庵野中肋(あんの ちゅうろく、安栄2年(1772年6月1日)―文政11年(1828年9月9日))は江戸時代の儒学者・蘭学者。医師。丹波国亀山藩出身の人物。アース連邦メロンパンを広めた人物としても知られる。


生涯

 安栄2年(1772年)に丹波国亀山藩に誕生する。天明七年に医学を学びはじめ、寛政5年にぴすてぃるの先駆けとなるひすてゐるを考案したが、民衆たちにはなかなか受け入れられず苦心した。
 宝暦元年に江戸へ赴き、私塾ひすてゐる堂を設立するが、塾生が全く集まらなかったためわずか1年でひすてゐる堂をやめた。その間に著した、ぴすてぃる医学は後のアース連邦医学の発達に大きく貢献することとなった。
 その後は洛中に居を構え、具無理得の教えの普及に腐心した。具無理得(メロンパン)は中肋の熱心な指導により民衆に受け入れられたが、その珍妙な名前からか「中肋焼」という名称で定着した。

著作

  • 具無理得の教え 全8巻
  • ひすてゐる全書
  • 具無理得年鑑
  • 秘素體流の覚書

関連項目