キーボード > マウス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キーボード
自作 PC では OS が起動していない状態で BIOS の設定変更などを行うのではっきり言って絶対必要。
ゲームでもこれがないとお話にならない。

マウス
ショートカットキーで動かせないこともないが、現在の GUI の OS はマウス他のポインティングデバイスの存在を前提にした設計なのでやはり必要。
こっちもないとゲームプレイは相当にきつい。

特にこだわりもなく安いものが良いならMicrosoftかロジクールの定番ものを選ぼう。
少なくともこれらは必要な耐久性と実用性を持っている。
こだわりたい人は絶対に現物を触ってから買うこと。
特にゲーミング用途の場合は好みが別れるので触ってみないとわからない。

具体的なパーツはおすすめマウス・キーボードで。


キーボード


配列

普通は日本語106キーボード。
英語キーボードでもローマ字入力なら(かな入力は不明)日本語入力などは問題なくできる(その上、無変換、変換、漢字等の余計なキーがない)ので、プログラミングや洋ゲー中心ならお勧め。
ただ学校とか会社で日本語配列のPCを触る機会があると混乱する場合も。


接続

PS/2、USB、無線など。
無線はコードが無い代わりに電池管理の煩わしさや反応の悪さ(省電力の弊害)が付いてくる。
また、無線用のレシーバーは通常USBで接続する。

ゲームに使う場合は遅延や突然の接続切れ、電池切れなどが想定される無線は避けた方がいいだろう。
PS/2 が最良とされるがマザーにポートがない場合もあるし USB でもいい。
(USBの場合はOSとUSBコントローラーの出来次第。最近の物なら有線である限り特に問題はなさげ)


スイッチ

メンブレンとかメカニカルとか静電容量無接点方式とか。
粗悪品はすぐに壊れたり反応が悪かったりタイピングの感触(好みにもよる)が良くなかったりする。

メカニカルスイッチ式のものはタイピングの時にカチカチ言って楽しいが、1日で飽きるし他人からすると煩いのでよく考えて購入すること。
…というわけでもなく、メカニカルの真骨頂は音ではなく寿命と打ち心地にある。
現在ではスイッチの種類によって様々(主にCherryの軸色の差)。
あまりにも様々なのでやはり自分で触ってから決めること。


メンブレン

ゲームコントローラとほぼ同じ構造で、中にシリコンゴムの椀型の接点が入っている。
量産しやすいため兎に角安い(昔は高級品もあったが、今は殆ど無い)。
また、今出回ってる殆どの製品が安物故打ち心地が悪く、寿命も短め。
(ただでさえ短めなのが余計短い)
「どうせキーボードなんか殆ど使わないしなんでもいいよ」っていうならこれで充分。

  • 音:小さい物が多い
  • 打ち心地:ストロークが大きいためやや重い。構造上底打ち必須で反発も強い。カップの質次第でかなり重くなる。
  • 価格:安いのが多い
  • 寿命:短い(接点自体は500万〜1000万回もつが、カップが先にヘタる。安物なら100万回しかもたない)


パンタグラフ

電車のてっぺんについてる◇みたいなのが組み込まれているタイプ。
ぶっちゃけノートPC式。
ノートの打ち心地が好きな人にはおすすめだが、やはり中に入ってるカップ次第で、ストロークが浅いため敏感なものでは誤爆も起きやすい。
また、構造上衝撃に弱く、キートップが簡単に外れるのにも注意が必要。

  • 音:小さい
  • 打ち心地:軽くて浅いが、ものによっては誤爆も多い
  • 価格:メンブレンよりは高価
  • 寿命:メンブレンに準ずる(もしくは若干保つ)が、メンブレンより破損、紛失しやすい


メカニカル

今出回ってるものの大半はドイツCherry社のMXスイッチが採用されている。
基本的に高価だが長寿命で、スイッチの単体販売(10個700円程度)をしている業者もあるため、分解してハンダ付けすれば低コストで修理することもできる。
高価なものだと鉄板を入れることで打ち心地を高めているものなどもある。
スイッチの軸の種類毎に打ち心地や音が違うため、必ず触ってみてからどれを買うか決めること。

