コレンカプル

正式名称:AMX-109 CORIN KAPOOL パイロット:コレン・ナンダー
コスト:2000 耐久力:640 変形:無し 換装:無し
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 胸部ミサイル 6 70~126 1クリック2連射
射撃CS ロケットパンチ - 120 単発強制ダウン
サブ射撃 メシェー投げ 1 70 カプルを投げて相手を捕縛。弾数が減ったがリロード早
特殊射撃 通常の3倍! 1 - 弾数式特殊移動。レバー左右で回り込み
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 ミンチドリル NNN 188 高火力3段
前格闘 ジャンプ叩きつけ 90 飛び上がって叩き付けバウンドダウン
横格闘 横薙ぎ 横N 134 N格と同様のキャンセルルート有り
後格闘 カプル総攻撃 152~192 追加入力で攻撃回数アップ
BD格闘 突き BD中前 95 緩く浮かせる
特殊格闘 タックル 特N 143 フルスイングで打ち上げ強制ダウン
覚醒技 名称 入力 威力F/M/S/E,L 備考
その股ぐらに、ロケットパァァァンチィッ! 3ボタン同時押し 294/289/286/282 射撃を伴う乱舞系


【更新履歴】新着1件

19/02/02 アップデート内容を反映
18/11/03 新規作成

解説&攻略

『∀ガンダム』より参戦した、コレン・ナンダー専用にカスタマイズされたカプル。
コレンがディアナの元へ帰参した際にハリーからのスモーの提供を断り、カプルを元にポゥを含めたディアナ・カウンター兵に強引に手伝わせ一晩で改造した機体。
赤い塗装や角、右腕にウォドムの巨大な手首、イーゲルで使用していたミンチドリルなど、彼の拘りらしきものが色濃く反映されている。

今回は「GVS」と同じくカプルとはタッグが解消され、格闘寄り地走機という立ち位置を得た。
こちらは同作から一部変更されたカプルと違い、ほぼ「GVS」仕様のまま登場した。
耐久力回復を失った代わりに、耐久値はドラゴンガンダムやガンダムマックスターらと並ぶ640という最大耐久を得たのが最大の特徴。
回避テクなどはないが、交代時の隙を見せる事もなくなったので、以前よりも純粋な近接機として調整されている。
各種武装の強化もあり性能自体は旧作よりかなり向上しているが、武装や地走スタイルによる癖の強さはそのままなのでその点には注意したい。
本作では全てが実弾である程度制限がある代わりに射撃武装の回転率が凄まじいことになっているので、得意間合いでは常に手を出していける機体になっている。

勝利ポーズは2種類。
通常時:ミンチドリルを肩に担ぐ。
覚醒技中:ドリルを地面に突き立てた状態でカプル2機と並ぶ。
敗北ポーズは寝そべる。




射撃武器

【メイン射撃】胸部ミサイル

[撃ちきりリロード:3秒/6発][属性:実弾][よろけ][ダウン値:2.5*2][補正率:60%(-20%*2)]
「ドーン!」
腹部からミサイルを2連射する。2発ヒットで強制ダウンの移動撃ち可能な射撃武装。
覚醒時はダウン値が足りずフルヒットしても強制ダウンを取れない。
サブ、特射、特格へとキャンセル可能。

「GVS」同様弾速と誘導が強化され、キャンセルルートの追加で追撃も楽になった。
さらにリロードがBRの1発リロードと同等となり、回転率としては凄まじいものになっている。
着地取り程度は普通に狙える事もそうだが、何よりリロード短縮でかなり気軽に使えるのが大きい。
自動で2連射する為、射角に気をつけないと2射目で振り向き撃ちが発生する事があるので注意。
腹部から出るため、銃口補正が甘めに設定されている。
残り弾数によっては打ち切って意識してリロードしたいが、正直すぐリロードするためあまり気を揉む必要はない。

ソシエメインと同じく接地判定があり、空撃ちで隙の少ないズサキャンができる。
地走時の振り向き撃ちはソシエメインと違い、他機体のものと同じく滑らずにピタッと止まる。

