ガンダムサンドロック改

正式名称:XXXG-01SR2 GUNDAM SANDROCK CUSTOM パイロット:カトル・ラバーバ・ウィナー
コスト:2000  耐久力:580  変形:×  換装:×
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビームサブマシンガン 50
サブ射撃 マグアナック隊 呼出 4 / レバー入れで性能変化
特殊射撃 ヒートショーテル【投擲】 1
レバー前特殊格闘 特殊移動 - - バリアつき突進
格闘CS ゼロシステム発動 100 - 誘導を切る
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 N
前格闘
横格闘
後格闘
BD格闘 BD中前
特殊格闘 ヒートショーテル【捕縛】 追加入力でダメージアップ
派生 輸送&キック 特前
バーストアタック 名称 入力 威力F/M/S&M&L 備考
ヒートショーテル連続攻撃 3ボタン同時押し 297//


【更新履歴】新着3件

18/11/03 新規作成

解説&攻略

今作では前特殊格闘にGVSの特殊移動が追加。
ONとGVSの良い所取りとなった。

BMGと比較的優秀なアシスト、追撃から始動まで出番の多い特射で機会を伺いつつ高性能な格闘で闇討ちをする機体。
今作高コストのゼロシステムはリロード式になったがこちらは使い切り。代わりに開幕から使える。



射撃武器

【メイン射撃】ビームサブマシンガン

[撃ち切りリロード:??秒][属性:][4hitよろけ][ダウン値:][補正率:%]
格闘寄り相応の性能のBMG。
集弾性良く、ヒットした時によろけを取りやすい。また消されないビーム属性なのも利点。
しかし誘導が弱く銃口補正もそこまでなので、端的に言って当てにくい性能。

リロードはそこそこかつ動き撃ちはこれだけなので高空相手の無駄撃ちなどは避けたい。

【サブ射撃】マグアナック隊 呼出

[撃ち切りリロード:??秒]
変更は特になし?要検証

  • レバーN
[属性:][よろけ][ダウン値:][補正率:%]
BRを3連射。バリア判定有り。
単純に連射を生かした射線形成、ヒット確信メインからのキャンセル追撃に加えバリアを生かした着地保護など出番はそこそこ。

  • レバー入れ
[属性:][弱スタン][ダウン値:][補正率:%]
突進速度や誘導はそこそこだが取り付きからの攻撃発生と範囲が優秀なアシスト。
メインからの追撃はヒット確信から。
咄嗟の迎撃にも使える。

【特殊射撃】

[撃ち切りリロード:??秒][属性:][強よろけ][ダウン値:][補正率:%]
赤熱させたヒートショーテル二本をX字に投擲。
メインやレバサブからの追撃、コンボの始動など出番が多い。
特にメインのよろけから安定してダウンまで持ち込むには必須。

今作ではGVSと同じく、盾やバリアに弾かれると赤熱したショーテルが吹き飛ぶが攻撃判定は無い。

【格闘CS】ゼロシステム

[チャージ時間:??秒][属性:]
今作でも1出撃1回の使い切り。
代わりに開幕から使え、自由なタイミングで攻めや逃げに使うことができる。
特にM覚醒を低コストがスカせるのは非常に大きい。

格闘

【通常格闘】

最終段が受け身可能吹き飛ばしの三段格闘。
初段性能はそこそこだが出し切り後の状況が悪いので前派生か二段目からの特格C推奨。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)
 ┗3段目 (%) (-%)



【前格闘】

発生判定がよく出し切りバウンドダウンの主力格闘。
コンボに組み込むのもNよりこちらで良い。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)


【横格闘】

発生判定が良い横格。コマンドや性能から生格始動はこれか前になりやすい。
出し切りで相手を吹き飛ばす四段格闘。
追撃は可能だが限られる。前派生で切り抜け受け身不可ダウン。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)
 ┗3段目 (%) (-%)

【後格闘】

単発の打ち上げ。特筆する性能はないが一応ダウン値ギリギリの火力伸ばしにはこれ。
射撃派生が存在する。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)

【BD格闘】

格闘寄り機体として平均的なBD格。
壁際や建物に敵機が引っかかると二段目の発生が早くなったり透かしたりする。
効率が良い為使う場面は多い。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)

【特殊格闘】

発生が早く出し切り火力が高い掴み格闘。
連打で中途のダメが増加する。
前派生で少し前進し蹴り飛ばす。


特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)

【前特殊格闘】特殊移動

射撃バリアありのショーテルを前に突き出しながら突進。
GVSの特射。今作では弾数制限がなくなったが、オバヒでは出せなくなった。
ここからの格闘は伸びが強化される。
この手の特殊移動が弾数無限というのは大変大きなアドバンテージなのでぜひとも生かしたい。

ただアメキャン等が無いため布石にはやや使い辛い場面も出る。

バーストアタック

ヒートショーテル連続攻撃

ショーテルと蹴りによる連続攻撃。
最後は大きく打ち上げてからの斬り下ろしで、特徴的なSEも引き続き健在。
ある程度動くためゲロビなどを置かれない限りはカットされる可能性は低い。

極限技 動作 威力 F/M/S&E&L
(補正率)
ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)


コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
メイン始動
???
N格始動
???
前格始動
???
横格始動
???
後格始動
???
BD格始動
???
覚醒中 F/E/S/L/M
??/??/??

戦術


EXバースト考察

  • Fバースト
前特→各種格闘の動作がとてつもない速度と伸びになる。これはMには無い利点なので選ぶのであればこれを使いたい。
またBMGからの格闘ルートも単純だが強く段数が多い格闘や多段の覚醒技とのシナジーもある。
今作から単純な速度上昇とBG回復がEと並んだ事には注意。

  • Eバースト
20としては選びたくない。

  • Sバースト
アメキャン等の追加は有るがメインとの相性がやや悪い。
ダメージソースが格闘で有る点、逃げ目的なら他で良い点からも選ぶ機会は少ない。

  • Lバースト
20後衛の新たな選択肢。相方FSMをぶん回す構成や相方とLLで両機の覚醒を回す構成がある。
サンドロック自体の圧が抑えめなのでLLよりはMLなどが合う場合が多い。

  • Mバースト
BMGが押し付けられる足回りを獲得する覚醒。
格闘も当てやすくなるが格闘の伸びなどには影響が無い、又は薄いためしっかりBDで接敵してから。
攻めっ気を残しつつ逃げにも使える為Eと違って選びやすい。

僚機考察

3000

2500

2000

1500


外部リンク


コメント欄

  • 耐久17で根性補正込のL覚覚醒技で320確認 -- 名無しさん (2018-11-09 01:47:46)
  • 前特格→サブ→前特格→サブのループブースト有る限りできた -- 名無しさん (2018-11-21 10:24:01)
  • 気のせいか分からんけど前作n格前派生射撃派生の射撃派生だけできないです -- 名無しさん (2018-11-21 10:50:56)
  • n格前派生射撃派生の射撃派生の存在を確認しました -- 名無しさん (2018-12-04 13:26:07)
名前:
コメント: