アカハネ

【名前】アカハネ
【性別】男
【年齢】19
【容姿】毛先が黄色い赤髪とオレンジ色の瞳を持つ、常に笑みを浮かべた顔の青年。
小さな羽が連なった赤い尾羽のようなものが背中側の首の下、腰、額から何本か伸びている。千切れても次の日には元通りに生えている。

【性格】良くも悪くも真っ直ぐ。時と場合と意見によっては目的が真逆に変わることもある。大食い。

【能力】
  • 火……掌や口から火を発生させられる。火種に付けたり武器に纏わせたり用途は自在、ただし使うとお腹が減っていく。口と掌、羽は熱や炎に強い。

  • 身体能力……丸太一本なら担げる力、走るスピードが速い、勢いをつければ壁や崖もそこそこ登れる。あくまでそこそこ。

  • 火食い……火を食べられる。ただし規模が大きいと食べる前に身体が焼けるから無傷で食べられるのは規模にして焚き火くらいが限度。

  • 火固め……火に自分の魔力を込めることで小さな球状に固めることが出来る。固めた火に熱や引火の作用はなく、アカハネの羽を直接重ねて衝撃を与えると火に戻せる。

【持ち物】
  • 火種いくつか、松明、食糧

  • 火の木の棒……何故か火がついても燃えない不思議な木の棒、耐久性にも自信ありなので護身用に持ち歩いている。命名者は持ち主。

【職業】火売り(自称)
【背景】海を隔てた大陸からやってきて、その体質を利用して火種を売って生活しているがぶっちゃけあまり儲からないことが悩み。体温は高いが触れたものを燃やしたりすることはない。