プロローグ

  • 3年前の女王チェルシー・キャリー。あのときはほんとスゴかったけど、そのあとのWWCCがさっぱりだった。日本(藤澤)にボコられた借りをデンマークで返したいだろう。(カルロス)

1E

  • 先攻ホーマン1投目センターガード。後攻キャリーはコーナードローの指示。先攻はそれを打つ展開。後攻セカンドがロールアウトし、後攻はガード裏へカマー。しかしガードがズレたところで後攻にヒットロールのチャンス。ここからロール合戦。ホーマンがロールしすぎたところで、後攻キャリーはカマーでコーナー裏にワンが取れるが、ここはディフェンシブにヒットロール狙い。ホーマンは大外からフリーズだが押してしまう。後攻キャリーにわずかに2点のチャンスが残る。(カルロス)

2E

  • 先攻ホーマン1投目センターガード。後攻キャリーは1投目ウィック失敗したようだ。2投目成功。後攻サードのところで後手にまわり、先攻スチールの流れ。(カルロス)

3E

  • 先攻ホーマン1投目センターガード。後攻キャリーは1投目コーナーガードのはずがコーナードローになってしまった模様。これを先攻が打った後、フリーズも考えるが敵の石の前にコーナーガードを置く選択。先攻の石が隠れきらず、ヒットロールのチャンスが来るがこのあたりでどうしても決められない。先攻サードがようやくカマーを決めるも、ホーマンの美しいソフトテイク。(カルロス)

4E

  • 後攻ホーマン1投目コーナーガード、2投目ウィックのようだ。先攻はダブルセンターガード。コートニーにはピールを指示だが、ミスキューのところでガードをソフトテイクで手玉をハウスに入れる。ミスキュー2投目は完璧なランバック。これを喰らってクラっときたかキャリーがまさかのテイクミス。後攻ホーマン3点チャンス。(カルロス)

5E

  • 先攻ホーマンは2投ハウス。後攻のカマーがミスになり、3投目センターガード。セカンド2投目は固くコーナーガード切り。サード2投目もピールで手玉を残さない選択。後攻のミスが続いたところへホーマンのヒットロールと完璧なドローでトドメ。これではチェルシーも辛い。(カルロス)

6E

  • 後攻ホーマン1投目ウィック。2投目はテイクだがロールアウト。センターガードを置く、切るの展開。先攻キャリー1投目でバイターの石の裏へカマー。ホーマンはダブルしつつ手玉を11時半ハウス内に残す完璧なショット。この裏を取りに来るキャリー決死のラストロック。失敗すれば最大3失点。(カルロス)

7E

  • ウィーグル2投目のウィックに成功。前のエンドと同じ展開。ミスキュー1投目のダブルピールがジャムったところで裏を取りに来る先攻。キャリーのガードがズレたところを逃さずホーマン絶妙のソフトテイク。キャリーのラストロックはトップ4狙いと思われるがT奥でワン。ホーマンはドローで1点の選択もある。しかし1投目と同じラインで投げられるランバックで2点狙いを選択。ここでスチールされても1点アップで8エンド後攻という考えもあったかもしれない。(カルロス)

8E

  • ウィーグルのウィック2発。ミスキューの1投目のピールで流れた手玉がコーナーの石をハウスに押し込む。ウィックで石がコーナーに残る局面が多いホーマンとしてはこれも計算の内だろう。キャリーはディフェンス転換してこれをヒット。しかし手玉がロールアウトして、後攻の流れ。キャリーのラストロックは見事。しかし後攻ホーマンにも「ほぼダブル」でわずかに2点の可能性がある。(カルロス)

9E

  • 後攻セカンドの破壊で状況打開。コートニーのカマーがコーナーの裏を先に取るつもりが長い。後攻セカンドが4フット10時を取る。両軍サードにミスが続きガードだらけで、どっちに転ぶかわからない展開に。キャリーのラストロックはツーの石を剥がせれば3点もあるがワンに被っていて無理と判断、2点狙いのドロー。見ている方としては直に打つかランバックを狙ってほしかったが。(カルロス)

10E

  • ウィーグルのウィック2発。キャリーのラストロックはワンをわずかに押しつつワンツー作れば、ホーマンにプレッシャーを与えられる。(カルロス)

EE

  • まさか追いつくとは思わなかった。ウィーグル1投目はコーナードローではなくウィックの手玉が流れてハウスに入ったと思われる。ミスキュー1投目でランバック。キャリー1投目はセンターライン上にガードでT奥のワンの石を見せる。中を打てばカマーかフリーズが残るので、ホーマンはガードを切る。キャリーのラストロックはトップ8でワンをガード。ホーマンはドローかダブルかの選択で4フットへのドローを選択。(カルロス)

エピローグ

  • セカンド、サードの段階でキャリーはどうしても後手に回ってしまう。常にキャリーの2投で何とかしろ状態。しかし後半の追い上げはスゴかった。楽勝で逃げ切れそうだったのにホーマンまさかの大逆転を喰らう。最終2エンドのプレッシャードロー2発を決めきれなかった。これは悔いが残る。個人的にはホーマンのWWCCを見たかった。(カルロス)