エクストリームガンダム ゼノン-F

正式名称:EXTREME GUNDAM type-LEOS XENON FACE パイロット:レオス・アロイ
コスト:2500  耐久力:650  変形:×  換装:○(極限進化)
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
エクストリームガンダム type-レオス ゼノン-F進化状態 極限進化状態

進化状態

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 レオスショット 1 60 太めの光弾
CS 気合でレオスショット - 80 スタンする光球
サブ射撃 爆雷球 2 80 一定距離で爆発
特殊射撃 無重力ダッシュ 2 - 弾数制特殊移動
特殊格闘 極限進化発動 100 0 与/被ダメで弾数上昇、ゲージ最大で極限進化形態に換装可能
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 タキオンスライサー NNN 179 電気を纏った大剣で斬る
派生 特盛レオスナックル N→特
NN→特
255
273
打ち上げて百裂拳
前格闘 突き 94 単発高火力
横格闘 滅多斬り 横NN 260 3入力7hit格闘
派生 特盛レオスナックル 横→特
横N→特
横NN(2)→特
250
265
286
N格と同様
後格闘 ジャンプ突き 85 ピョン格闘
BD格闘 回転突撃 BD中前 111 ドリルの様に突き進む
バーストアタック 名称 入力 威力
F&E&L/M/S
備考
EXA・フルバースト 3ボタン同時押し 258/276/293 幅の広い照射ビーム

【更新履歴】新着1件

16/06/03 新規作成

解説&攻略

随時情報募集中
エクストリームガンダムの格闘進化形態。背部の脚部にバーニアが追加実装されているのが特徴。
主にドモン・カッシュの影響を大きく受けており、機体の操作系統もモビルトレースシステムと同様のものへと変わる。
武装も射撃武装は最小限の装備に収まり、主に徒手空拳やサーベルといった近接武装で戦う。

その名目通り、近接での攻めに特化しているガン攻め格闘機。
相変わらずズサキャン・後格キャン・後特射を生かした変則的な機動力を生かして戦う。
理想の流れとしてはゲージが溜まるまでにこの形態でいかにダメージを取れるか、という自然な流れで極限へ移行すること。

2形態を余すことなく活用していたゼノンにとっては相変わらず退化なしは痛い変更要素のままだが、前作と本作の調整によりその差もそれなりに詰まっている。
立ち回りにおいて相手を撹乱させる力は進化状態の方が強いのは相変わらず。
しかし現状は極限状態に迷いなく移行し、搦め手と優秀な初段性能を活かした戦いに移行する方が総合的には楽。

一応進化落ちなしという特徴を利用し、先落ちならば進化状態で1落ち目を過ごし、次の出撃時に極限へ移行するという作戦もあり。
ただし全盛期のような押しの強さはないため、長時間の進化形態はあまり宜しくないというのが実情。
後格→CSループは相変わらず強行動ではあるが、それのためだけに進化形態を維持するのは下策。
色々向かい風ではあるが、勝利のためにはこの形態を極限進化までに活用出来るようにしよう。



射撃武器

【メイン射撃】レオスショット

[撃ち切りリロード:1秒/1発][属性:弱ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
足を止めて手から火球を飛ばす。弾はそこそこ大きい。小さな打ち上げダウンで近距離なら追撃可能。
リロードと銃口補正は良いが、弾速が遅い。押し付けるというよりは硬直や着地を取るための射撃。
サブ、特射、特格、後格にキャンセル可能。
弱ビーム属性という珍しい攻撃属性を持っており、ビームは互いにすれ違うが実弾とかち合うと消えてしまう。

主な用途は硬直取り、CS・サブからの追撃など。
あまり曲がらないが、着地取りとしてはCSより優秀。
前述の通りズサキャンが可能。

【CS】気合でレオスショット

[チャージ時間:1.5秒][属性:弱ビーム][炎上スタン][ダウン値:][補正率:%]
「獅子咆哮ォオ!!」
足を止めて大きめの火球を飛ばす。名称はガンダムエースによるもの。
サブ・特射・特格・後格へキャンセル可能。CSだがキャンセルルートが豊富。

ダウン値は1.7と格闘初段なみに高めだが、発生が優秀で弾速もそこそこあるため逃げる相手には優秀。
判定も見た目通り中々大きく、至近距離での押し付けが可能。
加えて後格、特射へのキャンセルでフォローや追加攻撃も可能とかなり優秀。
ゼノン1を生かすにはこの武装を最大限扱いこなしたい。
また、後格→CS→特射→後格…などとキャンセルルートを駆使して逃げるのにも使える。

