持ち運んで使用する事が


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

流行りのインターネットサービスの動きを観察していると、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。



持ち運んで使用する事が出来ますので、結構使い勝手が良いなと言う感覚を持っています。
使い勝手とは反対に、モバイルは通信状態の信頼性が乏しいところはあります。



しかしながら、モバイルのインフラは急ピッチで進んでいますから、安定したインターネット環境を手にする事が出来ます。(インターネットプロバイダーオリジナルの提供しているサービスには…。



ですから、無線だからと言っても、侮れないです。



某電機屋さんで、光回線を勧められました。でも、WiMAXを使っている私ではありますし、お分かりの通り、必要性を感じません。

ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、想像してなかった返事が返って来ました。

WiMAXって言えば、台風の日とか、受信できなくなるでしょう?でも、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。
台風で天気が大きく荒れた日も何度かありましたが、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。



WiMAXの通信を行う為に、専用のWiMAX端末が必要です。専用のWiMAX端末は定期的に新製品が登場し、これまでに無い機能を持ったものもあります。WiMAXの回線も新技術が採用されていて、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。

更に、通信速度が年々速まっています。


キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。