酒場「跳ね鹿亭」

【運営者】

【概要】

安さと気安さと酒が飲めるというのが売りの酒場。
営業時間は昼頃から夜明けまで。店の床は石を詰めており、壁は木で作られている。明かりはランプを使用しているが安物であるため所々煤けている。
端には樽が積まれており、ワインをはじめとするたくさんの酒があるが……高級品は僅かしかない。大体特別な時に振る舞うくらいだろう。
丸テーブルが数個、カウンター席が10個。カウンターの中にはアドルフの簡易料理スペースがあり、更にその後ろにはドアを隔てて調理場がある。
ちなみに二階はアドルフとルピナの居住スペースとなっている。