ガンダムAGE-1

正式名称:AGE-1 GUNDAM AGE-1 パイロット:フリット・アスノ
コスト:2000  耐久力:580  変形:×  換装:○
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
ガンダムAGE-1 ノーマル タイタス スパロー

【更新履歴】新着1件

16/03/14 新規作成

解説&攻略

『機動戦士ガンダムAGE』第1部「フリット編」の主人公機が引き続き参戦。パイロットはフリット・アスノ。
胸部の「A」のマークのセンサーのコアユニットに生物の進化を機械に応用した「AGEシステム」を搭載した進化するMSである。
戦闘中に収集したデータからシステムが提案した設計図を、専用の工作機械「AGEビルダー」を通して武装や「ウェア」と呼称される換装パーツが製造することで自己強化を図る。
本作ではその中でTVシリーズで登場した「タイタス」「スパロー」の2形態へと換装が可能。
AGEシステムにより「ガフラン」との戦闘データを基にしてノーマル形態で装備しているドッズライフルが、
そのドッズライフルが効かない敵「バクト」の出現に対しその装甲すら砕くパワーをというオーダーでタイタスが、
スピードで勝る敵「ゼダス」の出現に対し圧倒的な機動力をというオーダーでスパローが作り出された。

前作から各武装やコマンドにも調整が入っている。使用感は『Versus』に近い。

3つの形態をいかに使いこなすかが明確な勝利の分かれ目となるだろう。
逆に、どの形態だろうと「使いやすいから」と一つにこだわっていると、この機体である必要性を失うので注意。
なお武装のリロードは他形態換装時でも行われる。弾数節約(特にノーマル)のためにも全形態回すのは必須である。
打ち切り武装はちゃんと使いきってから換装する癖をつけよう。

勝利ポーズは形態により変化、換装コンボである覚醒技ならフィニッシュの瞬間の形態でポーズが決まる。

敗北ポーズは1種類のみ。ノーマル形態でメインスラスターから煙を吹き、各部が損傷した状態でうつ伏せに浮いている。
アニメ36話でAGE-1フラットが中破したシーンに似ている。


戦術

基本形態のノーマル・火力形態のタイタス・機動形態のスパローの3つを相互換装して戦う機体。
射撃戦が出来るノーマルで相方の援護や迎撃を行い、隙を見てタイタス、もしくはスパローで闇討ちを狙うのが基本のパターンとなる。

ステージや僚機、敵機、そして自身のプレイスタイルを考慮して、的確な換装を心掛ける事が救世主への第一歩となる。
どの形態も個性が際立っており、一つだけで戦っても一応それらしく戦えるので、どれか一つだけを極めたい気持ちになりがちである。
しかし換装機である以上、一つにこだわっていると戦術が大きく狭まる。というかこの機体を使う意味がない。
換装出来るという長所を意識して、全ての要素を的確に活用したい。
格闘戦の比重が大きくなるので、接近戦の立ち回りは覚えておこう。

EXバースト考察

「命は…おもちゃじゃないんだぞ!!」

  • Fバースト
攻撃補正105%、防御補正85%
タイタス、スパローとの相性が良い。特にタイタスの爆発力は凄まじいものがある。

  • Eバースト
攻撃補正100%、防御補正70%
半覚で覚醒抜け出来るので先落ちのリスクを回避しやすくなる。が、覚醒としての爆発力に乏しい。
低コ格闘機の常として事故確率が他低コよりも高く、換装している時間が一番長くなりやすいスパローは自衛面が不安定なので選択する価値はある。
先の通りFバーストでもスパローメインだと火力が伸ばしづらいため、爆弾戦法を取らず堅実にいくならばこちらも一考すべき。

  • Sバースト
攻撃補正109%、防御補正85%
こちらはノーマルでの恩恵が大きい。メインの連射や青ステ、メイン落下で安定した攻めが可能となる。とはいえこの機体で射撃が強化されたところでたかが知れているので非推奨。

  • Lバースト

  • Mバースト
攻撃補正102%(格闘)105%(射撃)、防御補正100%
全形態に対しバランスの良い覚醒。とはいえ基本的に使うならスパローかタイタス。

外部リンク


コメント欄

名前:
コメント: