ペーネロペー

正式名称:RX-104FF PENELOPE パイロット:レーン・エイム
コスト:3000  耐久力:  変形:×  換装:△
総論 ペーネロペー オデュッセウス
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビーム・ライフル
射撃CS メガ粒子砲【横薙ぎ払い(左腕)】 -
格闘CS メガ粒子砲【縦薙ぎ払い(右腕)】 -
サブ射撃 ファンネル・ミサイル
特殊射撃 メガ粒子砲【照射】/メガ粒子砲【移動撃ち】 レバーで変更
特殊格闘 特殊移動 - - 様々な行動をキャンセル可能
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 左斬り上げ→右斬り上げ→X字逆袈裟 NNN
派生 斬り抜け→ビーム・キャノン NN前射 低火力・受け身可能打ち上げ
派生 4刀流滅多斬り NN後N 高火力な滅多斬り
前格闘 X字斬り抜け 単発特殊ダウン
横格闘 右逆袈裟→右斬り上げ→ヘッドバット 横NN 標準的な3段
後格闘 右斬り上げ→2刀突き刺し&ファンネル・ミサイル 後N デスコンパーツ
BD格闘 右突き→左斬り払い BD中前N そこそこ伸びる
派生 宙返り斬り抜け BD中前後 特殊ダウン
特殊 名称 耐久 備考
特殊武装 ペーネロペーユニット 280 - ダメージと同数値減少
0になるとオデュッセウスガンダムに強制換装
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
一斉射撃 3ボタン同時押し 4本のゲロビとミサイルの一斉射出
威力は補正なしのもの


【更新履歴】新着1件

18/10/26 前作wikiからコピーする形で新規作成
18/11/23 今作の変更点に一部修正

解説&攻略

富野由悠季の小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場する、キルケー部隊の「レーン・エイム」が駆るライバル機。
Ξガンダムと異なり、作中ではガンダムの名残があるとしか説明はなく、ガンダムとしては扱われていない。



射撃武器

【メイン射撃】ビーム・ライフル

[常時リロード][リロード:?秒/1発][属性:ビーム+実弾][BR:よろけ、ミサイル:ダウン][ダウン値:BR?、ミサイル?][補正率:BR-??%、ミサイル-??%]
少し太めのBR。連動でミサイルを2発発射する。サブ・特射・特格にキャンセル可能。
発生が普通のBRより遅くBM等より早い独自の設定がなされている。この為相討ちの際に負けやすい。
メイン射撃に連動してミサイルが発射される。
腕から機体半分離れた位置から射出されるため、BR部分と同じ強さの銃口補正が掛かり、ゆっくりと相手の方向へ向かっていく。

その性質から近距離のズンダ2発目のよろけ時に1発目の後続ミサイルを時間差で命中させることが可能。
そのためメインヒットが確定した時、2発に留めておくと後はミサイルが勝手にダウンを取ってくれる。
これを活用すると、メインの節約と時間差でダウンを取る間にもう一方の敵への片追いを一挙に行える。
ただしミサイルは実弾属性のため、かき消されることも多々あるので注意。

総合的に強力なメイン射撃であり、ペネの基本にして主力となる武装。もちろんSバーストとの相性も抜群。
弾数多めとはいえ、メインに依存しやすいので残弾管理には気をつけよう。

密着で当てるとBRとミサイルが同時ヒットしやすくコンボの〆としても強力。
BRヒット→ミサイル2発同時ヒットで150

今作にて連動ミサイルに下方修正が入った。
まず、速度が低下。同世代のΞに比べると若干性能は良いが、格闘間合い近辺でもメイン射撃ヒットからの連動ミサイルはガードできてしまう。
次に発射場所が密着ではなくなり、対格闘機で起こる機体側面でのラッキーヒットがなくなった。

