※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • 銅メダル争いは去年と同じ組み合わせ。(カルロス)

1E

  • コメント(ハンドルネーム)

2E

  • 先攻のラストロックはコーナー裏の石を剥しつつ、センターガード裏にロール。完全にガードに隠れてるように見え、当てるだけでも難しいと思ったが完璧にロールした。(カルロス)

3E

  • コメント(ハンドルネーム)

4E

  • コメント(ハンドルネーム)

5E

  • コメント(ハンドルネーム)

6E

  • コメント(ハンドルネーム)

7E

  • コメント(ハンドルネーム)

8E

  • 後攻サードのポートを抜けてものすごいレイズダブル。そのあともすごい。T奥にあるツーの石をワンに押し上げる?両軍スキップのラストロックは必見。(カルロス)

9E

  • 両軍タイムアウト。同点の9Eの戦い方は難しい。後攻はブランクを諦め、複数点を狙う。先攻はスチールしてもそれほどおいしくない。1点とらせがいいのか。よくわからん。(カルロス)

10E

  • 後攻はサードの段階でハウスにかかった石をスプリットに来た。おそらくワンの敵の石を挟んでウィングの位置にツースリーを置いてダブルできないようにしたかったんだろう。うまくいかなかった。後攻はやむなくハウス内の石の裏にカマー。男子でよく見る戦法。先攻はランバックだが失敗。これで後攻2点の目が出た。(カルロス)

11E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • 忙しい人は8Eだけでも。(カルロス)