プロローグ

  • 赤丸急上昇中のミンジ。連戦の疲れも見せずカナダを撃破。連勝街道なるか。(カルロス)

1E

  • ブランク(カルロス)

2E

  • コーナー裏に積む展開から先攻アメリカがセンター裏へ攻撃転換、韓国のカマーが長くなったところで、シンクレアのフリーズが決まりスチール。(カルロス)

3E

  • シンクレアがコーナー裏のポケットへのフリーズに失敗、ミンジもテイクに失敗、シンクレアのカマーはハウスに届かず、ミンジの2点チャンス。(カルロス)

4E

  • 先攻韓国のワンツースリーは強くはないが、ガードが多く8フットへの道もままならない。シンクレア1投目がハウスに届かず、ミンジが完璧にガードすれば、大量スチールのチャンス。(カルロス)

5E

  • 先攻アメリカがワンだがわずかにT奥。ミンジ1投目は、フリーズすればワンが取れるが、フリーズ返しをされると2点は難しい。ヒットロールでブランク狙いを考えたようだ。(カルロス)

6E

  • 先攻アメリカがコーナー裏の石をスルーから、後攻韓国2点パターン。(カルロス)

7E

  • 後攻アメリカはここをブランクにする気はない模様。(カルロス)

8E

  • 先攻アメリカのセンターガードがやや長い。ピッタリ隠れない限りほぼ打てる状態だが韓国セカンドがガードに掛けてしまう。先攻アメリカはガードを置き直さず、韓国の石を4フットから追い出す。しかしセンターガードがない状態では先攻はキツイ。韓国が直後にアメリカの石を散らし、後攻有利の形に。シンクレアのラストロックがヒットフリーズできれば2点を免れるが。(カルロス)

9E

  • 後攻アメリカは途中カマーに2本失敗し先攻韓国の流れ。韓国ラストロックでタイムアウト。センターガードで守るか、ワンツーを作るか。4フットを囲む等距離にワンツーを作る。シンクレアのラストロックはヒットロールを選択。(カルロス)

10E

  • 後攻はダブルコーナーと見て、韓国は2投ハウスへ。3投目も迷わずハウスへ入れてきた。5ロックで2点差ならセンターガードを置いてもいいと思うが。ミンジ1投目がコーナーのポケットに対して絶妙な強めのドローでワンを取る。続くシンクレアのドローは開いてしまう。(カルロス)

エピローグ

  • 氷が難しいようだ。ドローウェイトに苦労している。韓国4エンドはもったいなかった。ガードが決まったところを見たかった。アメリカのサラはヒットロールがとても上手。(カルロス)