過去の作戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは本国が参加した企画の情報を留めておく場所です。

マルマラ海掃海作戦

大ヒトラント帝国を主体としたHEIWA条約機構軍とドルク大公国の戦争である大西亜戦争は、地中海を戦場へと変えた。
大西亜戦争の局面で、ドルク大公国は船舶の通航を阻害することを目的として、機雷を大量に散布した。
戦後、これに対して我が国は国際貢献のため大規模掃海艦隊を派遣し、機雷の掃討を行った。
+ ...

アロー・ヘッド作戦

ヴィッセン帝国による宮崎共和国連邦の併合反乱鎮圧(仮称)において宮崎社会主義共和国連邦を支援するため参戦。
大西洋に我が軍の艦隊を派遣し、敵の行動を阻止する「アロー・ヘッド作戦」が発令された。
今作戦は我が軍初の軍事作戦であり、貴重な経験と反省を得ることが出来た。

+ ...

神帝ドネツク大連邦帝国に対する災害派遣

神帝ドネツク大連邦帝国は不況、飢饉、新種のウイルス「サイコβ」の発生などが重なり、深刻な状況に陥っていた。
そのため、連邦軍は国際災害派遣を行うことを決定。食料、生活必需品、蚊除け用品(蚊がウイルスの媒介となるため)などの補給物資を供給し、ドネツク領内での支援活動を行った。
+ ...

日人戦争

大HEIWA条約機構を離反した大和諸王国連邦に制裁を加えるため、神聖大ヒトラント帝国は日本連邦に宣戦を布告。
我が国はこれに対し、同盟国の国益を保護するために参戦した。
+ ...

中米有事(アルセイア連邦と神聖大ヒトラント帝国の中米における戦争)

アルセイア連邦に駐留する神聖大ヒトラント帝国軍を排除するため、アルセイア連邦は同帝国に対し宣戦を布告。
我が国は同盟国の国益を保護し、中米の情勢を安定化させるためにこの戦争に参加した。
第一次南米戦争と呼称する場合もある。
+ ...