※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • コメント(ハンドルネーム)

1E

  • JJワンを持っているが、直上にツーを持たれる。ワンツーの形をいじりに来るかと思いきや、JJあわてずスリーをコーナー裏に作りにくる。1エンドからムリしない。先攻アイナーソンがツーからワンを打ち、手玉を並行にロールしワンツー。ダブルできなければJJ1点取らされの形。(カルロス)

2E

  • セカンドのナイスショットの応酬。先攻JJサード2投目が最悪。サリーナの見事なカマー2発で3点パターン。JJ決死のランバックが決まらず4点パターン。トリプルされない場所に置けば3点はあるが……。(カルロス)

3E

  • 先攻サード、スキップのテイクショットにわずかにズレが出たところで、後攻JJに先手を取られる。しかしJJ1投目の選択は謎。センターのワンからツーを打ちたくなるが、JJはなぜかスリーの石から打ちに行く。手玉がどこに残るにしても、先攻ラストロックをヒットロールでワンツーを作られると面倒なことになると思うのだが……。JJの作戦はしばしば意図が読めないことがある。(カルロス)

4E

  • 先攻JJ1投目のヒットロールがセンターガードの真裏に決まる。曲がる氷だから打つことは出来るが易しくはない……。(カルロス)

5E

  • 先攻アイナーソンのラストロック、離してワンツーとくっつけてワンツーで後者。フリーズしたワンツーに対して、JJいったん1点取らされドローを選択も、ハックから戻ってきてブランク狙いに変更。こんなのブランクにできるのか???(カルロス)

6E

  • コーナーガード裏にツーを埋めた後攻JJ。サード2投目のガードがわずかにハウスに近くなり、先攻アイナーソン1投目のランバックが炸裂。JJの2投で2点取れるか?(カルロス)

7E

  • 後攻アイナーソンのサードまでいまひとつのショットが多く、先攻JJスチールの形。ケーツ2投目のヒットは手玉を残したかった。アイナーソン1投目でダブルを決めないとかなり危険な形。(カルロス)

8E

  • 勝負どころでケーツのドローショットが決まらず、センターガード裏で後攻複数点の形。JJ1投目は狙いとは違うようだが面白いところに残った。先攻アイナーソンはガードしても逆側からタップされると2点行かれる。ここでタイムアウト。(カルロス)

9E

  • 後攻アイナーソンはブランクを狙わず。セカンドがランバックを2発決め、まずまずの出足。ケーツ2投目は予定と違ったようだが、2個の自玉がそれぞれガードの裏と前に残るというラッキーショット。JJは1投目はハウス内の石の裏へドロー、ワンツー。このワンツーを縦にキレイにダブルできればアイナーソンはビッグエンドもあり得る。(カルロス)

10E

  • CMカットで不明だが、ドーン1投目はウィック失敗したらしい。JJサード1投目で中の石をピール、JJ1投目が絶妙の位置で縦にワンツー。アイナーソンのラストロックはそっちを選ぶかーーの選択。(カルロス)

エピローグ

  • JJは最多タイの6回目のスコッティーズとな。大会全体を通じてのサリーナ・ケーツのドローショットに感銘を受けた。(カルロス)