「我がロフィルナ連邦共同体を簡単解説(完全版)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

我がロフィルナ連邦共同体を簡単解説(完全版)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 シンテーア暦2000年現時点における解説。
 
 #divclass(notice){
 このページの設定記述は議論の余地が残っています
 }
 
 我が国家の厳粛なる統制に祝福を。連邦共同体に栄光あれ!
 いざ進まん!富国共栄!鉄血の意思を以て国家の存立を成せ!
 
 #image(ロフィルナ連邦国旗3.1.png)
 
 #divclass(indexbox){
 目次
 #contents()
 }
 
 *国家概要
  ロフィルナ連邦共同体は、貴族と平民、双方が協力して統治を行う保革共立の権威主義国家です。我が国の貴族階級には、三種類のタイプがあり、共同体構成国を治める上級貴族と資産家階級、その他の一代貴族によって構成されます。上級貴族は基本的に強権を振るうことなく象徴君主としての努めに徹しますが、その他の貴族は共同体の政治に深く関わっており、個々人の手腕が常に問われる厳しい競争環境下におかれていると言えるでしょう。一方の平民階級は手厚い社会保障を享受していることから、大多数が無職。
 
  高度に効率化された今日の連邦共同体に生半可な労働者は必要とされず、殆どが趣味と娯楽に興じる微温湯の如き生活に甘んじています。このように福祉と競争原理を両立したイデオロチックな体制であるため、高度な自治権を持つ惑星ツォルマールを除いては報道の自由もなく人権に関する考え方も独特です。それでも我が国に対して内政不干渉の原則を確約し、友好的に手を取り合うことを望むのであれば、共同体政府は貴方の国家に対し最大限の敬意を以て接することでしょう。
 
 【首都星】:エールミトナ太陽系圏:第三惑星ロヴィンエルナ
 
 【第一首都】:学術研究都市ルドラトリア
 
 【最大都市】:航空宇宙都市ツェイク・メルバ
 
 【国旗の意味】:流血の赤、不屈の黒、平和の緑
 権威と責任、富国共栄を象徴する白薔薇。独自の社会主義思想を体現した白双鎌、母なる惑星
 貴族と平民、双方の団結を表す栄光の金十字
 
 【宗教】:[[源ロフィールナ・エルドラーム新約聖教]]
 
 【政治体制】:[[領邦君主制社会主義]]、[[グロノヴェイル共立体制]](保革共立体制)
 
 【公用語】:[[ロフィルナ語]]、ツォルマ語
 ヴェフィス語ファルトクノア方言
 
 *国家間関係
 
 #image(GSV_map._v1.7.8縮小.png)
  
  極東宙域南東部に位置する星系間国家であり、建国から長きに渡る鎖国政策を採った。しかし、度重なる海賊艦隊との戦争で疲弊し、隣国[[ニーネン=シャプチ]]に保護を求める。後に開国した連邦共同体は、[[大宇宙連合会議]]に加盟。[[マーカス内戦]]を起点に未曾有の成長期を迎え、大軍拡の時代に突入する。しかし、シャグマ=ラゴン戦争で致命的な敗北を喫すると、国民の不満が爆発。[[ロフィルナ革命]]の勃発に至った。戦後改革の流れで大きく体制を一新した連邦共同体は、これまでの扇動的な外交政策を改め、国際関係の正常化に取り組んだ。
 
  [[ニーネン=シャプチ]]は同じ亜人盟約に属する最大の貿易相手国であり、多くの外交問題において歩調を合わせる。また、相互研究協定の締結から先端テクノロジーを共有。様々な困難に直面しながらも友好関係の維持に努めてきた。ロフィルナ政府は安全保障政策の一環として多くの国家と利害関係を持つが、こと軍事分野に限ってはニーネンからの輸入を重視しており、連邦共同体もエネルギー資源を始めとする様々な製品を輸出している。
 
- ファールリューディア講和条約の締結から国交に至った[[ファルトクノア共和国]]に対しては、長年に渡るツォルマール租借についての恨みと国益が絶妙に絡み合う複雑な感情を燻らせていたが、対ヴァルエルクにおいて共同歩調を取るなど一定の協力関係を保っている。[[ジエール帝国連邦]]に対しては彼ら独自のイデオロギーである[[管理主義]]に着目し、連邦共同体における新たな社会主義思想に組み込む余地を見出した。ジエールとの通商関係は長年に渡る交流の積み重ねで徐々に深まってきており、民間交流も活発化。文化面でも大きな影響を受ける流れとなった。
+ ファールリューディア講和条約の締結から国交に至った[[ファルトクノア共和国]]に対しては、長年に渡るツォルマール租借についての恨みと国益が絶妙に絡み合う複雑な感情を燻らせていた。しかし、ツォルマール返還後に互いの不平等を是正するなど、新時代における未来志向の関係を構築している。[[ジエール帝国連邦]]に対しては彼ら独自のイデオロギーである[[管理主義]]に着目し、連邦共同体における新たな社会主義思想に組み込む余地を見出した。ジエールとの通商関係は長年に渡る交流の積み重ねで徐々に深まってきており、民間交流も活発化。文化面でも大きな影響を受ける流れとなった。
 
