※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • 日本代表は軽井沢のジュニア。(カルロス)

1E

  • 後攻日本スキップの奇跡的なほぼトリプルで1点スチに抑える。(カルロス)

2E

  • ハウス内に石がなくなったところで後攻日本コーナー裏ではなくセンター裏を攻める。コーナーを攻めても韓国はセンターを取りには来ないと思うが。(カルロス)

3E

  • コメント(ハンドルネーム)

4E

  • 韓国は1投目余裕のコーナードロー。先攻日本スキップ1投目はフリーズでスチール狙いと思いきや、なぜか2投目はスチールのチャンスがあるのにテイク。謎戦術。(カルロス)

5E

  • 韓国スチールの形から日本スキップ1投目で石を散らして大ピンチを凌ぐもまだ韓国ワンでスチールのチャンス。ミンジのラストロックはハウス内でスリーを作りつつ、ランバックの道を消した。無理にスチールを狙わず2失点は絶対阻止する作戦。賢い。(カルロス)

6E

  • コメント(ハンドルネーム)

7E

  • ガード裏にワンを持っていてもコーナーの石をテイク。ラストロックはトップ4でスチールを狙う手もあるが奥の石にフリーズしてツーを殺す。「何が何でもスチール」とはならない。ここらへんはミンジらしい戦い方。(カルロス)

8E

  • コメント(ハンドルネーム)

9E

  • 韓国タイムアウト。ウィングにワンツーを選択したが、英語解説はガードを切るべき、3点リードだから2点やっても構わない、3点やらない選択をすべきと。(カルロス)

10E

  • 韓国サードがまさかのピール2連続ミス。(カルロス)

エピローグ

  • 9エンドの選択はまずかったが例によって固い作戦を取るミンジは好感が持てる。東アジアでは稀有な存在。ショットは不調のようだ。(カルロス)