ヴィクトル・ボーデュッシー

【名前】ヴィクトル・ボーデュッシー(Victor Baudussy)
【性別】男
【年齢】24歳
【容姿】
黒を基調とした祭服の上に銀のロザリオという、典型的な聖職者のスタイル。
右腕には聖書を抱えていることが多い。
髪はやや癖のある金髪。色白で顔立ちはそれなりに整っているが柔和で一抹の幼さのようなものを残している。また、長身痩躯である。
【性格】
礼儀正しく信心深く、そして何より自然を愛する穏やかなその気質は僧職系…もとい草食系な印象を受ける。
基本的に友好的だが女性には慣れていないようで、身体的距離が近いと緊張してしまうようだ。
【能力】
  • 読み書き
  • 聖職者としての知識
  • 彫刻および工芸
【持ち物】
  • 聖書、護符、その他諸々の宗教関連の品(護符には弱い魔物を遠ざける力がある)
  • 彫刻と工芸の道具一式
【職業】教会の助祭/彫刻・工芸職人
【詳細】
ロアールの教会で助祭を勤める男。
大学で神学を修めた後に教会に所属し、つい最近同地に赴任してきた。
普段の職務は教会の雑務やミサの補助、信徒との簡単な対話などである。
その傍ら自宅の工房で彫刻作品や工芸品を作ったり、インスピレーションを得るために外を出歩いたりする。
それは、神の被造物たる自然を愛し、その愛を作品として形にすることもまた信仰の一環であると彼が信じているからに他ならない。