※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • ユニがどちらも赤白でわかりにくいことこの上ない。(カルロス)

1E

  • 先攻のセンターガードで始まるが、後攻セカンドのダブルで破壊。ブランク。(カルロス)

2E

  • 先攻セカンドがオープンヒットをまさかのスルー。3点ピンチに。先攻サードでようやくセンター裏にロールするが隠れきらず。先攻ラストロックはカマーでワンを取ってもツーから出される。レイズトリプル狙い。(カルロス)

3E

  • コーナーガードを切る→置くの繰り返しから、後攻サード1投目で中のワンツーをダブルしつつウィングへナイスロール。2投目もヒットロールでウィングに。しかし後攻スキップ1投目がノーズヒットに。角度がついてダブルの可能性がある。(カルロス)

4E

  • 先のエンドで見事なロールを見せた後攻のサードが今度はワンツーを少し押しつつコーナーガード裏にロールするつもりがほぼスルー。センターガードを置かれ一転スチールのピンチ。後攻ラストロックはガードを飛ばしてツースリーを動かせば2点の可能性があるが。(カルロス)

5E

  • 後攻セカンドがセンターガードを飛ばして、フリーズぎみのツーをピールする。レイズピールって言えばいいの?センターガードが全部なくなったところで先攻は後攻のワンにやむなくフリーズに行くが短い。ツースリーをダブルされて後攻の石のみ4個が残る。どうするクーイー。(カルロス)

6E

  • 石を弾く力の強い男子では、点差がつくとなかなかビッグエンドは難しい。後攻クーイー、早々とコーナーガードを諦めハウス内の勝負で複数点を取りに行く。クーイーのラストロックはトリプルで3点狙い。こんなの成功するのか?(カルロス)

7E

  • 先攻クーイー、1投目は鬼のダブルテイクロール。センターガードがなくなって、2投目は置き直すかと思いきや、4フットの11時半と5時にワンツーを作る作戦。ダブルテイクで手玉が残れば後攻2点だが。(カルロス)

8E

  • 最後はスキップ同士のロール合戦。(カルロス)

9E

  • 勝負所でケネディが2投ミス。しかしスキップ2投で2点の可能性もわずかに。(カルロス)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • グーシューが地元で初優勝を飾った。しかし準決勝に続いて凄まじい粘りを見せたクーイーのほうが印象に残った。(カルロス)