主力ではあるが、特射系でダメージをとれないとジリ貧になってしまう。


【射撃CS】メガ粒子砲【横薙ぎ払い(左腕)】

[チャージ時間:??秒][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:??][補正率:%]
左腕のメガ粒子砲で左側から右方向へ放つ、ローゼンの射撃CSのような広範囲薙ぎ払い。単発ヒットで非強制ダウン。
ローゼンやスモーなどの同系統の武装と違い少し慣性が乗るのが特徴。発生はやや遅めな点に注意。
近距離戦の要で、置いておく感覚で撃つと結構引っかかる。単発130ダメージとリターンも十分。
仕様上、ローゼンとは違い左方向への薙ぎ払いはできないので少し攻撃に制限がかかってしまう。

入力上、溜めやすいがメインサブが撃ちづらくなるため考えた運用が必要。
メインで追いつつチャージし、敵の着地やズサキャン前後で薙ぎるなどといった狙い方はできる。
生当てで赤ダウンだが、吹き飛び方の都合上追撃はダウン追撃になりがち。

単発130ダメージのため、今作で多い3025コンビのコスオバ狩りに大きく貢献する。

【格闘CS】メガ粒子砲【縦薙ぎ払い(右腕)】

[チャージ時間:??秒][属性:ビーム][弱スタン][ダウン値:??][補正率:-??%]
右腕のメガ粒子砲で射撃CSと同じ太さのビームを縦方向に振り下ろす。今作からスタン属性に変更。
イメージとしてはエピオンの前サブが射程が長くなり火力も上がったようなもの。

こちらは特格との併用がしづらいが、メインを撃ちながら溜めやすい。射撃CSと違いスタン属性なため追撃が安定するのも特徴。
メインキャンセルで弾の節約、軸を合わせて直接当てに行く、高跳びを狩るのが主な用法。
発生がイマイチで射程も特別長いわけではないので多用するものではないが、前向きに考えるなら起き攻めに組み込んで相手を混乱させたい。

【サブ射撃】ファンネル・ミサイル

[撃ちきりリロード][リロード:??秒/3発][属性:ファンネル/実弾][ダウン][ダウン値:][補正率%]
足を止めずにファンネル・ミサイルを6基展開する。
振り向きメインからサブにキャンセルで自由落下(空撃ちキャンセル不可)。
リロードは展開した3組目を発射した瞬間から。

メイン同様に基本的にΞのサブを元にした武装だがこれも強化版と言える。
取りついてからの突進が素早く、突進時の飛距離や誘導性も向上している。
取り付きからミサイルが突っ込むというよりはビーム並みの速度なので、どちらかと言うとストフリのドラに近い挙動。
弾数多めで足が止まらずリロードも速いため弾幕としてどんどん使って敵を動かそう。
内部硬直がかなり短く、盾仕込みや他の行動に繋げやすい。

特格キャンセル可能。

【特殊射撃】メガ粒子砲

[常時リロード:14秒/1発][属性:照射ビーム]
本作では撃ち分けが可能になった。
威力と押し付けのN、引っ掛けの横とわかりやすい構成。

【N特殊射撃】メガ粒子砲【照射】

[ダウン][ダウン値:][補正率:%]
両腕部からメガ粒子砲を発射。ミサイルは付随しない。
メインからキャンセル可能でキャンセル補正なし。特格キャンセル可能。
恒常的に撃てる高火力ゲロビとしては破格の発生速度を誇る。
発生や火力だけなら並ぶものもあるが、両立している点で優れている。
今作ではさらに発生、弾速が強化された。
メインやサブで攻め立てた後の着地取りや、高機動高発生を生かした押し付けなど幅広く使える。
メインサブを主軸とするかこちらをコンスタントに狙っていくかでこの機体の交戦距離が変わる。

事故狙いで置いておくより、中距離以近で高飛び狩りや格闘迎撃など銃口補正に頼った方が当てやすい。
本作では移動撃ちの汎用性が高いためやや使い道が薄れたように見えるが、単機をしっかり狙う時はこちらが優秀。
威力は230程度と横特よりも上。

【横特殊射撃】メガ粒子砲【移動撃ち】

[ダウン][ダウン値:][補正率:%]
特格の移動行動のように少し回転してからメガ粒子砲を3WAY照射。入力した方向に移動する。
所謂移動ゲロビではなく、特殊移動と拡散ゲロビの複合コマンド。
引っ掛け性能が高いだけでなく、敵の攻撃を避けながら撃てるカウンター技としての側面も大きい。撃つまでの発生は若干遅いが弾速は明らかに早いため、近距離で当てるのにも有効な手段。

高性能の反面、3WAY照射のため味方に誤射してしまうところがこの武装の唯一の弱点である。ゴトラタンなどの拡散ゲロビと同じく相方を間違えて撃墜しないように注意しよう。
威力は190程度なので、硬直差しはNを使おう。

【特殊格闘】特殊移動

レバーの入れた方向にクルッと1回転して身を翻す。レバーは4方向に対応しており、斜め方向(テンキーでいう1379)に動くことができる。
レバーNの場合は左斜め上(テンキー7)に移動する。誘導切り効果はなくブースト0では出せない。
慣性が乗り、移動後の位置は移動始めより若干高度が上がる。イメージは試作一号機の横特格に近い。
大半の攻撃をキャンセルで出せ、さらにそこからBR、サブ、特射(キャンセルが早いとBDに化ける)、格闘(BD格以外)にキャンセル可能。

動きに小回りを利かせられる重要な移動技。
前(斜め前)や後(斜め後)入力で距離も調節できるので、特に下がりながら撃つ際に使い勝手が良い。
誘導は切らず高度が上がってしまい、さらに入力した瞬間にブーストを10%弱ほど消費し(ステップと似たような感じ)、
動作中にブーストを消費し続けるためやや燃費が悪いので乱用すると痛い目を見るが、被弾率を抑えるためにもなるべく活用したい。
特格の動作が終わった後にメインキャンセルで落下するので、これを利用して高度を調節しよう。
メインを出し切る前にキャンセルしてしまうとブーストを無駄に消費してしまうので発生には注意しておきたい。
またキャンセルルート上、各種コンボの繋ぎとしても使えなくはない。格闘コンボに使う場合は虹ステと違い誘導は切れないがサーチ替え対応なことは利点か。

本作では本機以外のミサイル系の誘導が向上している都合、足回りにこれを使うと蜂の巣になりかねない。
対純粋格闘機などには多用できるが、それ以外の相手にはステップのほうが優秀なので注意。

特格キャンセル不可能な攻撃
  • 射撃CS
  • 格闘CS
  • 各格闘の2段目以降の空振りモーション(通常格闘前派生1段目/後派生1~4hit目、後格闘2段目以降も含む)

格闘

両腕部ビームサーベルの二刀流で攻撃を行う。抜刀状態なし。
誘導部分と1段目の空振りモーション、及び大半の格闘の命中時に特格キャンセルが可能。

【通常格闘】左斬り上げ→右斬り上げ→X字逆袈裟

標準的な3段格闘。3段目に視点変更あり。
N格らしくコンボパーツと考えて問題ないが、3段目が2ヒットなのでレシピには注意(カスヒットで威力が下がる)。
2段目から前ステでメインに遅めに繋ぐとBRとミサイルが同時ヒットしやすくダメージが伸びやすい。

【通常格闘前派生】斬り抜け

斬り抜け1段。更に射撃派生可能。視点変更あり。
前作やFB家庭用よりダウン値が下がり、コンボに組み込んでもカスヒットしにくくなった。

【通常格闘前派生射撃派生】ビーム・キャノン

肩部上端のビーム・キャノンで打ち上げる。
今作から前派生のダウン値低下のため強制ダウンしなくなった。
強制ダウンさせるにはもう1発追撃を加える必要があるので注意。