【射撃CS】ロケットパンチ

[チャージ時間:1.5秒][属性:実弾][強制ダウン][ダウン値:][補正率:--%]
「ロケットパーンチ!」
飛びあがり、右手のウォドムの拳を発射する。当たると強制ダウン。
本作では「MBON」や「GVS」では考えられないくらいチャージが大幅に短縮された。
発射までは遅いがそれでも以前よりは目に見えてすぐ出るように。そして弾速は相変わらず速い。
また、上方向以外への銃口補正が強烈なようで至近距離であれば真下から真後ろの相手ですら撃ち抜く胡散臭い当て方も出来る。
実弾だが射程は無限。しかし誘導は心もとない。
機敏に動くため、並の射撃程度なら引き付けて回避しながら攻撃も可能。
以前は射撃の頼りなさからどんどん混ぜないといけない武装だったが、本作ではメインやサブも優秀で弾がまず切れないのでそこまで依存する必要はないだろう。
よって本作では完全に着地取りやコンボパーツが主な使い所となっていく。

【サブ射撃】メシェー投げ

[撃ちきりリロード:2.5秒/1発][属性:アシスト][掴み][ダウン値:1.5][補正率:-20%]
「メシェー!やるならここだぁ!」
敵に向かってメシェー機のカプルを投擲する。破天荒なコレンだが、流石に原作でこんな酷い真似はしていない。
敵に接触すると抱きついて一定時間拘束。終了後はそのまま落下ダウンに移行する。
接地判定がありズサ可能。一度投げるとメシェーが消えるまでリロードが始まらない。
放物線を描いて対角線の8割ほどまで飛ぶ。敵が遠い時に使うとそれだけ着弾が遅れ、弾が消えるのが遅くなる。
敵機に近づくと腕を拡げるモーションに切り替わり、そこからは時間経過で消滅する。
れっきとしたアシスト属性であるためキャンセル補正はかからないが、見た目と異なり射撃判定のため射撃バリアに防がれる点に注意。
特射使用・後格2段目発生・覚醒技使用で即座に消える。このため拘束からは繋げられないコンボがある。
単純に拘束したい時にも先の仕様は勿論、流れ弾でも被弾すれば消えてしまうので、注意が必要。

本作では弾数が3発→1発へと減り、大幅な弱体化………と思いきやリロードが著しく短縮された。
これまではメシェーが消えないと次弾が投げられなかったため、仕様と噛み合ったスタイルに変更したと言える。
よってむしろ回転率は向上しているとすら言えるだろう。
また、前作よりも上下誘導が向上しており甘い慣性ジャンプや自由落下に真上から刺さる。

アップデートにより弾切れ時でもモーションが発生するようになった。
これによりズサキャンが弾が無くてもできるようになり生存力が上がった。

命中しない場合は素早く消して次を出せる準備をしたいが、消すためには弾数制限がある特射を使用したり格闘を当てる必要があるため積極的に使えるわけではない。

【特殊射撃】通常の3倍!

[撃ちきりリロード:4秒/1発][クールタイム:1.5秒]
「これが戦だぁ!」
ソシエ、メシェーのカプルと連結しロックしている敵に向かって高速移動する。最終話でターンXに突撃した際の再現。
緑ロックでもターゲットに向かって飛んでいく。
敵機に接触すると多少押し込んだ後停止。接触しない場合最大でブーストを2割ほど消費する。オバヒでもモーションは変わらない。
終了時に硬直が無く即座に落下する。
レバー横入れで側面に取り付くような軌道がとれる。BR程度なら余裕避けられる接近手段の主力。
上下にも非常に素早く動くため、近距離から使う分にも優れる。
リロードが始まるまではやや間があるが、リロード自体は早い。

