このページは書きかけです。

 大宇宙の軍事史は大宇宙連合会議諸国の軍事の歴史をまとめたものである。


大気圏外戦闘

 本稿では大気圏外の艦隊戦・宇宙戦闘機の戦闘について述べる。

エルミア帝国拡大の時代

 シンテーア暦1514年に勃発したラヴェルト=ボルガード戦争では、エルミア率いるラヴェルト連合が領内への侵略を目論むボルガード連合に宣戦布告された。ボルガード連合の主力艦隊はラヴェルト連合に比べ、技術、士気共に優れており、戦争序盤は大敗こそ免れたが、ラヴェルト連合は各地で撤退を繰り返した。戦争が長期化、泥沼化するにつれてラヴェルト連合の国内は混乱しはじめ、ついには軍部による政変が発生し、内側から瓦解した。
 ラヴェルト連合は辛うじて勝利を収めたが、軍事技術において大きな課題が見つかった。エルミアはこれにいち早く気づき、制度改革を行うことで軍拡を推し進めた。
 こうした影響力の向上もあり、シンテーア暦1525年にラヴェルト連合を廃止し、エルミアを頂点としたエルミア帝国を樹立した。
 この頃には、前初期型戦艦の建造が終了し、総勢200隻を超える大艦隊が編成された。
 その後、1530年に惑星ゲルデンの諸国を発見し、接触。エルミア帝国はこれを平和的に併合するために外交努力を重ねるが頓挫。1536年にエルミア=ゲルデン戦争が勃発することとなる。

エルミア帝国の黄金期

 エルミア=ゲルデン戦争では初期型戦艦が各地でゲルデン連合の巡洋艦クラスを次々と撃破し、ゲルデン艦隊を壊滅させるほどの活躍を見せた。
 エルミア帝国は更なる改良を加え、対巡洋艦クラスとの艦隊戦に特化したスモラク級戦艦を建造。そのため、ゲルデン連合は早くもシンテーア暦2年余りで降伏した。
 戦後は、ゲルデン星のパルチザンやテロリストに対抗するため、エルミア占領軍によって治安維持を目的とした中型哨戒艦が大量に建造された。

エルミア革命と艦隊戦のイノベーション

 占領時代のゲルデンではエルミア帝国に抵抗するために多くの市民が宇宙船や兵器を密造していたが、それらが次々に治安維持軍に襲撃され、大規模な造船所等はことごとく爆破された。
 そのため、エルミア帝国に占領された各地の反乱分子は密かに宇宙空間上で戦闘行動を可能にした小型の宇宙戦闘機を開発。
 しかし、この小型宇宙戦闘機はエルミア帝国の軍隊に対して非常に有効な対抗手段であった。エルミア帝国打倒を標榜に掲げたエルミア革命では各地の反乱分子がほぼ同じ設計の宇宙戦闘機を多数繰り出し、エルミアのスモラク級戦艦を次々と撃破していった。このため、エルミア帝国の艦隊は瞬く間に殲滅され、エルミア革命を達成する最大の要因になった。