※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

音継希絶


■性別
男性

■学年
3年生

■所有武器
シャベル

■ステータス
攻撃力:10/防御力:0/体力:4/精神力:6/FS(葬術):10

特殊能力『ハカホリックシンドローム』

<計算式>
効果:死体操作 150
範囲+対象:同マス敵一人 *0.7
時間:2ターン *1.5
制約:死体消費1体(効果時間終了後に消費) +3
制約:精神攻撃(敵) +100

FS10:*2.0

※死体操作:
  • 死亡キャラクターを生存キャラクターと同様に行動させる。
  • 対象キャラクターは特殊能力を発動できる。ただし無視できない制約や自分以外が支払う制約は発動できない。 (例)自分死亡、体力消費、味方死亡など
  • 対象キャラクターの行動によって生存キャラクターを殺害してもDPは獲得発生しない。
  • 死体は即時行動・移動が可能

発動率:91% 成功率:0%

能力原理

埋葬した屍を自在に使役する能力。
元々は死と向き合うことが出来ない人々のために目覚めた死者の魂を呼び戻す能力だったが、何らかのきっかけで変貌を遂げた。
死者はそれ以上に殺すことが出来ない。やがて灰になるまで魂を穢され続ける。

キャラクター説明

音継希絶(おとつぎきぜつ)

希望崎学園特殊清掃委員会の副委員長。
1年生の頃から3年生の現在に至るまで学内で発生したあらゆる事件・事故の処理や施設の復旧に従事している影の功労者。
見ず知らずの他人の死であっても敬意や礼節を欠くことなく接することが出来る奇特な人物。
若干気の弱い部分もあるが、誰に対しても誠実で何事にも真摯に取り組む真面目な青年。

であったが、ある日を境に人が変わったように攻撃的になり、ニタニタと笑いながら暴言を撒き散らすようになった。
一体何が彼を変えてしまったと言うのだろうか……。