前作から続いて実弾属性なので何かに触れると壊れてしまう。射撃戦のインフレが激しい今作では自身の射撃が通らないのは非常に苦しいところ。極限もそうだが悠長に射撃戦に付き合っていけるような武装は何一つないので、この仕様は非常に辛い。
弱スタンではダウンが取れないが攻め継に使える。転ばせたいならメインで追撃しておこう。
CS→サブ≫メイン(≫メイン)などサブをメイン後の吹っ飛びに合わせて置いておくと疑似ズンダも可能。

【サブ射撃】爆雷球

[撃ち切りリロード:3秒/2発][属性:][スタン][ダウン値:][補正率:%]
スタン属性の雷球を生み出し敵の後方へ射出する。
タキオンのそれを小さくしたようなもの。
一定距離進むと広がってスタン空間を形成。
実弾を一方的に消せるので、ヘビーアームズなどの実弾主体が相手なら取り敢えず撒いて損は無い。
特射、特格、後格へキャンセル可能。

敵の後方へ置くような形となるため、単純な直当ては不可能。起き攻めなどで敵の動きを制限・トラップ的な使い方に。
レバー入れで配置位置を操作可能。移動方向を予測して撃てば意外と当たってくれる。
一見爆風のようだが、自分には当たらない。味方には当たるので注意。

地面や障害物に当たるとその場でスタン空間の形成を行うため、ダウン中の相手の上空から射出することで嫌らしい起き攻めが可能。
相手の吹っ飛び位置を予測できればメインから当てるズンダのように使えなくもない。

【特殊射撃】無重力ダッシュ

[撃ち切りリロード:6秒/2発][属性:特殊移動]
高速移動。赤枠やタキオンのダッシュのような感じ。誘導は切れない。
ブースト消費があるが、速度と距離の面からみると燃費はいい。虹ステ可能で弾数制。
レバー左右入力で左右斜め前方に、そしてゼノン1のみ後入力での後ろ移動も可能。

メイン・サブ・特射・特格・各種格闘と、要するに全行動へキャンセル可能。

後ろ方向への移動や連打も可能で、攻めに逃げにトリッキーにと使いやすいダッシュ武装。
ただゼノン2時と違い、近接でここから当てに行ける武装は少ない。
とはいえゼノン2と違って専用格闘が無いので、そのまま伸びのいい横で奇襲したり、後格で飛び上がってフェイントをかけたり、CSでさらに翻弄したりと多彩な動きが可能。
リロードはそこそこ速いので、1発使ったら撃ち切っておこう。

【特殊格闘】極限進化発動

[特殊リロード:2秒/1カウント][属性:換装][炎上スタン][ダウン値:][補正率:%]
ノーマル時と同様相手にダメージを与えたり被弾すると弾数ゲージが増加する。
進化状態では弾数がフルになっても自動進化ではなく、手動入力で極限進化を行う。

進化時に炎上スタンの波動が出現する(威力0)。また進化時にスーパーアーマーあり。
発動中に射撃ガードが付いてる模様?要検証

波動が発生した瞬間にCSCすることで、極限進化せずにスタン波動だけを発生させることが可能。通称:極限詐欺。
起き攻めなどには使えるか?

進化した際の機体詳細はこちら
エクストリームガンダム ゼノン-F 極限進化状態

格闘

タキオンフェイズのような巨大ビームソードと拳で格闘を行う。
全射撃武装からキャンセルで出せる機敏に動く後格により、多角的な動きで相手を攻め立てることができる。

最大火力は極限状態より高く、特格派生を絡めれば、覚醒なしで300を超える火力を叩き出すことも可能で、一度出し切りコンボを出せれば相手の体力調整を崩すことも容易。
しかし、その分カット耐性を大きく犠牲にしており、視点変更がある格闘も多いためサーチ替えによる状況判断もし辛い。
火力はこちらの形態のほうが上だが、それだけに固執して進化形態のままでいるのはあまりよろしくない。また、短時間でまとまった火力を出すのは苦手な部類なので、戦況に応じて極限進化のタイミングを見計らおう。

【通常格闘】タキオンスライサー

やや動作が緩慢な3連斬り。3段目に視点変更あり。
威力は高いが動作が遅い。
1~2段目から特格派生で特盛レオスナックル。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)
 ┗3段目 (%) (-%)

【前格闘】突き

伸びる単発の突き。出てしまえばNT-Dバンシィの特格を潰せる程の判定の強さ。
今作からHIT後から急速に失速するためカット耐性がない。
N・横格出し切りからの追撃に使える。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 突き (%) (-%)

