Project AA(仮)とは? > 動画制作の心得

Project AA(仮)動画制作の心得

動画を作る際や、掲示板に書き込むときの自分ルールみたいなものです。
よかったら、参考にしていただければと思います。
なお、追加・修正案は掲示板で募集しております…

その1:「厨」という文字は なるべく使わない

何でもかんでも「○○厨」呼ばわりはしないこと。
ただし、キッチンという意味で使うのであれば、例外。

その2:炎上は 全力で避けること 、されど述べるべき意見ははっきりと述べること。

迷惑行為の動画は誰も喜ばないし、軽率な発言や行動で炎上してしまえば、人生に暗い影を落としてしまうだろう。
故に、軽率な行動はなるべく慎むようにすること。
また、「炎上叩き」にも 便乗しない こと。そういう意味もまた、 全力で避ける ことになる。
「君子危うきに近寄らず」である。
…ただし、自分の思想や意見は心にしまい込まない。
たとえ流行りに逆行することとなっても、空気を読んだ上でNOと言える勇気を。

その3:自分から他ジャンルに攻め入ることは 絶対にしない 。あくまでも 守りに徹する こと。

自分は「大の淫夢嫌い」ですが、だからといって「淫夢関連のコミュニティや動画」を 荒らしてもいいということではない
そういう意味で、 自分からは攻め入らない
ただし、自分の領域を守る場合は別である、自分の動画が荒らされた場合は、守りに徹する一貫としてコメントを削除・通報する。

その4:「虐マタ時代」は 黒歴史で済ませない 。過ちを繰り返させぬよう、後世に語り継ぐこと。

「虐マタ」については、バックストーリーを参照。
これは傍から見れば、ユーザーたちの言い争いによるコミュニティの自滅かもしれない。
故に、コミュニティサイトの黒歴史として見られがちである。
…だが、そのまま黒歴史として忘れ去ってはいけない。負の歴史は繰り返させてはいけない。
故に、語り継ぐ責任をしっかり背負うこと。

その5:荒らしは冷静に対処すること。動画が荒れても メゲない、ショゲない、ドラゲない

荒らしがひどくなり、精神が耐えきれなくなって創作活動をやめた人もいないわけではない。
…だが、それでいいのだろうか?
たとえ大多数が否定的だったとしても、続編を待っていてくれる人は少なからずいたはずである。
そういう人たちの期待は、下手に裏切ってはいけない。