グレイズ・アイン

正式名称:EB-AX2 GRAZE EIN  パイロット:アイン・ダルトン(ボイスのみ)
コスト:6000  耐久力:  変形:×  換装:×  
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃1 肩部格納式40mm機関銃【片側】
射撃2 肩部格納式40mm機関銃【両側】 足を止めて拡散連射
射撃3 肩部格納式40mm機関銃【移動斉射】 特殊移動しながら連射
射撃4 専用大型アックス【投擲】
射撃5 専用大型アックス【2本投擲】
射撃6 特殊移動 ジグザグに移動しながら接近。機関砲派生あり
格闘 名称 入力 威力 備考
格闘1 専用大型アックス 5段格闘
格闘2 キックコンボ 初段が早い
格闘3 ドリルキック 多段ヒット
格闘4 X字斬り
格闘5 ジャンプ斬り
格闘6 スピン斬り
格闘7 パイルバンカー 397 掴み技。

【更新履歴】新着3件

18/11/03 新規作成

解説&攻略

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第1期最後の敵「グレイズ・アイン」がCPU専用ボスとして参戦。
ギャラルホルンがグレイズ・フレームをベースとして秘密裏に開発していた阿頼耶識システム研究用の実験機。
パイロットは瀕死の重傷を負い、阿頼耶識システムの施術を受けてMSと同化したギャラルホルンのパイロット「アイン・ダルトン」。
なおボイスはあるものの、パイロット名及びパイロットグラフィックは表示されず、覚醒時も機体のカメラアップのみでパイロットカットインは存在しない。
恐らく「手足の無いアインの上半身がコクピット内部で固定されている」という絵図がグロテスクすぎるからかと思われる。

全長22メートルとボス機としては小柄な代わりにBD・ステップ完備と、スーパーアーマー持ちMSと認識したほうがいい相手。
似たようなサイズであるヴェイガンギア・シドとは異なりヒットストップの影響を受けず、多段ヒット攻撃をものともせずに突っ込んでくる。
出現時には、エリアの「外側」から出現する他のボスとは異なり、原作同様、「上空」から降りてくるようになっている。
また、覚醒すると、頭部にあるグレイズ特有のマスクが降り、その奥から赤い目が露出する。

射撃武器

【射撃1】肩部格納式40mm機関銃【片側】

肩が展開し機関銃を発射。移動しながら発射可能。背後にも撃てる。
誘導はないが、ガーベラ・テトラのメイン同様やたらと拡散する。
下記の機関銃にも言えるが、弾が小さく、視認しづらい。

【射撃2】肩部格納式40mm機関銃【両側】

両肩が展開し機関銃を発射する。慣性を乗せた滑り撃ちをしてくる。
射撃密度が濃く、射撃1や射撃3よりも大ダメージを受けやすい。

【射撃3】肩部格納式40mm機関銃【移動斉射】

横方向に移動してから射撃2と同様の機関砲連射。
移動の具合はトールギスIIのサブに似る。

【射撃4】専用大型アックス【投擲】

大型アックスを投げつける。
よくある弾数無限系飛び道具の挙動。

【射撃5】専用大型アックス【2本投擲】

2本の大型アックスを前方に投擲。
こちらはサンドロックのショーテル投げとほぼ同じ挙動。
喰らうとしばらく機体にアックスが刺さったままになり、おそらく鈍足効果がつく。

【射撃6】特殊移動

「この反応についてこられるか!」
側面に大きく動く特殊移動。
この動作の末端で射撃2や射撃3を行ったり、前進しながら機関砲を撃つモーションあり。

格闘


【格闘1】専用大型アックス

アックスで右→左→右の順番に繰り出した後、蹴り上げ→アックス投擲を繰り出す5段格闘。
CPUは虹ステを踏めるため、これでコンボを仕掛けてくる可能性もある。

【格闘2】キックコンボ

足払いから回し蹴りに繋げる連続攻撃。
2段目から虹ステコンボを狙ってくる可能性が高い。

【格闘3】ドリルキック

つま先を回転させながら前蹴り。原作でラフタの漏影を破壊した技。
多段ヒットする。伸びの勢いは凄まじいが、攻撃判定を出し始めると途端に急減速する。

【格闘4】X字斬り

2本のアックスを交差させ切り裂く。

【格闘5】ジャンプ斬り

飛び上がり、真上からアックスを振り下ろす。
原作でアジーの漏影を破壊した技。
跳躍と落下速度が非常に早いが、前進距離はさほどでもない。

【格闘6】スピン斬り

その場で回転しながら自機周辺を薙ぎ払う。

【格闘7】パイルバンカー

頭を掴んで腕部パイルバンカーで貫く。
原作でシノの流星号やバルバトスのレンチメイスを破壊した技。
覚醒中に食らうと一瞬で400近いダメージを叩き込んでくる文字通りの必殺技。

VS.対策

近距離だけでなく中距離でも一気に間合いを詰めてくるので、格闘を振ってきたら攻撃をやめ、距離を置くことに集中しよう。
一度近付かれてダウンさせられると、そのまま「格闘→ダウン→格闘…」とされて何も出来ずに倒されてしまいやすい。

外部リンク