BD格以外の各種格闘にキャンセル可能、移動それ自体が格闘扱いで赤ステできる。
ここからの格闘キャンセルは射撃格闘キャンセルと同様の性質があり、緑ロックから出して緑ロックでキャンセルしても限界まで伸びる。
ただし誘導はないため初段を当てても2段目以降は空振りするし、相手の真上や真下から出すとそこで格闘を振り始めるのも他格闘と同じなので注意。

単純な急速接近系の武装であるが、伸び・誘導は良好。
リロード時間が短く、使用してすぐにリロードが開始されるので回転率が非常に良い。
悪足掻き手段としても悪くはなく、サーチ替えして使うことで緊急離脱する事にも使える。

サブでメシェーが出ている状態で使うとメシェーを強制的に呼び戻して発動する。
この仕様のためサブ拘束→特射で追って追撃は不可能。
特殊射撃から覚醒技にはキャンセルできないため、SAを期待した捻じ込みの時などはステップを一度踏みたい。

格闘

地対地でN・横格を入力すると地面を走るモーションになる。
この時ステップすると接地判定が持続しているため着地硬直なしでブーストが回復する。

ほとんどの攻撃が多段で構成されているので注意。強制ダウンを取ったつもりが非強制だった、という事もある。

【通常格闘】ミンチドリル

殴りつけ→胴突き→ホームランで打ち上げる3段格闘。3段目で視点変更。
全段多段ヒット。一般的な3段格闘よりも威力が高いが、多段なのでコンボは伸び悩む。
伸びも万能機の域を出ないため、確定どころを取るコンボパーツとしての役割が主。
出し切り前なら特格、後格闘へとキャンセル可能。
モーションが機敏になっているため、動かないが結構早く終わる。

出し切りで高く打ち上げてしまうため、覚醒無しでの追撃は多くの場合最速必須。
CS・前格は安定。前ステップサブは緑ロックになるが当てる事が可能。
特射を使えば強引に横・後格闘へと繋げられるが、弾が若干勿体無い。
仮に後派生を最大連打しても、前格>CSと威力がほとんど変わらない。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 殴りつけ 65(80%) 34(-10%)×2 1.7 0.85×2 よろけ
┗2段目 中段突き 126(65%) 16(-3%)×5 2.0 0.06×5 よろけ
 ┗3段目 振り上げ 188(53%) 33(-4%)×3 3.05 0.35×3 縦回転ダウン

【前格闘】ジャンプ叩きつけ

「この窓枠がぁ!」
跳び上がりつつミンチドリルを叩きつける。多段ヒットのバウンドダウン。
最終話でバンデットのミサイルを飛んで躱しつつ頭部にミンチドリルを叩きつけた際の動き。
フワ格の類で緑ロックではその場で攻撃に移って跳び上がらない。接地判定もない。伸びは良好。
バウンドダウンを奪えるので、カット耐性を意識したコンボにも使える。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 叩きつけ 90(79%) 32(-7%)×3 1.71 0.57×3 バウンドダウン

【横格闘】横薙ぎ

横スイングで2回殴りつける。全段多段ヒット。視点変更なし。
初段の伸びが良好。出し切りから大抵の格闘で拾える。

N同様に出し切り前なら特格、後格闘へとキャンセル可能。
アップデートで伸びと発生が強化された。


横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 横薙ぎ 61(80%) 16(-5%)×4 1.72 0.43×4
┗2段目 返し薙ぎ払い 134(65%) 32(-5%)×5 2.77 0.35×3 ダウン

【後格闘】カプル総攻撃

ミンチドリルを突き立てた後、ソシエとメシェーのカプルを呼んで3体で敵を踏みつけ、最後に蹴り飛ばす。
本作でお別れしたソシエを唯一呼び出す攻撃となっており、相変わらず見た目的にも面白い内容。
ヒットと同時に視点変更。初段の伸びは横と同程度。
格闘ボタン連打で攻撃回数増加。ダメージは伸びるが、完全に足を止めるためカット耐性は皆無である。

一般的な掴み技同様に捕縛中に相手が別の攻撃に被弾or爆発すると自由落下に移る。
初段はコレンカプルには珍しく単発ヒットなので、コンボルートによってはダメージ減衰を抑えながら落下に移行できる。

アップデートによりダウン拾いができるようになり半端にダウンした相手に対して無理やりダメージを伸ばせるようになった。

出し切ると半回転ダウンで浮かせるため早めの横ステップで追撃可能。前ステップだと相手の下に潜り込んでしまう。
補正率に対するダメージ効率がよく、出し切れた時のリターンは大きい。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目(1) 突き立て 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 掴み
1段目(2) 踏みつけ 80~120(80%) 6(-0%)×3~11 1.7 0×(3〜11) 掴み
1段目(3) 蹴飛ばし 152~192(65%) 90(-15%) 2.7 1.0 半回転ダウン

【BD格闘】突き

ミンチドリルで一突き。伸びが最も良く、武器も大きいため引っ掛け易い。
浮きが低いため追撃は斜めブーストか前ステップ推奨。
アップデートで伸びが強化されサブへのキャンセルルートも獲得した。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 突き 95(80%) 10(-2%)×10 1.7 0.17×10 ダウン

【特殊格闘】タックル

「GVS」における新規武装。タックルしてから右手に持つミンチドリルを野球のバッターのように放り投げながら振り抜く。
命中時の相手は打ち上げられ、出し切りで強制ダウン。2段目で視点変更。

感覚としてはアヴァランチエクシアの強判定特格と同じで、初段は判定出っぱなしの格闘。前・横・後と同程度に伸びる。
発生も良好で初段、2段目とも敵機のダウン状態の関係上反撃を受け辛い。
生当て、メインからのキャンセル、コンボパーツ、格闘迎撃と使い所は様々。

本機は多くの格闘が多段で構成されているため、〆に持ってくるとダメージが安定し易い。
また、2段目で確実に強制ダウンが奪える点も嬉しい。

特殊格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 タックル 56(80%) 12(-5%)×5 1.75 0.35×5
┗2段目 フルスイング 143(-%) 115(-%) 5↑ 5↑ 強制ダウン

覚醒技

その股ぐらに、ロケットパァァァンチィッ!

N特射と同じモーションで突撃し、ミンチドリルで殴り抜けて打ち上げた後、跳躍したコレンカプルのミサイル2射で更に打ち上げ、最後にロケットパンチ。
ミサイルからのロケットパンチは金縛り状態のターンXに放った攻撃の再現。
ミサイルの動作に入った時点で視点変更する。

初段が当たると最後のロケットパンチまで必ず出し切る。
その為SA相手やダウン追撃など、途中で外してしまった場合の隙はかなり大きい。
反面、覚醒抜けされても攻撃を飛ばし続けるため回避狩りができる事も。期待してはいけないが。

ダメージの大半を射撃で稼ぐためバリアにも注意。
特射と同じく、メシェーが出ている間に使用すると即座に消えるためサブ拘束からの直接追撃は不可能。

極限技 動作 累計威力 F/M/S/E,L
(累計補正率)
単発威力 F/M/S/E,L
(単発補正率)
威力元値 累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 殴り抜け 92/87/80/80(80%) 20/19/17/17(-4%)×5 17 0 0 ダウン
2段目 ミサイル 194/189/186/182(50%) 70/73/74/70(-15%)×2 70 0 0
3段目 ロケットパンチ 294/289/286/282(-%) 200/208/210/200(-%) 200 10?

