レギアル3世=アルニエア・アルナ・アルメンフォーシュ・リオン・ギオン・レギトレインス
Zenu ool Legiar Alniea Aluna Arlmenfoosh Lion Gion Legitleins
妹帝アルニエア
生年月日 シンテーア暦1509年
1月10日生まれ
出生地 シンテーア帝国
レーオントレイオン
出身校 レーオントレイオン大学
称号 拝金傀儡皇帝・拝金貴族の統領
配偶者 なし

レギアル3世=アルニエア・アルナ・アルメンフォーシュ・リオン・ギオン・レギトレインス(エミュンス語Zenu ool Legiar Alniea Aluna Arlmenfoosh Lion Gion Legitleins)はシンテーア(ジエール)の元皇帝(歴史学者によっては皇帝と見なさない場合がある)。1532年に処刑。

経歴

誕生

 アルニエアはシンテーア帝国第83代皇帝ケルザード2世と第二夫人レオイスの間に生まれた。

幼少期

 皇帝ケルザード2世は第一夫人ヴォイウャナを母とする息子ルニアスがいたが、アルニエアはそのルニアスの妹として育てられた。アルニエアはあまり人付き合いを好まず、友人も少なかった。性格は短気で、反抗的であった。反抗的な態度など、性格の上では兄のルニアスと共通点がいくつかあったが、圧倒的に違ったのは自分の身分に関する価値観である。ルニアスは平民として扱われることを好んだのに対しアルニエアは皇女として扱われることを好んだ。
 また、交友関係をほとんど持たなかったアルニエアはひそかに兄ルニアスに思いを寄せていた。アルニエアとルニアスの従姉でもあるサンヴァーはアルニエアを妹のように可愛がっていたが、アルニエアは成長するにつれルニアスとサンヴァーの親密さに嫉妬するようになった。アルニエアは何度かサンヴァーを殺害しようと試みるも、すべて失敗に終わっている。

拝金貴族的思想

 兄ルニアスは時折、社会の所得格差や生活水準の格差の拡大を不安視するなど、政治的関心を持っていたのに対し、アルニエアは政治に全く関心を持っていなかった。アルニエアは心配性のルニアスに対し自分たちの地位に甘えて今を楽しもう、と声をかけていた。アルニエアは低所得者に対し厳しい考え方を持っており、生産が自動化してきた現代においては、最下層民は邪魔者だと考えていた。
 こうした価値観の違いから、兄ルニアスとの間の溝は次第に深まり、ルニアスはレイオネンデンクト県外のシンクトレア国際語言大学への進学を決め、サンヴァーを連れ遠く離れたシンクトレアヴェントに向かった。
 唯一心の拠り所としていた兄を失ったアルニエアであるが、レーオントレイオンでの生活にすでに依存しきっており、さらに当時軽度の鬱を発症していたことからレーオントレイオンにとどまることとなった。この選択が革命での兄妹の対立の発端となるのである。ちなみに父ケルザード2世が病死し、ルニアスが即位する際には皇帝は首都レーオントレイオンにいるべきだとしてルニアスの転学を所望したが、ルニアスが反抗したため拒否されている。

永帝革命

 管理主義研究会がシンクトレアヴェントで挙兵し、シンテーア管理主義共和国の建国を一方的に宣言する永帝革命が発生すると、国栄党議会はすぐさまアルニエアのシンテーア皇帝即位を決定。アルニエアをレギアル3世として即位させ、ルニアスを強制的に退位させた。革命軍は不利な戦況を高度な情報戦術、ゲリラ戦術を以て耐え、次第に形成を逆転させつつあった。帝国軍は対応して、ゲリラのあぶり出しを実行。無実の民ごと町をせん滅させるなど、虐殺的戦術を用いた。
 アルニエアは無実の民を大量に殺すことで、いつも人民を思っていた兄ルニアスが降参してくると確信しており、率先して虐殺命令を出していた。また、内戦中アルニエアはサンヴァーに対する私怨に燃えており、サンヴァーに幾度となく暗殺部隊を差し向けている。しかし、情報戦に長けていた革命軍の前には帝国軍の小細工は通用せず、虐殺に対する市民の反発と帝国軍の反乱により革命は終結した。

拝金貴族として処刑

 革命が終結すると、拝金貴族の処刑が行われた。革命裁判においてアルニエアにはA級拝金罪の容疑がかけられたが、ルニアスはそれを弁護した。ルニアスは「アルニエアは拝金貴族の傀儡で操り人形だった」と主張し、自分の妹だけを生かそうとしていると周囲の反発を受けた。それを見かねたアルニエアは「虐殺命令を出したのは自分だ」と主張し、裁判はルニアスのコントロールを超えてしまった。アルニエアはA級拝金罪により死刑判決を受けたが、最後にルニアスの手による処刑を所望した。共和国政府は、「革命の英雄による、最悪の拝金貴族の処刑」を革命の象徴とするためにそれを歓迎した。
 アルニエアは最後に「あの世で逢おう」と話すルニアスに対し、「人は死ななくなる、だから兄さまの夢の中で」と不死技術の予言めいたことを言い残し、ルニアスの手によって銃殺された。

名言

「人は配られたカードで勝負するしかないのよ、勝負は最初から決まっているの」―――格差社会に関して
「あの女、コロス。コロス殺すコロスコロス殺す。」―――サンヴァーに関して
「あの女のせいで兄さまの頭がおかしくなってしまったのだわ」―――永帝革命に関して
「あなたには負けたわ、兄さまを煮るなり焼くなり好きにしなさい!」―――処刑前にサンヴァーに対して 

関連項目