プロローグ

  • 韓国は成長著しいミンジ。ワールドカップ第3レグではハッセルボリを下して優勝している。(カルロス)

1E

  • 先攻韓国1投目ハウス。カナダがロール。韓国がロールしてセンターに石を戻せなかったところを見て、カナダはコーナーガードを試みるもハウスに入ってしまう。4ロック時代にも見られたイージーな攻め方だが、5ロックになって有効性が増しているのではと思っていたので、計算どおりに進む様を見られなかったのは残念。その後起き直したガードを韓国がピールミスしたところで、後攻カナダはその裏を取る。(カルロス)

2E

  • 1点取らされたカナダだが、リードの2投をハウスに入れてきた。この余裕にはびっくり。韓国はコーナーガード裏へのヒットロールを狙う。(カルロス)

3E

  • 再び先攻のカナダは当然リードの2投をハウスへと思いきや今度は2投目センターガード。カナダのラストロックは完璧なタップ。韓国もタップに使える石があるが、9時からのヒットロールを選択。スリーの石まで持たれているのでテイクの選択だったと思われるが、1投目と同じラインが使えるタップのほうが確率が高かったような。(カルロス)

4E

  • 後攻韓国のラストロックは極めて難しいダブルを決めて手玉を残せば2点。しかし冷静に1点を選択した。このあたりは東アジアのなかでは堅実な選択ができるチームだと思う。(カルロス)

5E

  • カナダのサードは本調子でないように思える。テイクでジャムり先攻韓国に縦にワンツーを残してしまう。ここで韓国長考。最初の選択はスプリット?わからない。考え直してハウス内の石の裏にカマー。これが丸見え。ところがカナダのスキップ1投目がロールしすぎてスリーに。韓国は再び裏を攻める。(カルロス)

6E

  • 韓国はここまでセンターガードがどうしてもピッタリ置けない。(ハンドルネーム)

7E

  • 先攻韓国はダブルセンターガード。後攻カナダ1投目はコーナードローでブランク狙い。韓国スキップ1投目で縦にワンツーをつくる手もあったはずだが、コーナーの石をテイクしてワンツー。縦のダブルを万が一決まると3点もある。またしても堅実な選択。直後のカナダの手玉がロールアウトして、石が減ったことで今度は縦にワンツーを作る。(カルロス)

8E

  • 先攻カナダは2投目でセンターガード。後攻韓国はダブルセンターガードを作らず、ワンに付けに行くがこれがトップ8止まり。カナダはさらにセンターガード。韓国にガード2枚を切られたところでディフェンス転換しテイクでワンツーを作る。ところがカナダのサードがコーナー裏のテイクをスルー。やはり不調のようだ。韓国スキップ1投目は敵のツーの石にフリーズ。ワンにかまったほうがいいのでは。ヒットロールが決まれば2点もあり得た。(カルロス)

9E

  • 後攻カナダはカマー。7エンドはコーナードローだったのになぜ?2投目でウィッグ。カナダのスキップ1投目はカマーでワンツー。ガードをふたつ切るとワンに飛ぶ可能性を恐れたか。(カルロス)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • 接戦を予想していた。ところが前半カナダは何もしていないのに韓国がどんどん崩れていく。カナダの難しいショットといえば3エンドのタップぐらいか。正直、カナダのジュニアにしては精度が低い。(カルロス)