コンボ

(>はブーストステップ、≫はブーストダッシュ、 はブーストダイブ、→はそのままキャンセル)
特に断りがないかぎりメイン射撃は1発のみの使用を前提

威力 備考
射撃始動
メイン≫NNN 197 最終段カス当たりの割に一般的なBR始動より伸びる
メイン≫NN→後 198 掴み落下かつ↑より威力が伸びる
メイン≫後 209 単純200↑ルート
メイン→特格N 178
サブ≫NNN→CS 250
サブ≫後N→CS 221
N格始動
NN→特N 207 手早くダウン。N→特Nで173
NN>NNN 229 最終段が→後で掴み落下
NN→後N→CS 279
NNN→CS 252 NNN>メインで226
NNN>前→CS 272
???
前格始動
前>NNN→CS 265
前>前>前 212 最後がCSで231
前>後N→CS 282
前>特N 197
???
横格始動
横N→CS 212 手早い
横N>NN→後 222 掴み落下
横N>後N 251
横N>特N 215 手早くダウン。横→特Nで169
横→後N→CS 254
???
後格始動
後N→CS 270
後N>前→CS 302 BD格→CSで307
後N>後N 245~309 両方追加入力なしの時は案外速く終わる。
後N>特N 273
???
BD格始動
BD格→サブ 151 アップデートで可能に。追撃も放置も自由。
BD格>NNN→CS 275
BD格>後N→CS 288
BD格≫BD格→CS 242 BD格→CSで191
???
覚醒中 F/M/E&L
サブ≫後N>覚醒技 321/316/287
NN→後N>覚醒技 345/319/299 NNN>覚醒技で322/305/286
前>後N>覚醒技 354/336/317
横N>後N>覚醒技 351/327/307 最後がCSで319/289/287
後N>後N>覚醒技 371/360/354
BD格>NNN>覚醒技 335/317/295


戦術

ドラゴンやマックスターと並ぶ、地走格闘機の一角として本作では君臨することになった。
640と高耐久ではあるが、それは先の同系統の機体らの例に漏れず「被弾機会が多く移動に癖があるため高めに設定されている」と心得よう。
それら2機と違うのはリロードがとにかく早く、弾切れによって攻撃力が不足する場面がほとんどこないということ。
格闘の判定や打ち合いでも強い要素を持っており、「MBON」しか知らない人間からすればやれることはほとんど同じなのにほぼ別物というすごい操作感となっている。
しかし格闘CSにあった∀の呼出はカプルと同じく消えており、射線作りに関する力は弱まった。

欠点はやはり射撃によって追い回されることへの対抗策の薄さ。
MFよりは射撃回避に関してはフワステが使えるのでマシではあるのだが、どうしても地走なので滑っている最中やズサキャンに刺さることは多い。
全てが実弾なため弾が破壊されやすい欠点もあり、全てが爆発物に近い武装であることから、射撃判定の強さという意味では全機体随一の弱さ。
Ξやペーネロペーといった弾幕機体相手には恐ろしく厳しい戦いを強いられてしまう。
しかし上手く扱えれば見た目に寄らず強烈な格闘から一気にダメージを持っていけるので、エクシアや赤枠とは違う厄介さを相手に思い知らせることもできよう。
2000の近接機らしく闇討ちを基本として、これまでのイメージとは違う強みを得たことで、∀だけではなくコレンカプルも時代を拓けることを見せていこう。

覚醒考察

「戦いの歴史にぃ!終止符を撃つゥ!」

  • Fバースト格闘補正115%、防御補正85%
格闘がダメージソースとなるので当然相性はいい。
有力候補の一つ。

  • Eバースト防御補正70%
半覚抜けにより事故に強くなるが、攻撃補正の無さが難点。
特射が覚醒リロードされることを活かし、守りだけでなく攻めの場面でも使っていきたい。

  • Sバースト射撃補正105%、防御補正85%
射撃や特射のリロードが爆速になる。
ただ、格闘がダメージソースのコレンカプルにとっては微妙な選択肢か。

  • Lバースト補正なし
固定向け。闇討ちの機会を捻出するために相方に暴れてもらう選択肢となる。

  • Mバースト格闘補正107%、射撃補正104%
機動力を上げる安定択。
敵に近づくだけでなく、逃げる用途にも使いやすいと汎用性に優れる。

僚機考察

闇討ちが基本となる上、ダブルロックに弱い機体なので、ロックを集めてくれる機体が望ましい。

3000

2500

2000

1500


外部リンク


コメント欄


名前:
コメント: