころ満載の内容が話題を呼び、本スレやニコニコ動画などでネタにされる。
お覚悟を。
「おことば」の中の発言の一つ。特徴的な言い回しだが刀剣乱舞のキャラである一期一振の代表的なセリフに「お覚悟!」というものがあるため、そこからきた言葉と思われる。
以降「覚悟」という単語自体がRRM姉貴を象徴する言葉となった。
覚 悟 浣 腸
ニコニコ静画で上記の「お覚悟を。」とコメントを打つとその返答として返ってくる漫画「覚悟のススメ」の名言を改変した怪文書。
全文は「その言バーッ!! 変態土方と判断する!! 県北に酒とつまみの用意あり!! 覚 悟 浣 腸」
もうサービス期間は終了しても良いでしょう?
「おことば」の中の発言の一つ。フリーザが言いそうな台詞としてネタにされる。
るりだら
RRM姉貴の個人ラジオ「るりまのだらだらおしゃべり」、またその作品群。
看護師
本人の本業。
eden.
人気のキャラソン。本人の投稿動画で「オリジナル曲」と呼んでいるために自作曲と勘違いされがちだが、これは非商業という程度の意味合いだと思われる。実際には木下たまき氏の曲である。
尤もRRM姉貴歌唱の音源が木下氏の公認で無料ゲームのエンディングになったこともあり、単なる歌ってみたではない。
2500円
カードゲーム企画の出演料に由来する蔑称。
魔女集会で会いましょう
2018年2月にツイッターで流行った、ショタを育てる魔女のオリキャラ絵の見せ合い。
RRM姉貴が、気に入った絵に勝手に声を当てて作者に送り付けるという、風評被害の発生源の自覚がない行動をとったことで、話題になった。
この行為は「声当てテロ」とも呼ばれた。幸いRRM姉貴の声素材は飽和状態でその全てがいちいちMADに使われることはなかったためこの音声も特にMADになるようなことはなかった。
るりまスレ
YouTube板のク☆声優スレの1つ。怪文書の大喜利よりも実在する本人の動きや過去に主眼が置かれており、固有の登場人物が豊富。住人をちんぽこ民という。
+るりまスレのネタ
サドル
自転車のサドルで股間を強打し大出血したという体験談から、RRM姉貴の初めてを奪った存在とされる。
野生に返した国仲涼子
RRM姉貴の容姿のたとえ。RRM姉貴行きつけのドトールに張り込んだちんぽこ民からのはなはだ疑わしい報告が発祥。
デッドボールP
ボーカロイドを使ったP(作曲家)。RRM姉貴が2008年に彼の曲をよく歌っており、本人とも動画のコメントをチャット代わりにして交流していた。デッドボールPは自作曲の歌ってみたを巡回することで当時知られており、RRM姉貴をさほど特別視していたわけではないだろう。やがてコメントがつかなくなったことでRRM姉貴はネットストーカー化し、「デッドボールPが来ない」という動画を投稿した。2009年?にはオフ会で彼に会い、何かたしなめられたらしい。時の流れによりデッドボールPについて語らえる共同体はもはやなく、当時の詳細は分からない。
トウコ
ポケモンBW1の女主人公。RRM姉貴が最も推すキャラクターの1人であり、カップリング相手もN、トウヤ、サブウェイマスター、果ては女体化サブウェイマスターと様々嗜んでいる。「サブトコ」のツイッタークラスタに取り入ろうとしてウザがられブロックされたことはスレッドの語り草のひとつ。
るりまの弟でSPAの兄。料理人、SPAを脱がしたなどの情報がある。名前は頭文字が「り」であることしかわからないため、りゅう(仮)、りゅうちぇる(仮)など、ちんぽこ民が銘々好きに呼んでいる。
るりパパ
父。自衛隊の音楽科隊員。一家の良心とされる。
るりママ
母。おこるとプチトマトを投げたり、布団の中のRRM姉貴を蹴飛ばしたりするらしく、知能が弱いのではないかといわれる。るりパパとは従兄妹婚で、RRM姉貴のメンヘラは近親相姦の結果だとヒボウされることも。
神田あたる
魔導物語ファンだった時代の友人。男性。ニコ動では声が実況者の「もこう」っぽいと評判。
えりぃ
魔導物語ファンだった時代からの友人。るりまの旧アイコンを描いたが、その後まもなく疎遠になった。
おゆき
魔導物語ファンだった時代からの友人。指輪☆に協力しているように今も関係が続いている。
ゆえけぴ(茉雪ゆえ・けぴ夫妻)
友人のオタク夫婦。ゆえは指輪☆の原作者。
らん、めいじ
サブトコ趣味の元友人。
RCTR
ゲーム制作者。RRM姉貴を出演させるといいながら、そのゲームはいつまでも出来上がらない。RRM姉貴には唐突にフォロワーとの縁を切る、粛清と呼ばれる悪癖があるが、声の仕事の付き合いがある企画者は粛清の対象外になることが知られている。RRM姉貴にフォローし続けてもらうためにこの生態を利用しているのだろうと邪推されている。クッキー☆を嫌っているらしく、少しでもホモ臭いアカウントは絡みがなくても事前ブロックすることから、騎士気取りと揶揄されることもある。
星糸つむぎ
同人声優、ゲーム制作者。RRM姉貴に声の仕事をクレクレされたらしく、2018年1月20日に名前こそ伏せてはいるもののRRM姉貴を激しく批判。RRM姉貴も同様に相手を伏せたうえで応酬のようなことをつぶやき、互いに絶縁した。RRM姉貴がしつこい営業をかけて嫌われるのはこの1度に限った話でなく、ちんぽこ民も同情半分呆れ半分であった。
free(yosimiduka)
かつては「ふりーさん」と呼ばれて親しまれていた企画者。彼の作品ではRRM姉貴の演技に訛がほぼ見られないことから、厳しい演技指導をした名監督といわれた。星糸の側についてRRM姉貴との関係を解消したといわれる。
ゆきはな
ゲーム制作者。友人ではあったが、RRM姉貴への対応はたんぱくだった。星糸側について関係を解消した。
さとなかゆず
同人声優。RRM姉貴が一方的に媚を売っていたが、あまり相手にされていなかった。星糸側についてRRM姉貴をブロックした。
よーすい
刀剣乱舞の攻略配信をして一部の審神者にちやほやされているおっさん。通称レベリングおじさん、レベおじ。RRM姉貴も一時期熱を上げており、ちんぽこ民をやきもきさせた。
添付ファイル