ヤマツダコ

【名前】ヤマツダコ
【容姿】
最大でも体長70cm程の小型の魔物
タコのような見た目だが、触手と触手の間に大きな膜があり、その膜を利用してふよふよ移動する
【能力】
体の色や模様を周囲の景色と同化させ獲物を狩るという習性を持つ
樹木や岩壁などに同化し、それに気付かぬ犠牲者に襲いかかり、触手で絡みついて体液を吸う
ふよふよと浮くことができ、雨の日などによく移動しているヤマツダコが目撃される
【退治方法】
軟体生物なので防御力は薄く、ナイフで頭部を刺すなどすれば簡単に退治出来る魔物
注意すべきは擬態能力と意外と強い触手の力
吸盤を使いしっかりと絡みついてくるため、一度絡みつかれればなかなか逃げられない
ヤマツダコの生息域を通る時にはパーティを組んで周囲を警戒するか、ヤマツダコ避けの香水などを体につけよう
【その他】
元々は東の方を生息域にしていたと考えられる魔物
船や行商人の荷に紛れて様々な地方に生息域を拡げている