クシー・ディベルティメント

【名前】クシー・ディベルティメント
【性別】女
【年齢】不明(外見は20弱程度)
【容姿】暗い色をした赤毛のショートカットでワンレン。眼は紅く、所謂三白眼。
基本的に赤系統の少々派手なワンピースを着ている。
【性格】ざっくばらんとしていて、自分の事をババアと言って憚らない。
ただし、そこそこのデリカシーは女性に対してのみ辛うじて持っている。
【能力】
「炎技」
持っている剣に炎を纏わせられる。ただし剣の周り1㎝程度の範囲で、掴むなどをすると本人でさえ火傷をする。
剣技はそこそこ使えるが喧嘩殺法のため、うっかりやられることがままある。
「不老」
種族的な物で、外見、内蔵など身体が一切歳を取らない。

ピアノ、バイオリンなどの演奏が得意
【持ち物】
「炎剣」
家からこっそり持ち出した剣。魔力の媒体のため、これがないと炎技を使えない。
「パイプ」
なんの変哲もない愛用のパイプ。煙草用
【職業】魔術教団(ロアール支部所属)
【背景】何か凄い悪魔を先祖にもつ……と言われている種族の産まれ。
しかし、格式張った一族の人間とウマが合わず家出をして今に至る。
質にでも入れようと持ち出した炎剣だが、案外自分の技と相性が良かったため使い続けている。