Pz.Kpwf.51 Jagger


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Pz.Kpwf.51 Jagger

氷山大ドイツ及びグレートブリテン連合王国Pz.48 Dracheの後継として開発した第一世代主力戦車。

Pz.48では105mm〜110mmのライフル砲であったのに対して、本車はT-10を主敵としているためにより大口径・長砲身の50口径128mm滑腔砲が搭載されている。これにより、正面からT-10の200mmもの正面装甲を食い破ることが出来るとされている。また、Pz.48よりも重量がある割に速度は高く、作戦進行度を高めることが出来ている。

スペックデータ


乗員 5名
全長 9.45m
全幅 4.27m
全高 3.02m
空車重量
戦闘重量 51.8t
最大速度 48.3km/h
行動距離
装甲 均質圧延鋼装甲、210mm(砲塔下部)〜45mm(車体下面)
兵装 50口径128mm滑腔砲×1、12.7mm機関銃×2

型式

Pz.Kpwf.51 Jagger A型

1953年から生産された最初期型。Pz.51/Aとも呼ばれる。

Pz.Kpwf.51 Jagger B型

1954年から生産された型。機銃が12.7mmからソ連で一般的な14.5mmへ換装された。 また、装甲が少し薄くなった。

Pz.Kpwf.51 Jagger C型

1958年から生産された最終型。装甲がA型よりも厚くなった。