プロローグ

  • 1敗同士で迎えたラウンドロビン。(カルロス)

1E

  • 先攻ホーマン、1投目からセンターガード。JJ側にミスが続き、1点取らされかと思いきや、ホーマン1投目のウィングに振るはずだったドローがハウスに届かず、JJにその裏を取られる。(カルロス)

2E

  • 例によってウィックでコーナーガードだらけにするホーマン。ジルのガードがわずかにズレたところで、コートニーが完璧なウェイトでコーナー裏へヒットロール。JJはそれには構わずセンターガード裏へカマー。ミスキューがまたもや完璧なウェイトでそれを剥して手玉をボタンに残す。ケイトリンのヒットは手玉が残らず、ミスキュー2投目カマーでコーナー裏にワンツー。JJ1投目のヒットロールは惜しくもワンにならず。JJ2投目はT前のワンにコーナーフリーズだが、惜しくもツーに。肝心のホーマンはいまひとつ。(カルロス)

3E

  • T奥8フットに2個づつ溜まったところでセンターガードを外す、作るの繰り返し。ホーマン1投目で自玉にフリーズしてワンツー。JJ、ノーズで打ってワンを取りつつバックガードを残す作戦だがズレる。ホーマンは強く打って手玉を残せず、かろうじてワンのみ。JJこれをジャムらずはずせれば最大3点もあるが……。(カルロス)

4E

  • センターガード裏の攻防。T奥から積んでコートニー2投目でボタンを取ったところで、ケイトリンのフリーズが強く開いてしまう。しかし勝負所でミスキューの1投目は短くトップ8止まり。ケイトリン2投目は逆側から今度は完璧なドロー。JJスチールのチャンス。ミスキュー2投目はランバックで打開を図るも、JJ1投目が完璧にポケットに入る。(カルロス)

5E

  • 以後、JJの完璧なディフェンスモード。(カルロス)

6E

  • コメント(ハンドルネーム)

7E

  • JJ1投目で4フットのツースリーをダブルして剥しつつ手玉も残す。(カルロス)

8E

  • 勝負が決まってしまったので以降のエンドはカット。男子の中継に移行。(カルロス)

9E

  • コメント(ハンドルネーム)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • ホーマン序盤のミスが響いて後手にまわった。(カルロス)