  科学大国[[アクース連合]]との交流にも積極的で至って友好な関係を保っている。独自の虚体技術を持ち、成長の著しい[[クレデリア共和国]]に対しては、彼らの獣人差別政策を危惧し、国交は持つものの長年に渡って様子を伺うことを余儀なくされていた。しかし、同国の防衛戦(第二次ティクト防衛戦)に協力して以降は徐々に交流を深め、今ではそれなりに平和的な関係を構築している。また、[[ドルムント共和国]]を始め、[[インテグラシオン連邦]]とも良好な交易関係を保っており、平和協力関係の強化に取り組んできた。加えて、[[ヒューヴル王国]]、[[エルトリア王国]]との互恵関係を構築し、文化交流も促進。我が国の安寧を確固たるものとすべく親善外交の維持に努めている。
 
  アース連邦とは開国直後に国交を締結した経緯があり、他の締結国と同様に比較的早い段階から民間交流を進めている。また、同惑星内にて絶大な影響力を誇る三大国とは積極的な互恵関係の構築に取り組んできた。アース連邦内で生じる様々な紛争や政治的対立などには干渉せず、極力静観する方針を固めている。
 
 他国による内政干渉には強い態度で臨むため、解放を是とする[[ヴァルエルク共和国]]との関係は最悪である。同国との対決姿勢を強めてから暫く、度々両国関係の正常化を試みたが、全て決裂した。今日に至ってもロフィルナ国内における情報統制や人権問題、国家安全保障を巡る言葉の応酬が続いており、実質的に敵国として見なしているのが現状である。また、極度の資本主義路線に傾倒し、市場の全面開放を主張する[[サーヴァリア企業連合]]との間でも慢性的な通商・税制問題を抱えている。打倒帝国主義を掲げているため、拡大志向の強い[[ベリオン共和国]]に対する監視を継続。[[ヴィッテンクレイル神国]]に至っては国交すらなく、接触当初の段階から国家の最高尊厳(始祖ロッフィーナ)を脅かす邪教集団として排斥した。
 
  極度に閉鎖的で、予測不能な軍事大国[[リーエス連邦]]に対しても強い危機感を抱いているため、隣国との同盟関係を維持しつつ警戒体制の向上に努めている。[[海賊艦隊ゴルヴェドーラ]]による略奪から謎理論(文明の進歩のために闘争しよう)の飽くなき欲求をぶつけられ激怒。建国から数百年にも渡る泥沼の紛争が続いており、度々外惑星艦隊の派遣を強いられるなど、交渉の窓口すら持たない外敵の存在に悩まされている。また、海賊組織を受け入れている[[ツーンカ民主主義共和国]]に対しても重度の懸念を深めた。しかし、同国への資源輸出に係る政財界の利益を考慮して表立った衝突を避けているのが現状らしい。一方、水面下において工作員を派遣するなどの対抗策は講じている。
 
 【所属連合】:亜人盟約
 
 【友好関係】:[[ニーネン=シャプチ]]、[[アクース連合]]、[[ジエール帝国連邦]]、ユエスレオネ連邦[[ファルトクノア共和国]]、[[ビブルニア民主連邦]]、[[インテグラシオン連邦]]、[[アース連邦]]、[[マーカス連邦]]、[[ドルムント共和国]]、[[ツーンカ民主主義共和国]]
 
 【接近したい国家】:[[クレデリア共和国]]
 
 【ロフィルナに接近したい国家】:なし。既に友好関係を構築しているため。
 
 【嫌いな相手】:[[ヴァルエルク共和国]]、[[エルミア共和国]]、[[サーヴァリア企業連合]]、[[ベリオン共和国]]、[[ヴィッテンクレイル神国]]、[[リーエス連邦]]
 
 【ロフィルナを嫌いな国】:[[ヴァルエルク共和国]]、[[エルミア共和国]]、[[サーヴァリア企業連合]]
 
 *その他の情報
  開国以前のロフィルナは、アース連邦と肩を並べるほどの後進国で内紛ばかり繰り返す末期的な様相を呈していた。開国後に未曾有の成長期を迎え、大軍拡を行ったが、その後のシャグマ=ラゴン戦争で敗戦し、内戦状態に突入。大きく国力を減退させた。泥沼の戦況に恐れをなした中央政府は、反動勢力穏健派と協議し保革共立体制を成立させたのである。以降は同体制下で統制を強めつつ、親善外交の強化に取り組んだ。
 
  優れた外国の製品を積極的に輸入し、防衛抑止力の向上に繋げる。高度な知性を持つマーカス・アンドロイドを貴族として遇し、便利な機械(奴隷)を大量生産。人件費の削減を図る。内需依存型の産業を可能な限り保護。しかし、有益なテクノロジーが得られるなら別で競合する敗者の退場を促す。
 
  対外向けに投資と観光業、賭博、性産業、エネルギー産業の5本柱を経済成長の要として推進。共立体制の権威を確固たるものにすべく尽力した。資源が豊富な国土の強みを生かして余剰エネルギーを積極的に諸外国へと輸出。国家ではない流浪の船団にも売る。得られた利益の殆どは軍の増強と社会保障に充てて、公共秩序の維持に努めた。国力指数においては概ね平均値を保つが、ヴァルエルクの国力に迫ることを最大の目標として掲げている。