プロローグ

  • コメント(ハンドルネーム)

1E

  • コメント(ハンドルネーム)

2E

  • センターガードの後ろに先攻後攻それぞれの石が順番に一列に並ぶという展開はよく見る。その先に何が起こるのかを見ることができるエンド。(カルロス)

3E

  • コメント(ハンドルネーム)

4E

  • 先攻がボタンにワン。後攻がその直上8フットにツー。先攻はコーナーガードを切った。後攻カナダは自玉からワンを打てばワンツーが取れるが直後にDTOされる可能性も高い。カナダの選択が味わい深い。(カルロス)

5E

  • コメント(ハンドルネーム)

6E

  • ブランク。(カルロス)

7E

  • ブランク。(カルロス)

8E

  • ブランク、だが前のブランクとは異なる。後攻カナダがDTOに失敗したことで先攻がワンツーを作る。カナダのサードの芸術的なヒットロール&フリーズが決まる。(カルロス)

9E

  • 打って変わって、ガード1個の裏で壮絶なセンター戦に。(カルロス)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • コメント(ハンドルネーム)