六尺コピペ

六尺コピペとは2ちゃんねる発祥とされるのホモネタである。「六尺兄貴」、「六尺兄貴コピペ」とも。

概要

ネタの内容としては主にホモによるプレイの体験談の書き込みをネタにするというもので、その書き込みを元にコピペ改変していくという形で広まっていった。
六尺という単語は最初にネタにされたと思われる「ガチムチの六尺兄貴」というタイトルの書き込みに由来している。
元々は2001年頃、あやしいわーるどで流行りっていたネタであったらしいが、ネット上で広く認知されるようになったのは2ちゃんねるでネタにされるようになってからである。
元ネタである書き込みは信憑性は不明だが、その実際に会ったのではないかと思わせる生々しさと、文章の汚さで人気を博している。
上記でもわかる通り非常に歴史が長く、日本のネットミームにおけるホモネタはこの六尺コピペをきっかけに普及したとされている。真夏の夜の淫夢も六尺コピペの子ジャンルと言えるだろう。

ニコニコではamny兄貴が投稿している六尺コピペの朗読動画が人気を博しており、それによってニコニコでも広く認知されるようになっていった。
特に淫夢においては同じホモジャンルとして親和性が高くよく一緒に取り扱われている。

主な登場キャラ

変態糞親父
インターネットのホモ向け掲示板に淡々とプレイの内容を書き込んでいる人物。その汚らしくも独特の文体で六尺コピペの中でも高い人気を誇っている。
この書き込みはコピペ職人によるものではなく実際にホモ向けの掲示板に書き込まれていたものであり、それが人気となって勝手に広まっているのである。
特にニコニコ動画にてamny兄貴による朗読動画によって多くのMADや同様の朗読動画が作られるまで至っている。イセアモア兄貴やレイテツ兄貴もそうした朗読動画で人気を博していった投稿者であった。
彼の声もその動画で声を当てていたamny兄貴として認識されるようになった。
彼のビジュアルとして使われている褌姿の禿のおっさんは変態糞親父と同一人物ではないかと疑われていた「どかちゃん」が元になっている。その為厳密にいえば全くの別人である。
また朗読しているamnyの声から大塚明夫と同一視されることもある。
変態糞娘
なんjで見られるようになった変態糞親父のコピペ改変。人物をそのまま少女に替えたものだが、その妙に適当な出来が逆にシュールさを呼び人気となった。
ニコニコ動画ではさとうささらに朗読させた動画が話題となり、そのままさとうささらが変態糞娘として扱われるようになった。
そうした経緯もあり、全体的にボカロ関係を嫌う傾向の強い淫夢系において、広く受け入れられている音声合成ソフトとなり、星空のボーカル、その他淫夢やクッキー☆に関する朗読など、幅広く淫夢系の動画で活用されるようになった。
さとうささらとはCeVIOと呼ばれる音声合成ソフトのイメージキャラである。CeVIOとはトーク、歌問わず幅広く活用できる音声合成ソフトで、VOCALOIDとは異なるソフトであるが、ニコニコではVOCALOIDカテがよく使用されており、実質的に同じような扱いを受けている。
ちなみにさとうささらはCeVIOにおける記念すべき最初のライブラリであり代表的なイメージキャラであったのだが、CeVIO実装から4日後に上記の変態糞娘が投稿されてしまった。
ささらには公式設定で ネット上では、仕事を選ばないニューフェイスとして奮闘中。 というキャラ付けがされていたが、皮肉にもデビューしてから早々、仕事を選ばない汚れ役を買って出ることとなってしまった。
東京出身の父と、愛知出身の母もいるという設定であるが、淫夢ではもっぱら変態糞親父の娘として扱われている。
変態糞娘は長らくさとうささらの動画でもっとも再生されていた動画であったが、2017年2月末に権利者によって削除されてしまった。その際他の変態糞娘関連の動画も消されてしまっている。
このような突然の方針の変換の理由は不明だが一連の削除から間もない翌月1日にVOCALOIDで活躍していたIAのCeVIO版がリリースされており、関連があるのではと疑われている。
イサキおじさん
出会い系で知り合った、漁師のコスプレプレイを要求してきた人物。イサキおねえさんの元ネタでもある。
六尺兄貴
六尺コピペの元祖と言える書き込み。淫夢やクッキー☆で見られる兄貴(姉貴)呼びは、彼が兄貴呼びされていたことが由来となっている。