イルフィレール=アティエイル

【名前】イルフィレール=アティエイル
【性別】女
【年齢】18
【容姿】
薄い茶色の髪を後頭部の左側頭で束ね、ほんのりと黄色みを帯びた茶色い瞳をもつ。
透明感のある肌に女性らしい体つきと荒事とは縁の無いように見える。
また、背中にはふわふわとした白い翅が生えており、亜人であることが一目でわかる。
ジャンパースカートを愛用し、可愛らしい服装を好む。
【性格】
穏やかな性格であると同時にやや天然ぎみで好奇心が強い。
【能力】
「紡ぐ幻糸」
魔力を使用して現象、物体、問わず万物から特殊な糸を作り出す力。
特別な性質を持たせたい場合は概ね元になったものに依存。
そしてその性能は本人の感情に強い影響を受ける。
尤も、基本的な衣服としての性能を求めた場合は高い水準で製作することが可能。

「緻密な手先」
器用である。機織りや衣服等の糸、布、革などに対してその力は発揮される。
また金属類の加工も行えるがその際は細密さという点で、はっきりと劣る。

【持ち物】
肩掛け鞄の中に簡単な紡糸道具や手芸道具、また硬貨入れその他小物といったものが入っている

【職業】
ロアールの郊外の木々の量が増え始めた辺りにある川辺で、水車のついた一軒家で紡糸や機織りをしながら服飾店を営む。
周囲には養蜂場や製材所といった販売では無く製造の施設がある程度で営業面で立地が悪く定休日も多い。更に出店も後発組でなので来客数は決して多くない。
郊外故に建物の面積は取れたものの、店としてのスペースよりも店の奥にある紡糸設備や織機などが置かれた作業スペースの方が広い。
またしっかりと隔てられているが居住空間も存在し、本人もここに住んでいる。

【背景】
様々な理由や条件が重なり、船旅を経て最近ロアールにやって来た女の子。
翅があっても飛べる訳でも無く、更に言えば本人の身体能力は普段の生活で支障がぎりぎり出るか出ないか程度に低く、魔力で補って常人並みの生活を送っている。
本人の当面の目標としては、神器と呼ばれるレベルの衣服の製作や護身術の習得、健康的な肉体を得ること、空を飛ぶ力を得ること、など様々なものがあるが焦ってはいない為に緩やかな生活を送る予定である。