【通常格闘後派生】4刀流滅多斬り

後派生で4刀流滅多斬り。視点変更あり。
あまり動かず長めだがダメージは出る。
OH時に障害物などがあると取りこぼし、反撃確定となるようになった。


【前格闘】X字斬り抜け

サーベル2本をハサミのように交差させ接近、サーベルを振りぬき相手を真上に打ち上げる。
単発hitで、伸び、発生が良く、接近技に近い格闘として扱えるが、あくまで射撃機体での話。
でっぱなし格闘や格闘機の横格とは分が悪い。

メイン→特格からキャンセルで出すなど視界をかく乱させてから仕掛けたい。


【横格闘】右逆袈裟→右斬り上げ→ヘッドバット

ビームサーベルで2回斬り、ヘッドバットで敵を吹っ飛ばす。3段目に視点変更あり。
3000コストの横格にしてはやや力不足で伸びもあまりよくなく自分から差し込める性能ではない。
横格らしく回り込みと赤ステップを活かそう。特格キャンセルでさらに回り込みを活かす機動にも。


【後格闘】右斬り上げ→2刀突き刺し&ファンネル・ミサイル

斬り上げ→サーベルで串刺し→ファンネルミサイルで追撃。受身不可ダウン。串刺しから視点変更あり。
2段目が高威力、初段の伸びが悪い、などからコンボパーツが主な出番。
全く動かないのでカット耐性は劣悪。


【BD格闘】右突き→左斬り払い

右手のサーベルで串刺し→左手で斬り払いの2段。
今作から2段目の浮きが緩くなり追撃しやすくなった。
前ステでメインやN格に、789BDCでBD格に繋がる。
初段から後派生可能。

【BD格闘後派生】宙返り斬り抜け

宙返りしてから斬り抜ける。視点変更あり。
この宙返りは左斜め後入力と右斜め後入力で方向を指定できる。
指定方向にそこそこ大きく動けるが、誘導切りはない。

後ステで安定して追撃可能。
後方向への特格でも安定するがステップで繋ぐ方が無難。
BD格にも繋げられるが誘導は切れず、威力も伸びないので必要性は薄い。


特殊

【特殊武装】ペーネロペーユニット

[属性:換装]
「身軽になった分、こちらの方が速いはず!」
オデュッセウスガンダムに外付けされた大気圏内飛行用オプション。
被弾する毎に受けたダメージと同じ値だけ消費していき、0になるとオデュッセウスガンダムに強制分離する。


バーストアタック

一斉射撃


極限技 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
威力元値 累計ダウン値 単発ダウン値 属性
メガ粒子砲【照射】 (%) (-%)
ミサイル (%) (-%)


戦術


EXバースト考察

  • Fバースト
特格キャンセル格闘などがあり、射撃機体であるため、使うメリットはオデュッセウス時の格闘が伸びることぐらいだが、
L覚醒で僚機が多くゲージを分配してくれる可能性もあり、使うメリットは薄い
  • Eバースト
事故編成時などでのフォローに使えるが、それならばSを選びたい。どうしても相手の編成に自信がない際は選択肢。
  • Sバースト
そこそこ優秀なメインを持つペーネロペーとの相性は当然ながら抜群。
強力な弾幕で敵を圧倒できる。最悪オデュッセウスの場合でも射撃の手数が増え、ステサブメインなどは目を見張る性能。
とはいえ基本的にどちらがこの覚醒の強みを活かせるかと言えば、言うまでもなくペネ形態で、情勢を優位にしたいところ。

  • Lバースト
流行しているが本機にはあまりマッチしない。
味方がLL覚醒に大幅なメリットを感じ、こちらが後衛をする際のみ。

  • Mバースト
攻めにも守りにも使える万能覚醒。3000のシャッフル事故で前衛後衛どちらにもマッチするが、できればペーネロペーの状態で使いたい

僚機考察

3000

2500

2000

1500


外部リンク


名前:
コメント: