氷山大ドイツ及びグレートブリテン連合王国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

氷山大ドイツ及びグレートブリテン連合王国

氷山大ドイツ及びグレートブリテン連合王国は、ドイツ・フランス・イギリスのグレートブリテン島にまたがる国家です。

軍備

陸軍

Pz.Kpwf.48 Drache(1949年生産開始)

全長:8.92m、全幅:3.1m、全高:3.05m
重量:41.4t、乗員:4名、速度:42.7km/h
主武装:45口径105mmライフル砲×1
副武装:12.7mm機関銃×1、7.92mm機関銃×1
装甲:均質圧延鋼装甲、120mm+100mm(砲塔防盾+砲塔前面)〜20mm(車体下面)
  • ソ連のIS-3に対抗すべくドイツによって作られた第一世代戦車。A型からD型までの5種類が生産された(指揮戦車のAX型含む)。主砲口径はIS-3に比べ17mm小さいが、その分ライフリングを施すことで補っている。砲塔が少し前ぎみなのが特徴。



Pz.Kpwf.51 Jagger(1953年生産開始)

全長:9.45m、全幅:4.27m、全高:3.02m
重量:51.8t、乗員:5名、速度:48.3km/h
主武装:50口径128mm滑腔砲×1
副武装:12.7mm機関銃×2
装甲:均質圧延鋼装甲、210mm(砲塔下部)〜45mm(車体下面)
  • Pz.48に対抗するべく開発されたT-10に対して開発された第一世代戦車。A型からC型までの3種類が生産された。主に地雷対策として下面を厚くする事が主眼とされた。



Pz.Kpwf.74 Löwe II(1976年生産開始)

全長:9.53m、全幅4.2m、全高:2.84m
重量:58.8t、乗員4名、速度:47.3km/h
主武装:45口径130mm滑腔砲×1
副武装:12.7mm機関銃×1、7.92mm機関銃×1
装甲:複合装甲(砲塔・車体前面)・均質圧延鋼装甲(車体)、260mm(砲塔下部)〜50mm(車体下面)
  • ソ連が生産を開始したT-72に対抗する第二世代主力戦車。主力戦車としては最大口径の45口径130mm滑腔砲を備える。装甲も最大で260mmで、T-72と正面から張りあえるだけの力を持っている。



Pz.Kpwf.80 Tiger III(1981年生産開始)

全長:9.67m、全幅:4.15m、全高:2.72m
重量:53.7t、乗員4名、速度:54.3km/h
主武装:47口径128mm滑腔砲×1
副武装:12.7mm機関銃×1、7.92mm機関銃×1
装甲:複合装甲、250mm(砲塔下部)〜50mm(車体下面)
  • 鈍重で使い勝手が悪かったPz.74に代わるべく開発された第三世代主力戦車。Pz.74に比べ主砲は小口径、装甲も少し薄いものの、ソ連主力戦車にまともに対抗できる力は持っている。また、軽量化により速度も上昇した。

海軍

ケーニヒスベルクII世級戦艦

全長:237m、全幅:32m、基準排水量:32500㌧、満載排水量:38500㌧、最大速力:33.7kt、機関出力:138,000hp
主砲:47口径38.1cm連装砲×3、副砲:55口径15cm連装砲×6
対空兵装:65口径10.5cm連装高角砲×8、83口径37mm連装機関銃×8、20mm4連装機関銃×4、20mm3連装機関銃×4
  • ビスマルクの後、最後に建造された戦艦。どちらかといえばアメリカ・日本における巡洋戦艦的な要素が大きく、最大速力は30ktを超える。戦艦としての装甲は、ビスマルクよりも薄くなったため、やはり戦艦というより巡洋戦艦である。武装はほとんどがビスマルク級に準拠しており、砲は同じものを搭載している。



ラインハルト・シェア級巡洋艦

全長:197m、全幅:24m、基準排水量:27000㌧、満載排水量:34500㌧、最大速力:27.3kt、機関出力:82,000hp
主砲:V2ロケット発射装置×2、副砲:なし
対空兵装:65口径10.5cm連装高角砲×6、20mm4連装機関銃×2、20mm単装機関銃×18
  • V2ロケットを開発したドイツ軍は、艦船による運用を開始した。本級にはV2ロケットが6〜10発搭載可能である。なお、自発装填は手動で行い、発射・誘導は中部艦橋に設置された誘導用レーダーによって行う。見た目として非常に特徴なのが、前部艦橋・中部艦橋・後部艦橋に分かれていることであり、中部と後部の間には煙突が、前部と中部の間には対空兵装が搭載されている。なお、発射装置は前部艦橋の前と後部艦橋の後ろに設置されている。



グラーフ・ツェッペリン級航空母艦

全長:262m、全幅:31.5m、基準排水量:28090㌧、満載排水量:33500㌧、最大速力:33.8kt、機関出力:200,000hp
主砲:55口径14.91cm連装砲×8、副砲:なし
対空兵装:65口径10.5cm連装高角砲×6、20mm4連装機関銃×2、20mm連装機関銃×10
搭載機数:43機(Bf109T×30、Ju87C×13)
  • 初めて建造した航空母艦。1944年に竣工したが、搭載機数の少なさや過剰な兵装が問題となり、1959年には予備役に編入され、練習艦としての役目を果たすこととなった。見た目は普通の空母よりも重武装なのが特徴で、後継のペーター・シュトラッサー級航空母艦と比べると、艦容が全く違うことが良く分かる。



ペーター・シュトラッサー級航空母艦

全長:262m、全幅:34.2m、基準排水量:28000㌧、満載排水量:36200㌧、最大速力:32.9kt、機関出力:200,000hp
主砲・副砲:なし
対空兵装:65口径10.5cm連装高角砲×4、20mm連装機関銃×12
搭載機数:80+2機
  • グラーフ・ツェッペリン級航空母艦の搭載機数があまりにも少なかったことや、空母も砲戦に参加するという構想の違いから次に建造された空母。全長はグラーフ・ツェッペリン級航空母艦と全く同じで、搭載機数は倍近くになっている。武装は少なくなったものの、航空母艦としては十分な力を発揮する。本級は拡張が容易であったので、1980年代まで運用された。

空軍