バッド・アップル

【名前】バッド・アップル
【性別】女
【年齢】???
【容姿】真っ赤な髪。真っ赤な瞳
灰色のローブを着て同じ色の円錐の帽子。物語とかに出てくる魔女の様な格好
【性格】不気味
【能力】エンカルタ:自分の書物庫から自在に本を転送出来る
【持ち物】試験管に注がれた謎の液体三本
【職業】魔女
【背景】コスタ・ノエの路地裏の店で日々怪しい薬を作ってる人。
蒐集家でもあるので地下の書庫には珍しい本も沢山眠っている。
店には看板も何も無いけど人々の噂が広まってるからそれなりに(悪い意味で)有名
見掛けは二十代前半だけど実年齢は分からない。
人をからかうのが好きな嫌な性格。
薬は惚れ薬から獣人化薬、性別転化と色々取り扱ってるけどどれもが数時間の内に効果が消えるもので人体に悪影響があるのものは少ないらしい。
薬の効果も人によって様々で中には劇的に効く人も居れば全く効かない人も居る。
そして売る時に魔法薬の効果を詳しく説明しなかったり不幸にも店の前を通り掛かった人を実験台にしたりする。
バッド・アップルとは偽名。本名を知る人は少ない。