管理主義ウヴァムシュヴェード(帝連語:Naxtsiulonsh-uvamshveed)とはシンテーア暦1618年に設立されたジエール外務省の支援を受けた、諸外国の管理主義思想家を援助する機関である。


概要

 管理主義ウヴァムシュヴェードは1618年、ジエール帝国連邦設立の翌年に設立された。当時は管理主義世界革命思想が国内で一定の盛り上がりを見せており、世界各国の管理主義者を支援しようという目的で設立された。

1650年代以降

 1650年代からは、外国の管理主義以降の支援が財政的に困難であることがはっきりとし、アオン思想に国の方針が傾くと、管理主義ウヴァムシュヴェードの性格は変容した。
 同組織の傘下として、1651年にアストーレ学院が設立される。アストーレ学院は諸外国におけるエミュンス語教育支援機関であり、将来ジエールの有利に動けるエミュンス語話者を育成する機関として設立された。
 アストーレ学院設立後の管理主義ウヴァムシュヴェードは完全にスパイ拠点としての性格を持ち始める。人材育成機関の表向きの性格をアストーレ学園に奪われたウヴァムシュヴェードは次第に秘密結社化し始め、各国での情報収集やスパイの育成などに力を入れた。


関連項目