プロローグ

  • 前のゲームでホーマン、サスカチュワンにまさかの敗北。3位でプレイオフへ。しぶとい女マカーヴィルとの対決は楽しみ。JJは上位4チームに食い込めず敗退。(カルロス)

1E

  • 先攻がオープンヒットで2発のスルー。後攻ホーマン3点チャンス。(カルロス)

2E

  • 一時はワンからスリーまで作られる厳しい展開から、先攻ホーマンの1投目のダブルで掃除。(カルロス)

3E

  • 先攻セカンドの素晴らしいヒットロールが決まり、後攻の石は前と後ろからきれいに挟まれる。ランバックで打開を図るも先攻の石がきれいにボタンに残る。先攻のハウス内でガードの予定が短くなり再びランバックのチャンスだが失敗。先攻マカーヴィルはダブルセンターガードでスチールのチャンスだがこちらもズレる。丸見えのワンからヒットロールが決まれば形勢逆転。(カルロス)

4E

  • マカーヴィルのサードは不調か。ウィングにロールしたかったがノーズで残ってしまい、せっかくコーナー裏に埋めた石へロールされてしまう。ホーマン1投目の手玉が残らず、まだわずかに後攻に2点のチャンスがある。(カルロス)

5E

  • セカンドのノーズヒットのはずがコーナーへロールしてしまい、コーナーガードだらけの先攻ピンチ。マカーヴィル1投目のフリーズが短い。ホーマンこれを打ち出せば3点のチャンスもあるがジャムってしまう。(カルロス)

6E

  • 先攻ホーマン1投目ハウス、2投目ガード。後攻1投目コーナーガード。この試合はじめて4フットに石がたまり、どっちに転ぶかわからない展開。ホーマン1投目でタイムアウト、ポケットにドローか見えてる石を打つか。テイクは強いスリーになっている石を動かす危険がある。ガードを選択。後攻マカーヴィル1投目は中の形を崩しに来たがスルー。これは打てない。(カルロス)

7E

  • このエンドはブランクでいい後攻ホーマンは1投目コーナードロー、2投目ウィック。(カルロス)

8E

  • 後攻ホーマン1投目はコーナーガード、先攻はダブルセンターガード。ウィーグル2投目ウィック失敗。ホーマンはラストロックで1点取りに来た。ここをブランクにしても次ブランクにできる保証はない。JJ戦のように9エンドわざとスチールされる展開にもなりかねない。9エンドで2点、あるいは3点取られてもOKぐらいの心持ちだろう。(カルロス)

9E

  • ホーマンはダブルセンターガードでワンを守る。後攻サードの見事なヒットロール。先攻がその裏に見事なカマー。後攻サード2投目は痛恨のミス。これで先攻ホーマンはワンを守るガードを置きに来る。万策尽きたマカーヴィル1投目はかなり長いランバックでワンを打ちに来るも、虎の子のツーを打ってしまう。余裕のホーマンはディフェンスに切り替え1点取らせの形を作る。(カルロス)

10E

  • 先攻マカーヴィルのラストロックはハウス内の石の後ろにカマーのはずが、おあつらえ向きのダブルが残ってしまった。(カルロス)

エピローグ

  • 前半、マカーヴィルはセカンドとサードが不調、ホーマンはセカンドが不調。ホーマン自身も万全の調子には見えない。マカーヴィルもショット率は低いが要所で決めている。(カルロス)