賭博皇パラミラート3世 ルーネ トウォーサルテノイ リオン ギオン レギトレインス
Giroin oi Keniaz Zenu ool Param:uraat Luunae Twosaltenoi lion gion Legitleins
image plugin error : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (.jpg)
賭博皇パラミラート3世
生年月日 シンテーア暦952年
死去 シンテーア暦1012年
在位 シンテーア暦970年1000年
称号 賭博皇・天に愛された者
配偶者 40名

 パラミラート3世はシンテーアの第51代皇帝。皇帝でありながら変装し数々の賭場に潜入し、国庫を使って賭博に興じたギャンブラー。1000年を境に皇帝を退位するが、退位後も変装をして賭博に明け暮れた毎日を送る。1012年に皇帝とも知らず彼に大負けした貴族ギャンブラーに殺害される。


経歴

生い立ち

 パラミラート3世は幼少期から多動症の気があり、落ち着いていることが苦手だった。自分で決めたことは最後まで貫き通す性格で、大人の言うことを聞かないことが多かった。

学生時代

 学生時代はエルトリアに留学に行き、エルトリア語が堪能で、またエルトリア文化に精通していた。エルトリア留学時代にギャンブルにはまったがこの頃は負けて帰る事が多かった。

即位後

 即位後、彼は港町ミュラーテンデンクトを設立し、積極的に開発を行った。彼はミュラーテンデンクトをシンテーアの新たな文化の都として開発し、美術館や博物館の他、カジノを開設、シンテーア人以外にもエルトリア人旅行者を多く呼び寄せた。
 彼は即位後もギャンブラーとしてカジノに通い続け、このころから彼の勝負運は異常な上昇を見せる。他のギャンブラーからは皇帝であるためカジノが下駄をはかせるなど八百長を行っているのではないかと疑われた。

エルトリアを出禁にされる

 エルトリア文化に精通していた彼はエルトリア人からの人気も高かった。エルトリアからしばしば訪問要請を受けるなど、パラミラート3世の統治時期はエルトリアとシンテーアの関係は非常に良好だった。敵対関係の長かったエルトリアとの友和はシンテーアに安定をもたらしただけではなく、ミュラーテンデンクト等の沿岸都市はエルトリアとの交易拠点として栄え、シンテーアに多大なる富をもたらした。
 時のエルトリアの姫ハリューン11世とはファーストネームで呼び合うほど仲が良く、ともにカジノで賭博を興じることもあった。国の対立を超えた友情で結ばれていた彼等であったが、実は肉体的な関係もあったという資料も残っている。この時のパラミラート3世は負け知らずで、たびたびエルトリアにシンテーアの国庫を用いて賭博をし大金を獲得し帰っていく彼をハリューン11世の母でありエルトリア女王ハリューン10世は快く思っていなかった。彼女はアバラーネの大勝を機にパラミラート3世をエルトリア立ち入り禁止にした。しかし、その後もハリューン11世の手配で個人的にエルトリアに出入りしていたという資料が多く残っている。

貴族から金を巻き上げる

 パラミラート3世はエルトリアを出禁にされた腹いせ、シンテーア全土ギャンブルツアーを決行。シンテーア各地の貴族とギャンブルをして回り、連戦連勝。賞金の一部を貴族領内の市民にばらまくなどし、貴族の弱体化を行った。その間の国政は宰相のエークトラが行った。エークトラはパラミラートがエルトリアや国内の貴族からせしめた金で皇帝領のインフラ整備や皇帝領海軍の強化などを行った。

退位後も伝説を残し続ける

 皇帝を退位した後は、有り余った財産で隠居するつもりだったが、彼はギャンブルをせずにはいられなかった。貴族からの逆襲を恐れ変装をしては各地のカジノに出向いて賭博をした。

カーラネの隆盛

 彼が退位した1000年代からハトリュー大陸の小国、カーラネ王国が急激に拡大を続け、やがてカーラネ帝国の建国を宣言した。
 1006年カーラネのエルトリア進行が決定的になると、パラミラート3世は時の皇帝ベランス7世を説得し、エルトリアを援護するためシンテーア軍をエルトリアに向かわせた。
 シンテーアからの援軍は、カーラネ軍の意表を突き初めのカーラネとのはじめの戦闘であるブルネラの戦いでエルトリア・シンテーア連合軍は大勝利を収めた。これが決め手となり、エルトリアとシンテーアは連合を組みカーラネ帝国と提携して戦った。
 ブルネラの戦いにて指揮官として戦場に向かったパラミラート3世はエルトリア女王となっていたハリューン11世と再開し、「最後まで友情を貫く」と告げた。これに感動したハリューン3世は、ブルネラとアバラーネの二つの都市にパラミラート3世と自らが肩を組む像を建造させ、シンテーア・エルトリア両国の友好の証とした。2つの銅像は、1241年のヴァルエルク革命によって破壊されているが、現在のエルトリアの首都、エルエンにて復元されている。

不幸な死

 パラミラート3世は晩年1012年、変装したうえで自身が開発した都であるミュラーテンデンクトのカジノにて、賭博に出向いていた貴族デーナーと勝負をした。
 パラミラート3世を幾度となく挑発していたデーナーは勝負に負け素寒貧にされ、自身が言った挑発の言葉をパラミラート3世からそのまま返され逆上。パラミラート3世をサーベルで刺して殺害した。
 元皇帝パラミラート3世の死は多くのシンテーア・エルトリア両国民に悼まれた。また、エルトリア女王ハリューン11世は喪に服したが、エルトリア女王がシンテーア皇帝に対して喪に服すのは前代未聞のことであった。

逸話

  • 若いころは見る者を皆魅了するほどの美人で、遠目では男か女かもわからなかったという。
  • 歴史書によると、雷に打たれてから急に勝負強くなったといわれている。
  • 低層市民にもチャンスをとシンテーアで初めて宝くじを始めたが、最初の当選者が1票だけ引いた自分だった。賞金は社会保障に使った。
  • 現代ジエールにおいて最も華々しい戦果を挙げた戦艦の名はパラミラート3世である。

関連項目