  • 音:基本的に大きめ。スイッチ次第(青軸は特にうるさい。黒、赤は比較的静か)
  • 打ち心地:スイッチ次第(軽い←青/茶/白/赤/黒→重い)。赤や黒は底打ちの必要がない
  • 価格:基本的に高価
    ・寿命:MXスイッチの場合、青/茶/白で2000万回、赤/黒なら5000万回


静電容量式

底打ちの必要がなく、長寿命で、メカニカルよりやや静か(静穏モデルならもっと静か)という、いいとこ取りキーボードではあるが、兎に角値段が高いという難点がある。
また、定番は東プレのRealForceであるが、英語配列のものはあまり出まわっておらず、種類も少ない。

  • 音:やや静か。静穏モデルならとても静か
  • 打ち心地:軽く疲れにくい。RealForce はキーによって重さが違うという徹底ぶり
  • 価格:非常に高価だが、キーボードを重視するのであれば損はない
  • 寿命:3000万回以上


同時押し

安物はWとAを押して斜め移動しながらスペースを押してジャンp… と思ったら 飛ばずに奈落に落ちていったぞオイ! とかそういうことがある。
高級機はもっと多く(中には全キー)の同時押しを認識できるようなものもある。
ただしソフトが対応しているとは限らない。


サイズ

テンキーがあるかないかで大きく変わる。
さらにノート用みたいにスペースを節約したタイプもある。
変則的な配列のものは慣れないと(慣れても)使いにくい可能性がある。


その他

特に高機能なゲーミングキーボードではマクロ機能などを備えている場合もある。
高価なものにはキーにLEDが内蔵されていることもあり綺麗。
無線では充電式か電池式か、レシーバーのサイズなどの違いもある。


マウス


方式

ボール式、光学式、レーザー式、トラックボールなど。
レーザーは光学より対応できる表面が多いが、まともなマウスパッド上で使うなら光学のほうがむしろ使いやすいらしい。
最近だとガラスでも使えるBLUE REDなんてのも出てきてる。
普通に使うなら好きなほうでいい。
トラックボールは省スペースで運用でき、手首を動かさなくていいという利点はあるが、そのぶん指を酷使するのでお好みで。
まあFPSなどのマウスが重要なゲームには向かない。
ボール式?適度な重さで、キャッチボールできたりして楽しいよね。


接続

PS/2、USB、無線など。
無線はコードが無い代わりに電池管理の煩わしさや反応の悪さ(省電力の弊害)が付いてくる。
また、無線用のレシーバー(受信機)は通常USBで接続する。
安物無線マウスだと電波が30センチ位しか届かないものもあるので、できるだけ近くのUSBポートにレシーバーを挿すこと。

ゲームに使う場合は遅延や突然の接続切れ、電池切れなどが想定される無線は避けた方がいいだろう。
PS/2 が最良とされるが選択肢がなくなりつつあるので USB でもいい。


スイッチ

ボタンの耐久性に影響する。
店で触っても分かりにくいのでスレで調べた方が早い。


ボタン数

左ボタン、右ボタン、中ボタン(ホイール)が基本で機種により追加のボタンがある。中にはマウスカーソルの速度(分解能/DPI)をソフトに依存せずに変更できるものもある。

ボタンが多数あるとよく使うキーを割り振れるので、キーボード・マウスに慣れていないゲーマーには心強い。
かといって13ボタンなどとボタンが多すぎても、設定した機能が覚えられないのでやめとけ。
用途によっては便利。


ホイール

硬いもの、ヌルヌル動くもの、チルトホイール(横スクロール対応)など色々。
好みでどうぞ。


その他

特に高機能なゲーミングマウスではマクロ機能などを備えている場合もある。
無線では充電式か電池式か、レシーバーのサイズなどの違いもある。