※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

加藤 倫(かとう りん)


■性別
女性

■学年
1年生

■所持武器
ガトリング砲


■ステータス
攻撃力:11/防御力:0/体力:6/精神力:3/FS(ガトリング砲愛を除く常識力):10

特殊能力『ガトリング☆ガール』

<計算式>
効果:体力ダメージ16 -170
範囲+対象:同マスから敵陣方向へ向かって、対象が取れるマス全員 *2.6
時間:一瞬 *1.0
制約:同マスから1マス遠ざかるごとにダメージ半減 +142
制約:対象の数だけダメージを割る(小数点以下切り上げ) +200
制約:永続行動不能 +40
調整:敵味方無差別(術者を除く) +10

(例)
|_|☆|_|加| ☆=敵×3

この場合は敵一人につき2ダメージ

発動率:100% 成功率:100%

能力原理

大好きなガトリング砲を思いっきりぶっ放す。
ぶっ放した後、快感のあまり昇天する。

キャラクター説明

ガトリング砲大好き少女。
ガトリング砲愛に溢れた少女。
ガトリング砲と共に死ぬことも辞さない少女。

常にガトリング砲を肌身離さず、寝食は常にガトリング砲と共にしている。
朝起きた時にガトリング砲、昼活動する時にガトリング砲、夜寝る時にガトリング砲。
彼女にとってガトリング砲は家族で友達で仲間で相棒で恋人で時にはライバルで文学で哲学で人生で芸術。
なおこのガトリング砲は彼女が魔人能力で作り出したものであり、もう一人の自分である。

こんな彼女だがガトリング砲を除けば基本的に常識人で生真面目な性格。
ガトリング砲照準用機能付眼鏡(外観は普通の眼鏡)がチャームポイントな優等生だと周囲には思われているし、中学の時には生徒会長も務めた。
ちなみに巨乳。ガトリング砲の扱いには割と邪魔なのがコンプレックス。

彼女にとってガトリング砲は生き物に対してぶっ放して何ぼのものだが、それを許さない社会とのギャップに苦しみ、常にフラストレーションを抱えている。
いつかガトリング砲を思い切りぶっ放して人間どもをハチの巣にするその日を夢見て、今日も彼女はガトリング砲を抱いて眠る。