ゲームの進め方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • プレイ人数2~4人

  • 基本4人で遊ぶのが好ましいと思われます

  • 牌は基本手元に8枚ランダムで配られ、自分の手番が来たら牌の山から1枚引いて
 牌の色や数字の組み合わせを3組作ります。3枚で1組です(3・3・3の9枚)
 その3組の作り易さ、作り難さにより点数が変わります
 簡単に作れる役は点数は低く、難しいものは点数も高くなります。
(仮の牌構成、手元の枚数での仮置きの文章です)


  • ゲームの用意・
1、自分の持ち点の「チップ」を配ります 100点6枚 50点6枚 10点10枚

2、牌 を自分の目の前に10個並べ、その上にもう10個積み重ねます(暫定)

 ・各自目の前に20枚の牌が置かれますので1枚余る計算になりますその1枚はその後決める「親」が持ちます

 ・親を決めます
  参加者で「じゃんけん」をし、勝者が最初の親となります。その他のプレイヤーは子と呼ばれます


・ゲームの流れ・