アリア

【名前】アリア
【性別】女
【年齢】21
【容姿】
プラチナブロンドの艶やかな髪を腰まで長く伸ばしている。肌は透き通るように白く、目は常に閉じられている。
好奇心を掻き立てるものに出会うたび笑みを絶やさないが、争い事を見ればその表情は曇る。
すらりとした細身の体を持つ彼女だが、長い間一人旅暮らしをしていた所為で実は意外と肉体派で打たれ強い。
纏うのはフード付きの白いローブ。所々に金色の糸で装飾が施されている。冬でもあったかい。
争い事を嫌い、歌を歌うのを好む。誰一人聴衆がいなくとも一人で歌っていることもある。
知識欲や知への欲求が旺盛で、いろんなことを知りたがる。そして、知ったことを歌にして澄んだ歌声に乗せて紡ぎ出す。
穏やかな歌声は人々の心を癒す効果があり、イライラしている人もひとたび歌を効けば心が落ち着くのだとか。
彼女独特の言い回しとして、音を色として表すことがしばしば。目が見えないからこそ、人を見た目や第一印象で決めつけずに本質を見極める力がある。
とある人の影響で、本を読むのが好きなのだとか……?


【能力】
<神の耳>
生来目が見えない事により物事の全てを耳で知るようになり、聴覚が非常に発達した。
非常に遠くの音を聞いたり、雑踏の中から一人の声を聞き分けたり、音がどこで発生したかを判断したりなど
その聴力は常人のそれを遥かに超え、さながら「景色を聴いている」と言った所か。
さらに、自分の歌声の反響を聞くことにより周囲の立体的な形を把握することも出来る。
全体に広がる音なので死角がなく、背後であろうと物陰であろうと音が届く限りは何があるか把握できる。
人の声に乗る感情にも敏く、声色から不安や喜びなど様々な感情を聞き分けられる。
嘘をつかれても、声から微妙な心の揺らぎを感じてばれてしまう事も……

<万象震わす歌>

彼女の歌声には、様々な物を「増幅する」力がある。
空気の振動を増幅させて「殴る程度のショックを与えたり、生命力を増幅させて歌を聴かせた相手を癒したりすることも出来る。
なお、自然治癒力を増幅させているだけなので治療に即効性は無くじわじわ効いていく。


【持ち物】
特になし。

【職業】歌姫
【背景】
自身の詳しい過去を明かそうとしない、謎の歌姫。どこで生まれたのかも家族がいるのかも一切不明。ただ、好きな人は居るらしい。
生まれつき目が見えないらしく、普段から目を閉じて杖を持っている。歌と本が大好き。