【横格闘】滅多斬り

「お前には過ぎた機体だ!」
タキオンスライサーを連続で振り回して相手を滅多斬りにする。
そこそこ伸びる主力格闘。ただし、かち合いにはそこまで強くない。1hit→3hit→3hitの計7hit3段格闘。2段目から視点変更あり。
全段から特格派生可能。
初段は1hit目、二段は4hit目、三段は6hit目から派生に移る。

出し切りから前格が繋がる。
直当て出し切りのダメージが非常に高いが、動かない&強制視点変更のためカット耐性は全くない。
擬似タイマン時以外は初段で止めて、別攻撃で追撃をしたいところ。
覚醒中は凄まじい攻撃速度に対して再誘導が追いつかないのか、途中で1段ほど外れる事がある模様。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)
 ┗3段目 (%) (-%)

【N格・横格特格派生】特盛レオスナックル(スーパーレオスナックル)

「スゥゥゥパァァァ!!レオスナッコォゥッ!!!」
百烈拳からアッパーで高く打ち上げる。
N・横格から派生可能。殴ってる間はいつでも特射キャンセルが可能。
横格同様、動かないのでカット耐性は全くないが、ダウン値・威力共に優秀。
ダウン値に余裕があればCSCで高火力攻め継もできる。疑似タイや闇討ちの際には特格派生でダメと進化ゲージを稼げる。
百烈拳の時には他の攻撃よりも進化ゲージが溜まりやすい模様。特に相手に補正が大きくかかっている時は他より溜まる。

格闘特格派生 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
横格1段目 袈裟斬り 75(80%) 75(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗特格派生1hit目 アッパー 131(60%) 70(-20%) 1.7 0 砂埃ダウン
 ┗2-11hit目 百烈拳 209(50%) 12(-1%)×11 1.7 0 砂埃ダウン
  ┗12hit目 アッパー 254(%) 90(-%) 5↑ - ダウン
※威力はN格1段目による一例。

【後格闘】ジャンプ突き

レオスの後格に近いジャンプから鉄拳突きで叩きつける。バウンドはしない。
素体の時とは打って変わって、低く跳んで大きく前進するものから、よくある高く跳んで少し前進する挙動のものになる。
特格(極限進化)にキャンセル可能。

燃費の良さ、動きの機敏さは中々のものであり、この格闘がゼノンの高機動性を象徴する一つといっても過言ではない。
メインとCSからキャンセル可能なため、後→CS→後>メイン→後…とピョンピョン飛び回れる。
回避としても移動としてもかなり優秀な技。
滞空ペナルティがあるので、飛びすぎには注意したい。

モーション自体に設置動作があり放っておくとブーストが回復する。しかし、降下距離がかなり短く緑ロックで出すと着地に移行しない。サイド7の登り坂など降下距離をフォローすると着地してくれる。
少し浮いていると後格闘の硬直が切れた後に着地…とかなりの隙を晒してしまう。
赤ロック中、相手が地面に伏せているときに出すと誘導も手伝ってきっちり接地できる。しかしズサには対応していないので、ステップを踏むなら回復を確認してから。
高空で出すと落下中に後格闘の硬直が切れて操作可能になり、そのまま普通に着地することも可能。
単発威力にも優れるので、適当にCSを当ててからノーブーストでダウンさせる技としても使える。

後格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 (%) (-%)

【BD格闘】回転突撃

「あくびが出るぜぇ!」
サーベルを構えスピンしながら突撃する。多段hit。
砂埃ダウンなので、このタイプの格闘にしては追撃が安定する。
至近距離以外からではフルhitさせにくい。
特殊射撃がない時の距離稼ぎとして多少使える。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 (%) (-%)

バーストアタック

EXA・フルバースト

基本的にはレオス形態と同じ。
ただ、覚醒したゼノンに自分から近寄る相手はまずいないので、狙うなら不意打ち推奨。
隙は非常にデカい&発生も微妙なので、基本的に直当てを狙う武装ではない。

CSやサブなどから繋がる。
2000のコスオバを葬ったり、敵の覚醒に対してカウンターで覚醒してこれで〆て覚醒落ちさせる、などといった使い方は可能。

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
メイン始動
???
N格始動
???
前格始動
???
横格始動
???
BD格始動
???
特格始動
???
覚醒時
???

戦術


EXバースト考察

「いい加減、極限の熱さを受け入れろおおおおおおおおおおおお!!」

  • Fバースト

  • Eバースト

  • Sバースト

  • Lバースト

  • Mバースト

僚機考察


外部リンク


コメント欄

名前:
コメント: