ES-347


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ES-347
335の派生モデルとして1979年に誕生
同じ派生モデルに335プロとESアーティストがある
  • エボニー指板、ブロックインレイ、ゴールドパーツが335ファミリーの中では上位機種だったと推測される
  • ブラスナット、各弦のテンションが調整可能なTP-6テイルピースがマウントされている

  • ギブソンが70年代半ばに行った335の仕様変更に準じ、メイプル3Pネック、コイルタップスイッチが備わっているものもある
  • 色はヴィンテージサンバースト、エボニー、カントリージェントルマンブラウン、ナチュラルの4色
  • TP-6テイルピースはラリーカールトンも69年製の335に付けたことで有名
1993年に製造中止